IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

IT系エンジニアの種類9選|機械・工学エンジニアの種類10選(非公開)

初回公開日:2019年07月08日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2019年07月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

職種研究

今回は「IT系エンジニアの種類9選|機械・工学エンジニアの種類10選」と題して、「IT系エンジニアの種類9選」についての詳細情報のご紹介をはじめ、その際に注意するべき「機械・工学エンジニアの種類10選」を具体的にご紹介します。

エンジニアとは?

エンジニアとは一般的に「コンピュータプログラムの創案・開発において、その設計の段階から開発・テストまでの一連の流れに携わるテクニカルスキル(専門技術)」が高く、人脈・起案スキルなども業務遂行の上で十分期待されるクラフト関連職種を指します。 企業ではノルマ達成能力が期待されやすく、特定のタスクを課された上で「特定のノルマを遂行(達成)すること」が必要で、その点での構成力が問われます。

IT系エンジニアの種類9選

さて、先述では「エンジニアとして基本的に求められる能力・技術」についてご紹介してきましたが、ここからは「IT系エンジニアの種類9選」と題し、それぞれのエンジニア関連の職種に就く場合に必要となる知識・情報をご紹介していきます。 転職エージェントを利用する場合でもこのエンジニアを希望する際には、まずそれぞれの職種内容を把握する必要があり、事前にそれらを確認しておきましょう。

IT系エンジニアの種類1:システムエンジニア

システムエンジニアという職種は、エンジニアの中でも特にコミュニケーション能力が求められやすい仕事の種類にあり、チームで協力しプログラムを設計するにあたり、チーム全体で設計・実装・テスト・運用・管理などに携わる職種です。 エンジニアの種類の内でも、システムエンジニアを希望する場合は技術・能力はもちろん、各分野で必要となるプロジェクト管理能力、また協調性を高めなければなりません。

IT系エンジニアの種類2:データベースエンジニア

データベースエンジニアは主に「データベースの設計・構築、安定した運用、多量データを扱う際の整合などを専門とするエンジニアの種類」を指し、特にデータシステム・構造の改編などに詳しい人材がこのポストに就くことが多いです。 基本的には新規アプリケーションを設計する場合に連携して作業が行なわれ、データベース設計・構成に十分対応できることが求められることになります。

IT系エンジニアの種類3:プログラマー

エンジニアの中枢的な種類のプログラマーでは、まず「プログラム」というパソコン作業・アプリ開発に関する基礎的な知識・技術が必須とされる上で、それによって求められるIT関連企業への知識も大事で、その場合に必要な実力アップが課されるでしょう。 エンジニアの種類でもIT関連企業でさまざまなニーズが見込めるため、「アプリ開発に必須な基礎知識」「企業コンサルに必要な能力」が求められます。

IT系エンジニアの種類4:セールスエンジニア

セールスエンジニアは基本的に「商品セールス」の形で仕事が任される種類にあり、基本的には営業のノウハウに近い営業方針となります。製品売り込みに回るセールスエンジニアが中心となり、その際には基本的な知識が必要です。 他の企業製品との違いを的確に説明でき、場合によっては実践的にその製品の内容・機能を説明することもあります。転職サイトを活用する場合でも早めの準備が必要です。

IT系エンジニアの種類5:ネットワークエンジニア

アクセスランキング