IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【PR】CMSを徹底比較|無料・有料ツール24個を紹介!

更新日:2020年11月05日

ツール・サービス

CMSは専門知識がなくてもホームページの作成、運営ができるシステムで、近年多くの企業で活用が広まっています。ここではCMSを選ぶ際のポイントや、CMS24選、記事コンテンツ作成にな「sakaku」などをご紹介します。

有料のCMS12:dino

dinoはWebメディアの構築からデータ活用までトータルサポートするCMSです。 自社メディア専用のコンテンツ管理システムをコアプロダクトとしています。サーバーに負荷がかかった場合でも状況に応じて容量を自動で増強できるため、アクセスが集中した場合でも安心となっています。 他のCMSと比較して、雑誌の電子化など、さまざまなメディアのプラットフォームとして導入されています。

記事コンテンツ制作なら「sakaku」

sakakuはSEOに強い記事作成サービスです。 自社の記事コンテンツの記事作成で困っている場合は、こういった記事コンテンツ作成専門の企業に委託するのも一つの方法です。 ここではsakakuの特徴についてご紹介します。

「sakaku」の特徴

sakakuは高品質でSEOに強い記事を作成することが可能です。 記事コンテンツを作成していると、記事の品質やアクセスの伸び悩み、管理の手間などさまざまな悩みが発生します。 sakakuはシステムのチェックと2段階の目視チェック、複数のメディア運営のノウハウを活かした高品質の記事の納品が可能です。また、ライターの採用や支払いなど、管理作業もすべて任せることが可能となっています。

「sakaku」の特徴1:独自システムで高品質な記事を納品

sakakuは独自のシステムチェックと目視でのダブルチェックを行っています。 キーワードの使用回数や禁止キーワードなど、システムにより各種レギュレーションのチェックを実施しています。さらに編集者、検品者により目視のダブルチェックを行っているため、システムではチェックができない細かな点もチェック可能となります。 また、熟練のプロジェクトマネージャー、ディレクターによる安心の記事作成体制を用意しています。

「sakaku」の特徴2:SEOノウハウを生かした記事作成

sakakuは複数メディアの運用経験で培ったノウハウを生かした記事作成を行います。 sakakuは豊富なSEOノウハウを元にコンテンツを作成しています。また、アップデートに随時対応し、柔軟にシステムやフローを修正しています。さらにSEOの根幹でもある「キーワード選定」や「コンテンツ企画」にも対応可能となっています。

「sakaku」の特徴3:付帯業務まで対応

sakakuは受託形式のため、クラウドソーシングサービス利用時の運営工数が大幅にカットできます。 支払いや進行管理、ライターディレクションなどの付帯業務に関しても対応しています。そのため、執筆途中のライターの離脱や、納期遅れなどを心配する必要もありません。

目的に合わせて比較して最適なCMSを選ぼう

CMSはさまざまな種類を比較し、ニーズに合ったものを選びましょう。 CMSは専門の知識がなくても簡単にサイトを作成、運営できるシステムです。無料のものから有料のものまで種類もさまざまで、プラグインを追加することであとから機能を追加することも可能です。 CMSを導入する際には、コストだけでなく自社のニーズに合っているか、さらに操作性やサポートの有無などを比較し、自社に適したCMSを見つけましょう。

初回公開日:2019年08月29日

記載されている内容は2019年08月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング