IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【PR】オウンドメディアの作り方は?失敗しない12の運営手順を解説!

更新日:2020年08月14日

ツール・サービス

オウンドメディアとは企業が自社のために所有しているメディアのことです。ではオウンドメディアの作り方はどうするのでしょうか。ここではオウンドメディアの作り方と運営方法をみていきます。また、記事代行サービスもご紹介しますのでご参照ください。

オウンドメディアの作り方として、作成する場合の注意点やオウンドメディアを運営するための方法をみてきました。しかし、オウンドメディアは自分で作る以外に依頼する作り方もあります。 ここでは依頼によるオウンドメディアの作り方をご検討の方に、記事代行サービスをいくつかご紹介します。オウンドメディアの記事をどうやって作れば良いかわからないという方はぜひ依頼による作り方をご検討ください。

記事作成代行サービス1:sakaku

記事作成代行サービスがsakakuです。sakakuは高品質でSEOに強い記事を作成してくれる、月間1000万pvを超えるメディア会社が提供する記事代行サービスです。 オウンドメディアを立ち上げたものの、記事の作り方がわからず記事の質が悪かったりアクセス数が伸びなかったりという場合に、sakakuに依頼すれば高品質でSEOに強い記事を作成してくれます。

記事作成代行サービス2:サグーワークス

記事作成代行サービスにサグーワークスがあります。サグーワークスはライティング特化型の記事代行サービスです。記事作成者は在宅でライティングしている主婦やライターを本業としている方など多彩で、要望に沿った記事を作成してくれます。

記事作成代行サービス3:Bizseek

記事代行サービスにBizseekがあります。Bizseekとは株式会社アイランド運営のクラウドソーシングサービスで、登録数1000人ほどです。ライティングについては全体の15%ほどを占めており、その他にはwebデザインやシステム開発などの仕事も受注しています。

記事作成代行サービス4:shinobiライティング

記事代行サービスにshinobiライティングがあります。shinobiライティングではタイトルやジャンルやキーワードなどを決め依頼することで、それに沿った内容の記事が納品されます。とても簡単で、納品スピードも速いためです。 ただし、記事を書く人のスキルは人によりけりですので、どういったスキルの人に当たるかはそのときどきで変わります。

記事作成代行サービス5:シュフティ

記事代行サービスにシュフティがあります。シュフティは主婦が働くことをサポートするということをテーマとした記事代行サービスで、多くの場合、主婦の在宅ワーカーが記事を書いてくれます。 主婦の方が多いため、高いスキルは場合によっては望めないケースもありますが、生活に関するテーマの記事や量産型の記事の場合は利用してみるのもです。

戦略をしっかりと立てよう

いかがでしたか。オウンドメディアは企業が独自に作成したメディアのことで、目的をもって運営しているサイトであるということがわかりました。 オウンドメディアの作り方としては、ただ記事を量産するのではなく、どのような読者層をターゲットとするか最終目的は何かをはっきりさせて計画的に作成しなくてはなりません。オウンドメディアを立ち上げの場合は、戦略をしっかり立てるようにしましょう。

初回公開日:2019年08月29日

記載されている内容は2019年08月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング