IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【PR】CMSを徹底比較|無料・有料ツール24個を紹介!

更新日:2020年11月05日

ツール・サービス

CMSは専門知識がなくてもホームページの作成、運営ができるシステムで、近年多くの企業で活用が広まっています。ここではCMSを選ぶ際のポイントや、CMS24選、記事コンテンツ作成にな「sakaku」などをご紹介します。

CMSを選ぶ際のポイント4つ

CMSを選ぶ場合には、さまざまなCMSを比較して適切なツールを導入しましょう。 CMSは記述言語であるHTMLやCSSを知らなくても、ホームページを構築して運用管理できる便利なソフトウェアです。 CMSによりWebサイトを一元管理、更新することが可能ですが、CMSによってそれぞれ得意分野があります。そのため、導入前のCMSを選ぶポイントを押さえておきましょう。

CMSを選ぶ際のポイント1:目的を明確にする

CMSを選ぶ際には、どんなサイトを作りたいのか考えを整理しましょう。 CMSは基本的な機能には大きな差異はなく、カスタマイズ次第でさまざまな用途に使用できます。ただ、それぞれ特徴や得意分野があるため、自身のニーズに合うCMSを導入することが大切です。 そのためには、何が目的のサイトなのか、どのデバイスに対応が必要なのかなど、重要なポイントをまとめましょう。

CMSを選ぶ際のポイント2:必要な機能が揃っているかどうか

CMSを選ぶ際には、必要機能が盛り込まれているのか確認しましょう。 多くのCMSにはプラグイン機能がついています。そのため、追加でさまざまな機能を追加することができますが、有料のプラグインを導入すると結果的にコストがかさんでしまいます。 そのため、自社に必要な機能が何か洗い出し、必要な機能がもとからついているCMSを選ぶようにしましょう。

CMSを選ぶ際のポイント3:管理者は複数か

CMSを選ぶ際には、運用人数が複数の場合でも管理しやすいかどうか確認しましょう。 複数のメンバーで同時編集する場合に簡単に操作できなかったり、ユーザーごとに権限を分けることができなかったりすると、不必要な工数が発生することがあります。 また、最悪の場合、コンテンツが削除されてしまうというようなミスが発生しかねません。

CMSを選ぶ際のポイント4:セキュリティは安全か

CMSを選ぶ際には、セキュリティホールに対応できるかを確認しましょう。 有償のCMSであればセキュリティ対策も行われていることが多いですが、セキュリティホールへの対応を行うためにはCMSそのものの更新を行う必要が発生します。 例えばオープンソース系のCMSを使用する場合、更新時には自身で対応する必要があります。そういった手順に詳しくない場合は、更新などの管理まで行ってくれるサービスを活用しましょう。

CMS24個を比較

CMSにはさまざまな種類があります。 CMSは高度な知識がなくともホームページを作成でき、管理することができるため、多くの企業でも活用が広まっています。 ここでは無料、有料のCMSをそれぞれ機能ごとに比較し、ご紹介します。

無料のCMS12個

CMSには無料で使用できるものも多くあります。 CMSには無料で使えるものも多くあります。しかし、一口にCMSといっても海外のものから国産のものまで幅広い種類があり、どれを選べばいいのかわからないという場合もあるでしょう。 ここでは無料で使用できるCMSについて比較し、ご紹介します。

初回公開日:2019年08月29日

記載されている内容は2019年08月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング