IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【PR】「CMS」って何?基礎知識や導入する前に知ってきたいこと7つ!

更新日:2020年08月14日

ツール・サービス

「CMS」をご存知ですか。CMSは、簡単に企業のホームページなどのWebサイトが作成・更新できるシステムの名称です。CMSを使えば、部署ごとの編集や、モバイルを使用した更新が可能になります。そこで今回は、CMS導入について、詳しくご紹介していきます。

CMSとは?

CMSとは、サイト構築を簡単に行うことができるシステムの名称です。 CMSは簡単に導入できるだけでなく、HTML・CSSなどのWebサイトの制作に欠かせない専門知識を知らない人でも、サイト構築ができる画期的なシステムです。テキストや画像などの情報を入力するだけで、自動でサイトの制作や更新が実行できます。 CMSを導入するだけで、初心者にも立派なWebサイトを運用することが可能になります。

無料のCMSの特徴

CMSには無料のものがたくさんあり、特徴は無償で便利に導入できる点です。 無料CMSのようなオープンソース系ツールとは、ソースコードを一般にひろく公開して、誰もが自由に無料で導入して利用できる点がたいへん魅力的です。導入方法や使用方法などもネット上で公開されているため、簡単に使用していくことが可能です。 ただし無料のCMSは、セキュリティ対策は自己責任で行う必要があります。

有料のCMSの特徴

企業が独自開発している有料のCMSは、費用はかかりますが、セキュリティ対策やサポート体制が充実しているので使い勝手がよく安心です。 有料のCMSは「クラウド型」と「オンプレミス型」に分けられます。クラウド型はクラウド事業者がCMSサーバを管理していて、オンプレミス型は、導入会社内でサーバを管理します。法人向けCMSと、大規模向けCMSパッケージにも分類できます。

CMSを導入することで出来ること4つ

CMSを導入することで出来ること4つをご紹介していきます。 CMSを導入するメリットはたくさんあります。セキュリティさえしっかりしておけば、ホームページなどのWeb作成や更新が簡単にできます。無料のCMSを利用すれば、コストも削減できます。SEO対策もばっちりやってもらえます。

CMSを導入することで出来ること1:ホームページの作成・更新が簡単にできる

CMS導入のメリットは、ホームページの作成や更新が誰でも簡単にできることです。 自社のホームページを作るときに、CMSを導入するだけで、プログラマーなどを雇わずにすみます。難しい専用ソフトを使ったり、HTMLやCSSを駆使したりする必要がなくなるからです。 ホームページ作成をアウトソーシングすることなく、社員自らの言葉で運営していけるので、CMSの導入は業務効率化に最適です。

CMSを導入することで出来ること2:ページの更新頻度を高められる

CMSを導入すれば、複数の項目が自動で更新や変更がされる機能を利用できます。 ホームページやSNSは、更新頻度が高く新鮮な情報が掲載されていなければ、見てもらえません。CMSを導入すれば、新しい記事へのリンクや新着情報などを自動で更新できます。ひとつの箇所を変更するだけで、関連する複数の部分も同時に変更できるシステムも利用できます。 CMSを導入すれば、モバイル端末からも更新できる利点があります。

CMSを導入することで出来ること3:コストを削減することができる

CMSを導入すれば、追加費用がかからないのでコスト削減が実現します。 CMSを一度、導入してしまえば、ページ制作を自分たちで実行できるので、追加のコストが掛からずにすみます。無料のCMSを導入すれば、さらにコスト削減ができます。

CMSを導入することで出来ること4:SEO対策ができる

初回公開日:2019年08月29日

記載されている内容は2019年08月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング