IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【PR】目的別!CMS15選!作りたいサイトに最適なツールを選ぼう

初回公開日:2019年08月29日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2019年08月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ツール・サービス

皆さんこんにちは、今回は「目的別!CMS15選!作りたいサイトに最適なツールを選ぼう」と題し、「目的別でのCMS15選」とその際の選び方・コツをはじめ、作りたいサイトに最適なツールについてご紹介します。ご参考にしてみて下さい。

CMSとは

CMSとは
※画像はイメージです
出典: https://unsplash.com

CMSというのは一般的に「Contents Management System(コンテンツ・マネジメント・システム)」の略称であり、web制作に必要な専門的な知識が無い場合でも、Webサイトやそのコンテンツを簡単に構築・管理・更新できるシステムのことを指します。 初心者向け・企業向けの代行サービスの類に含まれ、通常のサイト作成に必要なHTMLやCSSを活用しなくてもスムーズにサイト作成できます。

CMSを選ぶ際のポイント4つ

CMSを選ぶ際のポイント4つ
※画像はイメージです
出典: https://pixabay.com

さてここからは「CMSを選ぶ際のポイント4つ」と題し、実際にCMSを選定する場合に必要なポイントをご紹介していきます。Webサイトの作成ツールとしても、ぜひ押さえておきましょう。 CMSは先述のようにWebサイトを簡単に誰でも作成できるサービス代行システムとなるため、その際に「理想とするサイト」の土台とすることができるかどうかを事前に把握する必要があります。

CMSを選ぶ際のポイント1:目的を明確にする

CMSを選ぶ際のポイント4つ
※画像はイメージです
出典: https://unsplash.com

これはサイトを作成する場合の項目・ポイントとしてどんな場合でも問われる内容です。サイトを作成する際には、主に以下の点に注目しましょう。 ・ブログシステム系 ・コミュニティ系 ・ポータルサイト系(共有サイト) ・イーコマース系(ショッピングサイト) これらのサイトのテーマを明確にしておき、そこでされる作成ツールを選んでおくことが大切です。

CMSを選ぶ際のポイント2:必要な機能が揃っているかどうか

CMSを選ぶ際のポイント4つ
※画像はイメージです
出典: https://www.pexels.com

多くの場面でされるCMSの機能では、主に、コンテンツ作成(編集)機能、ユーザー管理機能、マーケティング機能などという、それぞれの分野に特化した機能が持ち合わせています。 それぞれの機能を自分の理想のサイトでどのように使うかをまず決めておき、自分が立ち上げるサイトの機能にそのCMSが果たして見合っているかどうかを、事前確認することが大切です。

CMSを選ぶ際のポイント3:管理者は複数か

CMSを選ぶ際のポイント4つ
※画像はイメージです
出典: https://unsplash.com

この場合もCMSを選ぶ際の事前チェック項目になりますが、実際にそのサイトを何人で運営していくのかといった、ユーザー側の情報管理を合わせて確認しておくステップです。 複数のメンバー同士でサイト管理する場合にはそれに見合ったCMSがされることになり、それぞれのCMSの機能性をじっくり想定する形になります。これによって、無駄な行程を省くことができ、サイト運用を円滑に行なうためのステップにできます。

CMSを選ぶ際のポイント4:セキュリティは安全か

データ通信量・CMSの性質によっては、そのサイトの規模が大きくなればなるほど、そのサイト運営を維持していくためのセキュリティ確保が必要になってきます。 主にウィルス対策・ハッカー防止対策、混線を防ぐためのセキュリティ対策などがされる必須の防御策となりやすく、サイト内のコンテンツを守るために必要に応じた対策を立てておくことが重要になるでしょう。

目的別CMS15選

アクセスランキング