IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

エンジニアの働きやすいデスク環境の条件8選|良い環境が重要な理由とは

職種研究

エンジニアが快適な環境で働くには、デスク環境を考えることが大事です。では、エンジニアにとってデスク環境が重要なのはなぜか、働きやすいデスク環境の条件をご紹介します。さらに、エンジニアの働きやすいデスク環境を作る制度とは何かお伝えしますので、参考にして下さい。

更新日時:

エンジニアにとってデスク環境が重要なのはなぜか

エンジニアにとってデスク環境が重要なのはなぜか

エンジニアにとってデスク環境が重要なのは、長時間労働である、パソコン作業が多い、デスクワークばかりなど、3つの課題点が取り上げられます。 では、どうしてエンジニアにとってデスク環境が重要なのか3つの課題点を取り上げて、それぞれ詳しくご紹介します。

長時間労働

エンジニアは長時間労働であるため、デスク環境は快適であることが必要です。定時に仕事が終わることは少なく、2,3時間の残業がある場合が多いでしょう。 設計から開発まで任されるエンジニアは長時間労働となりますから、デスク環境はいつも物が溢れているのではストレスになります。 また、長時間労働は腰痛や肩コリになりやすく、肉体的に負担がかかりやすいので、座る椅子や机の高さを考えることが大切です。

パソコン作業

パソコン作業

パソコン作業をすることが多いエンジニアは、デスク環境が快適であることが大切です。パソコン画面で開発から設計までこなすエンジニアは、デスクの上が散らかっていればマウスが動かしにくく、仕事の妨げとなってしまいます。 また、パソコン周りがゴチャゴチャであれば気が散り、仕事に集中できません。計算ミスや設計ミスなど細かな仕事が多いだけに、仕事に集中できないのは許されないので、エンジニアのデスク環境は重要です。

デスクワーク

デスクワークで仕事を進めるエンジニアのデスク環境は重要です。デスクの上に書類などが無造作に積み上げられていれば必要な物がどこにあるか分からず、仕事をスムーズに進められません。 また、デスクの上に色々な物を置いてしまうと精神的に落ち着かず、仕事をして座っていることができなくなります。 さらに、デスクに飲み物を置くスペースもなければ飲み物を飲んでリラックスできず、ストレスを抱えることになるでしょう。

エンジニアの働きやすいデスク環境の条件8選

エンジニアの働きやすいデスク環境の条件8選

仕事が快適にでき、ストレスも溜まらないようにすることが大切なエンジニアのデスク環境を考えることはとても重要です。 では、エンジニアの働きやすいデスク環境とはどのような条件なのか8選取り上げて、それぞれ詳しくご紹介します。

エンジニアの働きやすいデスク環境の条件1:個々の作業に没頭できる

エンジニアの働きやすいデスク環境の条件は、個々の作業に没頭できることです。手先を使い、デスクの上で長時間、仕事をするエンジニアは没頭して作業をします。そのため、作業ができる広いスペースがあるデスクが必要です。 また、隣の人が気にならない程度に机と机の間隔が開いてあり、さらには人の目が気にならないよう仕切りもあればエンジニアが作業に没頭でき、働きやすい環境が整います。

エンジニアの働きやすいデスク環境の条件2:好きな時に飲食が可能

エンジニアの働きやすいデスク環境の条件2:好きな時に飲食が可能

好きな時に飲食が可能であることがエンジニアの働きやすいデスク環境の条件です。長時間労働するエンジニアは、飲み物を飲んだり、お菓子をつまむなどして休憩をします。 そのため、自分のタイミングで休憩したい時に好きなソフトドリンクやコーヒーを入れられ、デスクで飲めると快適に休憩ができるでしょう。 また、お腹が空いた時はデスクで食べながらであれば、中断せずに仕事を進められるから働きやすくなります。

エンジニアの働きやすいデスク環境の条件3:腰に負担の無い椅子やデスク

エンジニアの働きやすいデスク環境の条件3番目は、腰に負担の無い椅子やデスクがあることです。体型や座高の長さ、脚の長さなどトータル的に合う椅子を選ぶことで腰に負担がかかり難くなります。 また、デスクも椅子に座った時に丁度パソコン操作のしやすい座面の高さであれば前屈みになることもありません。 背筋が真っ直ぐに伸びた状態になるので体に負担がかからず、腰痛や肩コリになり難くなり、快適に仕事ができるでしょう。

エンジニアの働きやすいデスク環境の条件4:自分専用のキーボード

エンジニアの働きやすいデスク環境の条件4:自分専用のキーボード

自分専用のキーボードであるとエンジニアの働きやすいデスク環境になります。専用キーボードは毎日使っていると自分の癖がキーボードに出るので、指に馴みますから打ちやすくなるでしょう。 また、キーボードの色と文字とのコントラストが自分の見やすいものであれば、より早く、快適に打ちやすくなります。 手の大きさに合う幅、軽さのあるキーなどは、文章作成から図面作成・計算まで素早くできるので快適です。

エンジニアの働きやすいデスク環境の条件5:自分専用のマウス

自分専用のマウスであることも働きやすいデスク環境の条件です。キーボードと同じように、いつも使っているマウスは手にとてもなじみます。 片手で持った時に手の内側にスッポリと入り、左右前後にスムーズに移動できる専用マウスであればスムーズにカーソルを移動させたり、クリックすることが可能です。 また、色やデザインが自分好みである専用マウスには愛着がわき、より楽しくマウスで操作しながら仕事ができます。

エンジニアの働きやすいデスク環境の条件6:すぐに相談ができる動線

エンジニアの働きやすいデスク環境の条件は、すぐに相談ができる動線があることです。専門的な仕事が多いので、分からないことがあれば専門のプロに相談し、問題を解決したいと考えます。 そのため、知識が豊富で相談に素早くのり、その場で解決ができる動線があると仕事がスムーズにできて安心です。 また、相談窓口が相談しやすく、移動せずにその場で相談できるデスク環境が整えば、エンジニアも負担なく働きやすいでしょう。

エンジニアの働きやすいデスク環境の条件7:目の疲れを解消する工夫

エンジニアの働きやすいデスク環境の条件7:目の疲れを解消する工夫

目の疲れを解消する工夫ができるとエンジニアの働きやすいデスク環境になります。エンジニアの仕事は、ブルーライトの出るパソコンで作業が多いです。 そのため、目が疲れないブルーライトがカットできる画面カバーを取り付けてある、メガネを支給する工夫があると疲れにくくなります。 また、職場のライトが明るすぎないよう工夫している、反対に、暗すぎないように照明がしっかり明るければ、さらに目の疲れを解消できるでしょう。

エンジニアの働きやすいデスク環境の条件8:騒音が気にならない

騒音が気にならないのがエンジニアの働きやすいデスク環境の条件になります。一人一人が仕事に集中するには人の声が気にならない、歩く足音が気にならないなど静かな環境であることが大事なことです。 また、ドアの大きな開閉音が何度もしない場所、外を走る車の騒音が気にならなければエンジニアは働きやすくなります。 さらに、人が集まる会議室よりも個室が離れていれば騒音が気にならず、集中できるから仕事が捗るでしょう。

エンジニアの働きやすいデスク環境を作る制度が増えている

エンジニアの働きやすいデスク環境を作る制度が増えている

ずっと一日中座っていることが多いエンジニアの働きやすいデスク環境を作る制度が増えています。どのような制度があるのか2つ取り上げて、それぞれ詳しくご紹介しましょう。

社員アンケート

企業は、社員アンケートを行い、エンジニアの働きやすいデスク環境を考えることが多いです。社員がデスク環境のどこに不満を持っているのか、企業がしっかりと把握するために社員アンケートを行い、デスクの高さや大きさ、椅子の座り心地などの意見を確認します。 また、室内温度は何度がいいか、ネットワーク環境は快適か、照明の明るさや希望する飲み物などもチェックしてよりエンジニアが働きやすい環境を整えます。

機材購入費の支給制度

機材購入費の支給制度を行う企業が多く見られます。エンジニアは専用の機材を扱いますが、多くの機材は高価です。 そのため、企業はエンジニアの金銭的な負担を軽減するために、ネットワークエンジニアであればルーターやスイッチなどの専用の機材を購入する際は一部か全額を負担する支給制度を設けています。 また、電化製品を開発、製作する際の部品代を支給し、より質のいい物を製作するようバックアップします。

エンジニアのデスク環境は仕事に影響する

エンジニアのデスク環境は仕事に影響する

エンジニアのデスク環境は仕事にとても影響します。快適なデスク環境であれば長時間座っても快適に仕事ができます。 制度も取り入れて、よりエンジニアのデスク環境を良いものにしようと工夫する企業も増えていますので、よりいい環境にするために改善策を意見するのも良い方法です。 そして、自分がベストなデスク環境で働けるように工夫を取り入れて、毎日の仕事を前向きにできるようにしてみましょう。

アクセスランキング