IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【PR】目的別!CMS15選!作りたいサイトに最適なツールを選ぼう

更新日:2020年08月14日

ツール・サービス

皆さんこんにちは、今回は「目的別!CMS15選!作りたいサイトに最適なツールを選ぼう」と題し、「目的別でのCMS15選」とその際の選び方・コツをはじめ、作りたいサイトに最適なツールについてご紹介します。ご参考にしてみて下さい。

さてここからは「目的別CMS15選」と題して、いろいろなCMSのをご紹介していきます。CMSは種類・用途に応じてその機能性が大きく変わってくるため、まずは事前にチェックしておく必要があります。 そして自分の理想とするサイト構築に必要・不必要な機能をあらかじめ選定しピックアップしておき、不要な項目をすべて除去しておくことでスムーズな活用ができるでしょう。

簡単に利用できるCMS5選

まずは「初心者でも簡単に利用できるCMS5選」をご紹介していきます。CMSのそもそもの目的はこの「誰でも簡単に使用できること」にあるため、これらの項目にあげられるCMSはすべて従来の機能性をふんだんに盛り込んだツールになるでしょう。 普段よくされるWordPressや、Joomlaなどの活用は利用者の負担を減らしてくれるだけでなく、記事作成においても非常に利点の高い特典が見られます。

簡単に利用できるCMS1:WordPress

WordPressというのは無料で使える(非常にされやすい)CMSとなり、主にホームページを作成する場合、また共有サイトを立ち上げる際には、まず真っ先に利用してみる価値のあるCMSです。 利用に当たっては難しい点はなく、既存の入力項目に必要情報を入力するだけで利用が可能になります。この場合でも初期費用が必要になる場合があり、5万円から30万円までかかることがあるためその点には留意しましょう。

簡単に利用できるCMS2:Baked

Baked(ベイクド)は基本的に国産オープンソースのCMSとなります。一度でもインストールすれば、誰でもいつでも簡単にWebサイトの編集が可能となり、 テーマというデザインテンプレートを移し替えることで、簡単にサイト・デザインを変更することができます。 CMSとしてされやすい機能も満載であるため、事前に自分のサイトに必要な機能が備わっているかどうか、その辺りを入念にチェックしておきましょう。

簡単に利用できるCMS3:Joomla!

Joomlaは主にホームページを作成する時にされやすいCMSで、この場合でも、初心者でも簡単にサイト作成が可能になるコンテンツメニューがそろっています。 インターネットのブラウザからサイトを簡単に作成・管理するためのオープンソースのCMSで、HTMLやCSS、FTPなどの専門的な知識がなくてもかまいません。 CMSを使って簡単にサイトを作成でき、コンテンツ管理のとされやすいでしょう。

簡単に利用できるCMS4:concrete5

次に非常にわかりやすいコンテンツのCMS「concrete5」のご紹介です。インストールから実際のサイト運用までが実に簡単で、初期設定、コンテンツの追加方法、ローカル環境の構築方法、テーマ作成などにおいても、初心者が簡単にカスタマイズできる設定です。 主に特定のサイト運営を管理する際にされやすいCMSとなり、サイトエディター、Webデザイナーなども愛用している多様性のあるツールです。

簡単に利用できるCMS5:One Page

このCMS「One Page」は株式会社ベーシック提供のサービスとしてあり、基本的にはホーム ページ 作成の初心者に CMSとされています。 画面上では常にチュートリアル機能を提供してくれるため、操作方法についてはその都度覚えることができ、「400種類以上のデザイン」が用意される上、基本操作はドラッグ&ドロップによって簡単にサイト公開が可能になります。

初回公開日:2019年08月29日

記載されている内容は2019年08月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング