IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【PR】オウンドメディアの作り方は?失敗しない12の運営手順を解説!

初回公開日:2019年08月29日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2019年08月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ツール・サービス

オウンドメディアとは企業が自社のために所有しているメディアのことです。ではオウンドメディアの作り方はどうするのでしょうか。ここではオウンドメディアの作り方と運営方法をみていきます。また、記事代行サービスもご紹介しますのでご参照ください。

オウンドメディアとは

オウンドメディアとは何か知っていますか。オウンドメディアとは自社が所有するメディアのことです。ホームページやブログ、ツイッターアカウントなどを指し、狭義においては企業運営のウェブマガジンをオウンドメディアと呼びます。 日本におけるオウンドメディアは後者の狭義のものを指し、一般的に企業運営ウェブサイトを意味することが多いです。ここではオウンドメディアの作り方や運営方法をみていきます。

オウンドメディアの作り方5つ

オウンドメディアとは企業運営のウェブサイトのことを指すことがわかりましたが、オウンドメディアの作り方とはどのようなものでしょうか。ここではオウンドメディアの作り方についていくつかご紹介します。

オウンドメディアの作り方1:自社ドメインか他社ドメインか

オウンドメディアの作り方としては自社ドメインか他社ドメインかを決めることが必要です。ただし、企業が作るオウンドメディアの作り方としては自社ドメインが必須で、他社作成の無料ブログなどでは自社資産とはなりません。 無料ブログでは自分のことを記事に書きますが記事利用権は運営者にあり、運用者の承諾なしで転載できず、資産として保有できません。このため、オウンドメディアの作り方としては自社ドメインを使います。

オウンドメディアの作り方2:ドメイン名とメディア内容の関連性を考える

オウンドメディアの作り方としてはドメイン名とメディアの関連性を考えることが必要です。ドメイン名はメディアに関連する表記の方がSEO対策において良いからです。しかし、その重要度は他のオウンドメディア作成の上で重視すべき内容と同じ程度になります。 ドメイン名はそのサイトの全体を表しますが書いてある内容に合わせ修正できませんので、最初にどういったテーマのサイトであるかをよく考えて検討するようにしましょう。

オウンドメディアの作り方3:ハードウェア環境を整える

オウンドメディアの作り方3:ハードウェア環境を整える
※画像はイメージです
出典: https://www.pexels.com

オウンドメディアの作り方で気をつけるものにハードウェア環境があります。オウンドメディアの作り方で、立ち上げた場合にアクセス数は増えてきて、成功すればアクセスが集中してサーバーの負荷が大きくなってきます。 サーバー負荷が増えればそのメディアの表示速度が遅くなり、SEO対策において不利になります。そのため、オウンドメディアの作り方ではハードウェアもそのメディア規模に応じて環境を整える必要があります。

オウンドメディアの作り方4:CMSを使う

オウンドメディアの作り方としてはワードプレスなどのようなCMSを使うことが一般的です。CMSとはコンテンツマネジメントシステムの略で、記事を効率的に管理するために必要な環境です。 オウンドメディアの作り方ですが、最低でも100記事必要で、できれば800記事あるのが理想的です。しかし、このボリュームを管理できるのはCMSでなければ不可能です。CMSは拡張性も高いことからワードプレスがです。

オウンドメディアの作り方5:ページレイアウト・フォーマットを整える

オウンドメディアの作り方としてページレイアウトの検討も重要です。サイト運営をしている場合、それをオウンドメディアにするとして文字数も増えていくためレイアウトが読みやすく問題がないかを検討します。 カラム数、文字サイズ、文字行間、画面全体のスペースなど読みやすさにこだわったレイアウトがオウンドメディアにおいては大変重要です。また、全体の印象はリピーターを獲得する上でもこだわって作成することが必要です。

オウンドメディアの運営方法7つ

オウンドメディアの運営方法7つ
※画像はイメージです
出典: https://www.pexels.com

アクセスランキング