IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

職場環境のために企業ができること8つ|環境改善の企業事例も紹介

初回公開日:2019年07月08日

更新日:2020年10月02日

記載されている内容は2019年07月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

転職の悩み・不安

職場環境を改善すれば従業員の満足度が高まり、離職率が低下して職場全体の生産性がアップするなど多くのメリットが得られます。この記事では職場環境の改善のために企業ができることを徹底解説しているので、企業経営者の方はぜひご覧ください。

職場環境とは

職場環境とは
※画像はイメージです
出典: https://unsplash.com

みなさんの働く職場環境は良好なものでしょうか、それとも改善を必要とするものでしょうか。 職場環境とは、従業員の働くオフィスの環境や労働環境を広く意味する言葉です。職場環境が良好であれば、従業員の仕事に対するモチベーションが上がり、職場の生産性が上がるでしょう。 つまり、職場環境の善し悪しは、従業員だけでなく企業にとっても大きな影響をもたらすと言えます。

健全な職場環境とは

近年、健全な職場環境の実現に向けて積極的に取り組む企業が増えてきています。健全な職場環境とは、従業員一人ひとりが働きやすく快適に過ごせるオフィス環境や労働環境を意味します。 従業員によって家庭環境も希望する労働形態もさまざまですので、多種多様な従業員のニーズをくみ取ることができてこそ、はじめて良好で健全な職場環境であると言えるでしょう。

職場環境の重要性

職場環境の重要性
※画像はイメージです
出典: https://www.pexels.com

職場環境を良好に整えるためには、お金も労力もかかります。では、そのようなコストを払ってまで、なぜ企業は職場環境を整備する必要があるのでしょうか。 企業の利益を生み出すのは従業員であり、その従業員たちが快適に働ける職場環境を整備することができれば、その生産性は格段にアップし、企業の利益も増大することでしょう。 つまり、職場環境の整備は企業にとっても従業員にとっても大きなメリットをもたらすと言えます。

健全な職場環境のために企業ができること8つ

健全な職場環境のために企業ができること8つ
※画像はイメージです
出典: https://www.pexels.com

以上で見たように、健全な職場環境を整備することは企業にとっての義務であると同時に、それを通じてさまざまなメリットを得られるお得な「投資」であるとも言えるでしょう。 では、職場環境を改善するために企業は具体的にどのようなことに取り組めばよいのでしょうか。 ここからは企業が職場環境改善のために取り組むべきことを8つピックアップしてご紹介していきますので、ぜひご参考ください。

職場環境のために企業ができること1:現場の悩みを集める

職場環境のために企業ができること1:現場の悩みを集める
※画像はイメージです
出典: /nl/images/search/enqu%25c3%25aate/

職場環境を改善するために企業ができることとしてまずご紹介したいのが、現場の悩みを集めるということです。 大きな企業になればなるほど、経営陣と現場との間に乖離が生じ、現場を無視した独りよがりな経営をしてしまいがちです。 それを防いで従業員の働きやすい現場づくりを行うために、現場に寄り添いその声に耳を傾けることが必要でしょう。

職場環境のために企業ができること2:コミュニケーションツールの導入

コミュニケーションツールを導入するというのも、職場環境を改善するために企業ができることのひとつとして挙げられるでしょう。 コミュニケーションツールを導入すれば職場のコミュニケーションが活性化しますし、それによって無駄に時間を浪費してしまっていた会議を減らし、職場環境を改善することが可能になります。 職場によって適したコミュニケーションツールは異なりますので、吟味して導入しましょう。

職場環境のために企業ができること3:セクハラやパワハラを防止する制度

職場環境改善のために企業が取り組むべき項目のひとつに、セクハラやパワハラを防止する制度を確立するということも含まれるでしょう。 セクハラやパワハラや重大な人権侵害であり、職場環境を著しく害するものですので、管理職を対象とした研修制度を構築することに加えて、一般社員を広く対象にしたセクハラ・パワハラ防止研修を行うことも必要です。 企業が主体的に取り組むことで、社員の意識を改革していきましょう。

アクセスランキング