IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【PR】オウンドメディアの作り方は?失敗しない12の運営手順を解説!

更新日:2020年08月14日

ツール・サービス

オウンドメディアとは企業が自社のために所有しているメディアのことです。ではオウンドメディアの作り方はどうするのでしょうか。ここではオウンドメディアの作り方と運営方法をみていきます。また、記事代行サービスもご紹介しますのでご参照ください。

オウンドメディアを運営するには上述のような作り方にも配慮しなければなりませんが、運営することにおいてもいくつかの戦略が必要になってきます。 ここではオウンドメディアの運営方法を7つご紹介します。オウンドメディアの作り方と共通する点もありますので、これからオウンドメディアを立ち上げるという方はぜひご参照ください。

オウンドメディアの運営方法1:メディアの目的を明確化する

オウンドメディアの運営方法ではメディアの目的を明確化することが重要です。オウンドメディアはただ立ち上げアクセス数を増やせば良いというものではなく、多くの場合は自社見込み客を集めることが目的になります。 アクセス数を増やし広告媒体としての機能を充実させることも良いですが、結局は自社の商品を注文してもらうことがゴールです。このため、オウンドメディアの運営ではメディアの目的が何か明確化することが必要です。

オウンドメディアの運営方法2:読者、ユーザーのペルソナ設定

オウンドメディアの運営では読者やユーザーのペルソナ設定が重要です。ペルソナとはビジネスにおけるターゲット層の典型モデルを具体化させた疑似人間のことで、そのオウンドメディアをどういったモデルを対象に作成するかを決めるのにペルソナ設定は欠かせません。 想定するターゲットが絞り込めれば、自ずとメディアとしてどういったテーマを載せるかが決まってきます。読者やユーザーが誰かを絞ることはとても重要だといえます。

オウンドメディアの運営方法3:サイトのコンセプトを決める

オウンドメディアの運営ではサイトのコンセプトを決めることが必要です。オウンドメディアはアクセスが増えるだけでなく、その後注文に続くような流れを作ることが最終目的です。 そのため、そのサイトのコンセプトを決めることで記事を読むうちに関心のある人が親近感をおぼえ、最終ゴールへと読者を導くことができます。オウンドメディアでは読者が親近感をおぼえるというサイトを作成することが成功への鍵になります。

オウンドメディアの運営方法4:運営の体制を整える

オウンドメディアの運営では運営体制を整えることが必要です。オウンドメディアを運営するには、メディアの記事を作成する人やその記事をチェックする人、構成をする人、ターゲットとする読者がどのような感想を持つか分析する人などさまざま必要です。 ただやみくもに記事作成をしていっても、希望するようなゴールにはたどり着けません。オウンドメディア運営ではどのような状況でも立て直しできる運営体制づくりが重要です。

オウンドメディアの運営方法5:記事のキーワードを選定する

オウンドメディアの運営において最も重要なのが記事のキーワード選定です。オウンドメディア立上げでは、どのユーザーを対象とするか洗い出しそれに合うキーワード選定が必要です。 まず対象キーワードを100程度決めて、それに見合う記事を作成します。キーワードはビッグキーワードのほか関連する複合ワードも選定し、ミドルワードやスモールワードも決めます。その後、記事作成においてはスモールワードから作成していきます。

オウンドメディアの運営方法6:KPIを設定する

オウンドメディアの運営においてKPIの設定も必要です。KPIとは目的に合った運用ができているかを定期的に評価する場合の指標で、重要目標や達成目標のことです。 オウンドメディアの運営の目的はさまざまで、最終目標達成はサイトによって異なります。そのため、オウンドメディアごとにKPIを設定し、目標達成ができているかの指標を作ることが必要です。

オウンドメディアの運営方法7:効果測定を行う

オウンドメディアの運営方法では効果測定を行うことも必要です。効果測定とはさまざまな切り口でサイト効果を測ることで、例えばGoogleアナリティクスなどがあります。 オウンドメディアはターゲットとした読者にどの程度読まれているか、また広告収入はどの程度になっているかがとても重要で、定期的にこれらの効果を見ることが必要です。もし、想定していたものより低い結果となった場合には対策が必要になってきます。

オウンドメディア作成を依頼するのも一つの手段

初回公開日:2019年08月29日

記載されている内容は2019年08月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング