IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

IT系エンジニアの種類9選|機械・工学エンジニアの種類10選

職種研究

今回は「IT系エンジニアの種類9選|機械・工学エンジニアの種類10選」と題して、「IT系エンジニアの種類9選」についての詳細情報のご紹介をはじめ、その際に注意するべき「機械・工学エンジニアの種類10選」を具体的にご紹介します。

更新日時:

エンジニアとは?

エンジニアとは?

エンジニアとは一般的に「コンピュータプログラムの創案・開発において、その設計の段階から開発・テストまでの一連の流れに携わるテクニカルスキル(専門技術)」が高く、人脈・起案スキルなども業務遂行の上で十分期待されるクラフト関連職種を指します。 企業ではノルマ達成能力が期待されやすく、特定のタスクを課された上で「特定のノルマを遂行(達成)すること」が必要で、その点での構成力が問われます。

IT系エンジニアの種類9選

IT系エンジニアの種類9選

さて、先述では「エンジニアとして基本的に求められる能力・技術」についてご紹介してきましたが、ここからは「IT系エンジニアの種類9選」と題し、それぞれのエンジニア関連の職種に就く場合に必要となる知識・情報をご紹介していきます。 転職エージェントを利用する場合でもこのエンジニアを希望する際には、まずそれぞれの職種内容を把握する必要があり、事前にそれらを確認しておきましょう。

IT系エンジニアの種類1:システムエンジニア

IT系エンジニアの種類1:システムエンジニア

システムエンジニアという職種は、エンジニアの中でも特にコミュニケーション能力が求められやすい仕事の種類にあり、チームで協力しプログラムを設計するにあたり、チーム全体で設計・実装・テスト・運用・管理などに携わる職種です。 エンジニアの種類の内でも、システムエンジニアを希望する場合は技術・能力はもちろん、各分野で必要となるプロジェクト管理能力、また協調性を高めなければなりません。

IT系エンジニアの種類2:データベースエンジニア

IT系エンジニアの種類2:データベースエンジニア

データベースエンジニアは主に「データベースの設計・構築、安定した運用、多量データを扱う際の整合などを専門とするエンジニアの種類」を指し、特にデータシステム・構造の改編などに詳しい人材がこのポストに就くことが多いです。 基本的には新規アプリケーションを設計する場合に連携して作業が行なわれ、データベース設計・構成に十分対応できることが求められることになります。

IT系エンジニアの種類3:プログラマー

IT系エンジニアの種類3:プログラマー

エンジニアの中枢的な種類のプログラマーでは、まず「プログラム」というパソコン作業・アプリ開発に関する基礎的な知識・技術が必須とされる上で、それによって求められるIT関連企業への知識も大事で、その場合に必要な実力アップが課されるでしょう。 エンジニアの種類でもIT関連企業でさまざまなニーズが見込めるため、「アプリ開発に必須な基礎知識」「企業コンサルに必要な能力」が求められます。

IT系エンジニアの種類4:セールスエンジニア

IT系エンジニアの種類4:セールスエンジニア

セールスエンジニアは基本的に「商品セールス」の形で仕事が任される種類にあり、基本的には営業のノウハウに近い営業方針となります。製品売り込みに回るセールスエンジニアが中心となり、その際には基本的な知識が必要です。 他の企業製品との違いを的確に説明でき、場合によっては実践的にその製品の内容・機能を説明することもあります。転職サイトを活用する場合でも早めの準備が必要です。

IT系エンジニアの種類5:ネットワークエンジニア

IT系エンジニアの種類5:ネットワークエンジニア

転職市場を見る場合でも「ネットワークエンジニア」を希望する人は多く、主にネットワークの中心的な設計、監視・運用を司る仕事の種類となります。 基本的に通常でネットワーク設計する上での基礎的な技術・知識・設置に関する経験を踏まえ、さまざまな環境下でネットワーク設計を試みます。 ネットワークを設計する場合、顧客との直接的な対応もあるため、交渉能力が求められることも特徴になります。

IT系エンジニアの種類6:フロントエンジニア

IT系エンジニアの種類6:フロントエンジニア

次にフロントエンジニア・コーダーですが、WebデザインをHTML / CSSで書き起こす上で、サイトを運営管理する仕事・またディスプレイのレイアウトなどに従事する種類の仕事です。 この種類のエンジニアに就く場合の年収も充実しており、これも他の一般の種類の仕事に比べて上ではかなり高額の年収をもらえる仕事になるでしょう。必須とされる資格取得によってはかなり優遇されます。

IT系エンジニアの種類7:インフラエンジニア

IT系エンジニアの種類7:インフラエンジニア

インフラエンジニアというのは、主にサーバエンジニア・ネットワークエンジニアの両方の仕事を担い、ネットワーク設計・構築の他に、企画品の本番リリース管理をはじめ、各種サイトが正常に稼働するかどうかの運用も行なう種類の仕事です。 エンジニアとして従事する場合、エンジニアの基本情報を確認する必要があり、このインフラエンジニアの内容については事前にしっかり把握しましょう。

IT系エンジニアの種類8:セキュリティエンジニア

IT系エンジニアの種類8:セキュリティエンジニア

セキュリティエンジニアというのは、情報を扱う上でのセキュリティに関する業務に特化したエンジニアの種類になります。自社で扱うネットワークと他社ネットワークとの円滑を測り、ウィルス対策強化もメインになります。 企業にとって「サイバー攻撃」というものはやはり危険であるため、そうした外部からの情報アクションを事前に管理するエンジニアの種類です。

IT系エンジニアの種類9:チーフエンジニア

IT系エンジニアの種類9:チーフエンジニア

チーフエンジニアというのは主に「熟練技術者(高度専門技術者)」と呼ばれることも多く、主に特定のプロジェクト開発・企画に関する責任者とされるエンジニアの種類になります。 チーフエンジニアのメインの仕事は「企業利益を将来的に確立するため、現在において企画しているプロジェクトを一括して管理し、コスト削減、企業パフォーマンスの促進などを図り、その上で企業運営を充実させていくこと」にあります。

機械・工学エンジニアの種類10選

機械・工学エンジニアの種類10選

さてここからは「工学エンジニアの種類10選」と題し、機械・工学に特化したエンジニアの種類についてご紹介していきます。 エンジニアというのはそもそも「特定の専門分野に特化したクラフト業」として認められることが多く、その上ではこの機械系・工学系で活躍できるワークフィールドがかなり広まることがあります。その点を想定し、エンジニアの種類を確認していきましょう。

機械・工学エンジニアの種類1:プラントエンジニア

機械・工学エンジニアの種類1:プラントエンジニア

プラントエンジニアとは、一般的に「企業内の生産設備管理、設計・管理を専門的に行う技術者」と指しており、主に機械、電気、土木、化学など各領域の設備系技術者が集結して、プロジェクトを進めていくための土台設計を請け負う種類のエンジニアとなります。 クラフト業としてもかなり高度な専門的知識が必要とされ、主に工場で働いた経験や、特定の工学系プロジェクトに参加した経験などが必須の既往歴とされることがあります。

機械・工学エンジニアの種類2:モーターエンジニア

機械・工学エンジニアの種類2:モーターエンジニア

次にモーターエンジニアですが、この種類のエンジニアでは主に「企業内で扱う特定の機械・電子機器、電気系統・電子メディア機器・半導体・管理制御」などを請け負う総体的な管理職に含まれ、企業プロジェクトを円滑に進めるための責任者的な立場にあります。 「モーター」とあるように、その職種内容では「電動で動くモーターサイクルを直接的に設計・管理する仕事の種類」に含まれることもあり、専門知識が必須とされます。

機械・工学エンジニアの種類3:航空エンジニア

機械・工学エンジニアの種類3:航空エンジニア

航空エンジニアというのは、一般的に「航空機をはじめ、そこで使用される電気・電子装備の開発から設計・製造までを行なう種類のエンジニア」となり、主に機械工学、電気工学、電子工学、情報工学に精通している必要があります。 航空工学に関する基礎・専門知識はもちろんのこと、エンジン機器類・飛行設計、空気力学、物理応用学などへの知識も求められ、そこで培うべき職種スキルはかなり多いと言えるでしょう。

機械・工学エンジニアの種類4:船舶エンジニア

機械・工学エンジニアの種類4:船舶エンジニア

船舶エンジニアというのはその名のとおりに「船に関するエンジニア」となりますが、この「船」というのは従来の「飛行船」などの呼び名を含め、飛行機系の設計を行なえる技術エンジニアの種類も多分に含まれてきます。 機械工学、設計、操縦装置や機械系に関する安全セキュリティ管理の知識など、主に飛行機系統・船舶関係に関するさまざまな技術能力が求められるため、転職時にもそのためのスキルアップが必須とされるでしょう。

機械・工学エンジニアの種類5:土木エンジニア

機械・工学エンジニアの種類5:土木エンジニア

土木エンジニアというのは日常でもよく知られる有名なエンジニアの種類に含まれ、主に「増築・道路工事・施設管理や運営に関する業務内容」などをはじめ、基本的には建造物関係に関するさまざまな(衛星管理を含む)建築エンジニアの種類として扱われます。 道路、トンネル、鉄道、森林開拓、河川工事などを含め、主に地域密着型で働く場合も多く、そのため、労働局関連の知識・資格を把握しておくことが大切です。

機械・工学エンジニアの種類6:電気工事エンジニア

機械・工学エンジニアの種類6:電気工事エンジニア

次に電気工事エンジニアですが、この種類のエンジニアでは主に「電気関係の職種内容すべてに精通していること」が必須とされやすく、電気設計、設備管理、加工・改造に関する専門知識、セキュリティ面で必須とされる知識など、それぞれの能力が必要になります。 1級・2級電気工事施工管理の資格や、電気設備施工管理、熱処理プラント改修工事に関する資格・知識の取得が望ましく、未経験ではそれらを独習する必要があります。

機械・工学エンジニアの種類7:溶接エンジニア

機械・工学エンジニアの種類7:溶接エンジニア

溶接エンジニアは主に工場や特定の研究施設などで見掛けますが、物理的に過熱・熱線を用いて金属加工したり、物と物とを接面させたりする、補修作業をメインとしたエンジニアの種類になります。 溶接材料をピックアップしたり、その材料をクライアント企業から請け負って特殊加工の過程において溶接したりして、主に溶接施工管理の内容では「常に安全と的確な指示ができること・物理的な技術に長けていること」が求められます。

機械・工学エンジニアの種類8:非破壊検査エンジニア

機械・工学エンジニアの種類8:非破壊検査エンジニア

非破壊検査エンジニアというのは、基本的に「機械部品や構造物にとって好ましくない欠陥(デント、ニック、スクラッチ、クラック、ボイドなど)を、対象物を破壊することなく検出する技術者」のことを指し、主に放射線・超音波などを使用して欠陥加工を請け負います。 エンジニアの種類の内でもかなり高度な専門知識が必要とされる職種であり、渦電流探傷試験、磁粉探傷試験などの知識も必須とされるでしょう。

機械・工学エンジニアの種類9:宇宙工学エンジニア

機械・工学エンジニアの種類9:宇宙工学エンジニア

次に宇宙工学エンジニアですが、これは「航空工学と宇宙工学とを併合させた技術職種」とよく言われ、主に航空工学やロケット工学への知識をはじめ、その基礎となる物理学・物理応用学、空気力学、数学(応用数学を含む)などを必須としたエンジニア職となります。 航空力学や流体力学に精通している人はこの種類のエンジニア職を定職にしやすいですが、未経験の場合はまず基礎固めから始めることが必須となるでしょう。

機械・工学エンジニアの種類10:旋盤エンジニア

機械・工学エンジニアの種類10:旋盤エンジニア

旋盤エンジニアというのは最近になってその人気がぶり返してきた感があり、その職種内容では、「旋盤(高速回転する機械)に原料となる素材を取り付ける作業をし、特定の材料とされた金属をすりおろすように削って成形するエンジニア職」を指します。 工場や研究施設などでもこの旋盤エンジニアはかなりニーズが見られ、将来的にも安定した生活設計を立てていくことができるでしょう。高度な技術が必要となります。

エンジニアにおすすめの転職エージェント5選

エンジニアにおすすめの転職エージェント5選

さて、ここからは「エンジニアにおすすめの転職エージェント5選」と題し、エンジニアの種類を把握する上で必要な注意点・方法・コツなどをはじめ、実用的なポイントをご紹介します。 転職エージェントはそれぞれのエージェント先において特徴・利点が違うため、まずは自己ニーズと職種ニーズとを正確に踏まえることに留意し、円滑に活動を進められるサイトを選びましょう。

エンジニアにおすすめの転職エージェント1:マイナビエージェント

今でも利用者が上昇中のマイナビエージェントでは、「求職者のニーズに即した種類の仕事」を紹介し、転職活動に有効なパフォーマンスを備え、その上でアフターフォローにも徹底して配慮してくれる画期的なサイトです。 エンジニアの仕事へ転職する場合でも、企業情報の調査をする上で「求職者にとっての得意分野」を確認し、その上で適職への転職斡旋を約束してくれます。

エンジニアにおすすめの転職エージェント2:リクルートエージェント

「リクルートエージェント」の特典・魅力は、個別に上手く活用することによって「自分の適職への近道を確実にピックアップできる」といった成長型の転職エージェントという点です。この点もぜひ検討してみましょう。 エンジニアの仕事へ転職する場合、必須のスキルに焦点を当て、IT市場を十分調査しつつ、キャリア形成に効果的な活用に徹底して能率の高い転職活を支援してくれます。

エンジニアにおすすめの転職エージェント3:パソナキャリア

パソナキャリアの大きな魅力は「一般の転職エージェントに比べて求人情報が豊富な点」と、さらに転職アドバイザーがかなり良質である点に見られるでしょう。この転職エージェントもエンジニア、またIT向けのサイトです。 エンジニアに必要なスキルを教え、転職後の生活安定・キャリア形成を想定し、「転職後の定着率」に十分配慮し特化した転職斡旋がなされます。

エンジニアにおすすめの転職エージェント4:キャリトレ

キャリトレの特徴は「求職者の能力や条件によって求人情報を適宜変更して紹介してくれる点」で、通常のエージェントの使用法においてはかなり実益的なサポート力が約束されるでしょう。 エンジニア系を含むIT関連企業への転職の場合でも、確実に役立つ情報が満載気味で、その情報提供力の高さ、サイトの利便性、また転職後の定着率が高まる支援によって高い人気を得ています。

エンジニアにおすすめの転職エージェント5:doda

「doda」を利用する利点は「総合的なサポート力」の高い点で、未経験・中途採用者を問わず、この場合もエンジニア関連系の職種への内定率がかなり高い点にあると言えます。 エンジニアとして定職とする場合でも、「エンジニア系の関連企業」をリサーチし、その場合に評価点となる「自己スキルの向上・キャリア形成」に最適な職先への支援がスムーズになされます。

エンジニアの種類を知ろう

エンジニアの種類を知ろう

今回は「IT系エンジニアの種類9選|機械・工学エンジニアの種類10選」と題して、「IT系エンジニアの種類9選」についての詳細情報のご紹介をはじめ、その際に注意するべき「機械・工学エンジニアの種類10選」を具体的にご紹介しました。 IT系エンジニアへ転職する場合には、自分にとって必須の情報確認・将来設計のためのステップが用意されるサイトを選びましょう。

アクセスランキング