IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【PR】CMSを徹底比較|無料・有料ツール24個を紹介!

更新日:2020年11月05日

ツール・サービス

CMSは専門知識がなくてもホームページの作成、運営ができるシステムで、近年多くの企業で活用が広まっています。ここではCMSを選ぶ際のポイントや、CMS24選、記事コンテンツ作成にな「sakaku」などをご紹介します。

無料のCMS1:Ameba Ownd

Ameba Owndはプロフェッショナルなサイトが簡単に作成できるCMSです。 サイバーエージェントが提供するCMSツールです。Amebaブログなどと比較してシンプルでおしゃれなデザインが多く、さまざまなニーズに幅広く応えられる特徴があります。 また、スマートフォンからの投稿や編集が簡単で、ECサイトやポートフォリオサイトなど、用意されているテンプレートを使うだけで作成が可能となっています。

無料のCMS2:WordPress

WordPressは世界で最も利用されているオープンソース型CMSです。 PHPで作られているため、HTMLとPHPがわかればカスタマイズが容易です。また、他のCMSと比較しても複数のサイトやブログを管理できることや、プラグインの種類が豊富で基本無料で利用できる点が特徴となります。

無料のCMS3:concrete5

concrete5は直観的な操作が可能なCMSです。 海外製のCMSで、Webサーバー上で簡単に管理や更新ができます。実際に表示されている画面を見ながらその画面上でテキストや画像などを自由に配置していくことができるので、他のCMSと比較して完成図がわかりやすくなっています。 また、デザインやページのカスタマイズの自由度が高く、更新性の高いコンテンツの運用に向いた点も特徴となっています。

無料のCMS4:SOY CMS

SOY CMSは機能拡張が簡単なCMSです。 SOY CMSは株式会社日本情報化農業研究所が提供するCMSです。どんな用途でも無料で使える手軽さと柔軟性、拡張性を特徴としています。 また、他のCMSと比較して機能自体はコンパクトですが、足りない部分があれば追加することが可能です。無駄な機能を削ぎ落とすことで、細やかなニーズに対応できるようになっています。

無料のCMS5:Baser CMS

Baser CMSはカスタマイズ性、メンテナンス性に優れたCMSです。 CakePHPをベースにしたオープンソース型CMSで、CakePHPを利用した経験があればスキルを活用することが可能です。ホームページに必要なメールフォーム、ブログ、管理画面といった最低限の機能を備えています。 ただし、比較的クリエイター向けのCMSとなっているため、未経験者は使い方を勉強する必要があるでしょう。

無料のCMS6:Baked

Bakedは直感的に操作可能なオープンソースの国産CMSです。 他のCMSと比較してCMS初心者にも使いやすく、簡単にホームページが編集できることが特徴です。ドラッグ&ドロップでコンテンツの並び替えができ、クリックですぐ編集可能です。 また、PCサイト以外にスマートフォンサイトも簡単に作成することができます。基本的なPC知識だけで編集ができるため、専門的な勉強をする必要はありません。

無料のCMS7:pWebManager

pWebManagerはホームページ運用に悩む中小企業の声から生まれたハメコミ型CMSです。 サイト全体の構造を管理する一般的なCMSと比較して、pWebManagerはコンテンツをはめ込む形となります。そのため、ホームページ作成に慣れていない企業でもハードルが低いのが特徴です。 すでにあるホームページに追加で導入したい、一部だけが更新したいといったニーズに対応できます。

無料のCMS8:Geeklog

Geeklogはブログやニュースサイト作成に特化したCMSです。 海外産のCMSで、ブログ制作からポータルサイト、グループウェアの開発にも利用できる汎用性の高さが特徴です。他の海外CMSと比較して日本国内でも利用者が多いため、導入やカスタマイズ情報が得やすい特徴があります。 他のCMSと比較すると導入に時間がかかることもあり、導入難易度は高いですが、個性的なデザインのページ制作を行うことができます。

無料のCMS9:Drupal

初回公開日:2019年08月29日

記載されている内容は2019年08月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング