IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【PR】「CMS」って何?基礎知識や導入する前に知ってきたいこと7つ!

更新日:2020年08月14日

ツール・サービス

「CMS」をご存知ですか。CMSは、簡単に企業のホームページなどのWebサイトが作成・更新できるシステムの名称です。CMSを使えば、部署ごとの編集や、モバイルを使用した更新が可能になります。そこで今回は、CMS導入について、詳しくご紹介していきます。

CMSはSEOに強いことで有名です。 CMSでWeb制作を行うと、コードが検索エンジンにひっかかりやすい構成に自動でなるため、皆に自社のホームページを見てもらえる結果になります。検索上位への表示も可能になり、ネット上の評価も上がる可能性があります。 CMSは確実にSEO対策をしてもらえるので、です。

CMSを導入する際に知っておきたいこと3つ

便利なCMSですが、導入する際に知っておきたいこと3つをご紹介しておきます。 CMS導入にも、心配な点があります。特に無料のCMSにはセキュリティ面の危険性が潜んでいます。また、システム操作を行ったことがない人には、最低限の基本的なネットの知識が必要になるなどの点です。

CMSを導入する際に知っておきたいこと1:システムや操作方法を学習する

CMSは簡単に使用できますが、操作方法を学習する必要があります。 パソコンを使い慣れていない人にとって、CMSなどのシステムを使いこなすことは、最初はたいへんである可能性があります。サイト管理や更新だけでなく、ユーザーに対する管理機能などの複雑な機能を使いこなしたい人は、慣れるまでに時間が掛かる場合があります。

CMSを導入する際に知っておきたいこと2:デザインが限定される

CMSは簡単に操作できる分、デザインの自由度が制限される傾向があります。 CMSのデザインテンプレートでは、特設ページなどの独自のデザインページを作成することができない可能性が大きいです。テンプレートの範囲を超えることは基本的にはできないので、デザインの自由度が限定されてしまいます。

CMSを導入する際に知っておきたいこと3:セキュリティの安全性

CMSで一番、気をつけなくてはいけない部分がセキュリティです。 CMS導入は便利ですが、セキュリティへの懸念があります。CMSはモバイルの適用ができるので、不正アクセスやサイバー攻撃の脅威にさらされる可能性が高まります。特に無料のCMSを導入する際は、セキュリティは万全に対策してください。 セキュリティ対策ができない、不足の事態の対応に自信がない企業は、専門家がいるアウトソーシングが向いています。

CMSの導入に向いている企業3つ

CMSの導入に向いている企業の特徴をご紹介していきます。 CMSに向いている企業は、情報の発信度が高く、躍進的な事業展開を行っている会社です。CMSは、ページやカテゴリ別に部署を立ち上げているような、大規模な企業向けのシステムだといわれています。CMSはコストや手間は掛かりませんが、導入の際に専門的な準備が必要だからです。 それでは、CMS導入向けの企業である理由とは何かを、詳しく見ていきましょう。

CMSの導入に向いている企業1:大規模なwebサイトを作りたい企業

CMSの導入は、ホームページの運営が初心者の中小企業のような会社よりも、大規模なWebサイトを望んでいる企業に向いています。 Webサイト運営に慣れている企業はCMSを導入にしてもすぐに使いこなしていけるのですが、初心者の場合は、準備段階でつまずく可能性が高いからです。 トラブルにも対応できないとだめなので、特に無料のCMSを導入するときは、よく自社で吟味してから決めるようにしましょう。

CMSの導入に向いている企業2:情報の発信頻度が高い企業

なるべくたくさんの最新・耳寄りな情報を発信したい企業は、CMSが向いています。 CMSはWebサイトの更新にたいへん向いているシステムだからです。スマートフォンやタブレットなどのモバイルから、外出先や移動中などの隙間時間に気軽に編集・発信ができます。 会社説明会などのイベントや施工現場の写真など、リアルタイムでホームページ上に載せることが可能で、とても便利です。

CMSの導入に向いている企業3:コンテンツのページやカテゴリーごとに管理している部署が異なる企業

初回公開日:2019年08月29日

記載されている内容は2019年08月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング