IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【PR】CMSの構築料金は?導入にかかる費用や知っておくべきポイント5つ

更新日:2020年08月14日

ツール・サービス

CMSとは、サイト構築を後押ししてくれる便利なサービスです。自社のホームページなどを、料金を支払ってCMSを利用することで、簡単に制作・運営することができます。そこで今回は、CMSの構築料金や、導入に掛かる費用や知っておくべきポイント5つをご紹介していきます。

CMSとは

CMSとは、コンテンツ・マネジメント・システムの略で、簡単にwebサイト作成・更新していくことができる、たいへん便利なサービスです。 HTMLやCSSという言葉を一度は聞いたことがあるはずです。これはWebサイトの制作に必要な専門知識である、プログラミング言語です。これらの難しい専門知識がわからなくても、サイト構築を簡単に実現できてしますのが、CMSというサービスです。

CMS導入にかかる料金

便利なCMSですが、気になるのが料金です。以下に、CMS導入にかかる料金について記載しておきます。 CMSを利用したいが、どのぐらいの料金が掛かるのかが、一番、気になるところです。結論から申し上げると、CMS導入の料金は、そのサービスを行っている会社によってさまざまです。自分たちが使用したい機能と照らし合わせて、賢く選んでいくとよいでしょう。 それでは、CMSの料金について詳しく見ていきましょう。

構築費用はピンキリ

CMSの構築費用は、ピンからキリまであることが特徴です。 なぜなら、サイト構築はサービス業に近いので、料金設定は会社次第だからです。また、構築して欲しいサイトの規模によっても、料金が大きく変わってきます。 料金が安いからという理由で利用したら使い勝手がとても悪かった、だからといって高い料金のCMSを利用したら、機能を使いこなせずに損をしたというようなことが起きないように、気をつけましょう。

初期費用

CMS利用の具体的な初期費用の料金は、50万円から100万円です。この料金は、一般的にホームページなどを作成する場合の相場です。 CMSの制作会社が、個人や小規模なものを選べば、初期費用をこの料金よりも低く抑えられる可能性があります。交渉してみる価値があるでしょう。 もしもこの初期費用で制作されたホームページに、さらにオプションを加えていくとなると、10万円程度の料金の上乗せがくる可能性があります。

保守費用

CMSでホームページ構築したら、保守が必要になります。 CMSの料金には、この保守料金も頭に入れておく必要があります。そのため、料金を節約するためには、固定ページを増やす工夫が大切だといわれています。 いずれにしても、ホームページにメンテナンスは必要です。保守料金は必ず用意しておきましょう。

オプション費用

CMS制作のオプション料金は、たとえばフラッシュ制作を頼んだ場合に、簡単で安いロゴは5万円程度でできますが、複雑で高度な技術は20万円もかかります。 自社がCMSにかけられる予算を計算して、オプションの料金を決定していきましょう。オプションはかければかけるほど、ホームページなどのWebページの見栄えはよくなっていきます。 よく考えて効率力、賢く、CMSサービスにオプションを加えていきましょう。

CMS構築料金から見る企業規模

CMSにはさまざまな機能がありますが、それは料金によっても違ってきます。 機能がたくさん付いている料金が高額なCMSを利用できればよいのですが、予算の関係や、使いこなせない機能のCMSは、契約しても無駄になる可能性があります。 無料でも機能性が高いCMSのサービスはたくさんありますから、自社の目的や予算に合わせた制作会社を賢く選ぶ必要性があります。 以下にサイトの規模ごとの特徴をご紹介していきます。

初回公開日:2019年08月29日

記載されている内容は2019年08月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング