IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

エンジニアの働きやすいデスク環境の条件8選|良い環境が重要な理由とは

初回公開日:2019年07月08日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2019年07月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

職種研究

エンジニアが快適な環境で働くには、デスク環境を考えることが大事です。では、エンジニアにとってデスク環境が重要なのはなぜか、働きやすいデスク環境の条件をご紹介します。さらに、エンジニアの働きやすいデスク環境を作る制度とは何かお伝えしますので、参考にして下さい。

エンジニアにとってデスク環境が重要なのはなぜか

エンジニアにとってデスク環境が重要なのは、長時間労働である、パソコン作業が多い、デスクワークばかりなど、3つの課題点が取り上げられます。 では、どうしてエンジニアにとってデスク環境が重要なのか3つの課題点を取り上げて、それぞれ詳しくご紹介します。

長時間労働

エンジニアは長時間労働であるため、デスク環境は快適であることが必要です。定時に仕事が終わることは少なく、2,3時間の残業がある場合が多いでしょう。 設計から開発まで任されるエンジニアは長時間労働となりますから、デスク環境はいつも物が溢れているのではストレスになります。 また、長時間労働は腰痛や肩コリになりやすく、肉体的に負担がかかりやすいので、座る椅子や机の高さを考えることが大切です。

パソコン作業

パソコン作業をすることが多いエンジニアは、デスク環境が快適であることが大切です。パソコン画面で開発から設計までこなすエンジニアは、デスクの上が散らかっていればマウスが動かしにくく、仕事の妨げとなってしまいます。 また、パソコン周りがゴチャゴチャであれば気が散り、仕事に集中できません。計算ミスや設計ミスなど細かな仕事が多いだけに、仕事に集中できないのは許されないので、エンジニアのデスク環境は重要です。

デスクワーク

デスクワークで仕事を進めるエンジニアのデスク環境は重要です。デスクの上に書類などが無造作に積み上げられていれば必要な物がどこにあるか分からず、仕事をスムーズに進められません。 また、デスクの上に色々な物を置いてしまうと精神的に落ち着かず、仕事をして座っていることができなくなります。 さらに、デスクに飲み物を置くスペースもなければ飲み物を飲んでリラックスできず、ストレスを抱えることになるでしょう。

エンジニアの働きやすいデスク環境の条件8選

仕事が快適にでき、ストレスも溜まらないようにすることが大切なエンジニアのデスク環境を考えることはとても重要です。 では、エンジニアの働きやすいデスク環境とはどのような条件なのか8選取り上げて、それぞれ詳しくご紹介します。

エンジニアの働きやすいデスク環境の条件1:個々の作業に没頭できる

エンジニアの働きやすいデスク環境の条件は、個々の作業に没頭できることです。手先を使い、デスクの上で長時間、仕事をするエンジニアは没頭して作業をします。そのため、作業ができる広いスペースがあるデスクが必要です。 また、隣の人が気にならない程度に机と机の間隔が開いてあり、さらには人の目が気にならないよう仕切りもあればエンジニアが作業に没頭でき、働きやすい環境が整います。

エンジニアの働きやすいデスク環境の条件2:好きな時に飲食が可能

好きな時に飲食が可能であることがエンジニアの働きやすいデスク環境の条件です。長時間労働するエンジニアは、飲み物を飲んだり、お菓子をつまむなどして休憩をします。 そのため、自分のタイミングで休憩したい時に好きなソフトドリンクやコーヒーを入れられ、デスクで飲めると快適に休憩ができるでしょう。 また、お腹が空いた時はデスクで食べながらであれば、中断せずに仕事を進められるから働きやすくなります。

エンジニアの働きやすいデスク環境の条件3:腰に負担の無い椅子やデスク

アクセスランキング