IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

職場環境のために企業ができること8つ|環境改善の企業事例も紹介

転職の悩み・不安

職場環境を改善すれば従業員の満足度が高まり、離職率が低下して職場全体の生産性がアップするなど多くのメリットが得られます。この記事では職場環境の改善のために企業ができることを徹底解説しているので、企業経営者の方はぜひご覧ください。

更新日時:

職場環境とは

職場環境とは

みなさんの働く職場環境は良好なものでしょうか、それとも改善を必要とするものでしょうか。 職場環境とは、従業員の働くオフィスの環境や労働環境を広く意味する言葉です。職場環境が良好であれば、従業員の仕事に対するモチベーションが上がり、職場の生産性が上がるでしょう。 つまり、職場環境の善し悪しは、従業員だけでなく企業にとっても大きな影響をもたらすと言えます。

健全な職場環境とは

近年、健全な職場環境の実現に向けて積極的に取り組む企業が増えてきています。健全な職場環境とは、従業員一人ひとりが働きやすく快適に過ごせるオフィス環境や労働環境を意味します。 従業員によって家庭環境も希望する労働形態もさまざまですので、多種多様な従業員のニーズをくみ取ることができてこそ、はじめて良好で健全な職場環境であると言えるでしょう。

職場環境の重要性

職場環境の重要性

職場環境を良好に整えるためには、お金も労力もかかります。では、そのようなコストを払ってまで、なぜ企業は職場環境を整備する必要があるのでしょうか。 企業の利益を生み出すのは従業員であり、その従業員たちが快適に働ける職場環境を整備することができれば、その生産性は格段にアップし、企業の利益も増大することでしょう。 つまり、職場環境の整備は企業にとっても従業員にとっても大きなメリットをもたらすと言えます。

健全な職場環境のために企業ができること8つ

健全な職場環境のために企業ができること8つ

以上で見たように、健全な職場環境を整備することは企業にとっての義務であると同時に、それを通じてさまざまなメリットを得られるお得な「投資」であるとも言えるでしょう。 では、職場環境を改善するために企業は具体的にどのようなことに取り組めばよいのでしょうか。 ここからは企業が職場環境改善のために取り組むべきことを8つピックアップしてご紹介していきますので、ぜひご参考ください。

職場環境のために企業ができること1:現場の悩みを集める

職場環境のために企業ができること1:現場の悩みを集める

職場環境を改善するために企業ができることとしてまずご紹介したいのが、現場の悩みを集めるということです。 大きな企業になればなるほど、経営陣と現場との間に乖離が生じ、現場を無視した独りよがりな経営をしてしまいがちです。 それを防いで従業員の働きやすい現場づくりを行うために、現場に寄り添いその声に耳を傾けることが必要でしょう。

職場環境のために企業ができること2:コミュニケーションツールの導入

コミュニケーションツールを導入するというのも、職場環境を改善するために企業ができることのひとつとして挙げられるでしょう。 コミュニケーションツールを導入すれば職場のコミュニケーションが活性化しますし、それによって無駄に時間を浪費してしまっていた会議を減らし、職場環境を改善することが可能になります。 職場によって適したコミュニケーションツールは異なりますので、吟味して導入しましょう。

職場環境のために企業ができること3:セクハラやパワハラを防止する制度

職場環境のために企業ができること3:セクハラやパワハラを防止する制度

職場環境改善のために企業が取り組むべき項目のひとつに、セクハラやパワハラを防止する制度を確立するということも含まれるでしょう。 セクハラやパワハラや重大な人権侵害であり、職場環境を著しく害するものですので、管理職を対象とした研修制度を構築することに加えて、一般社員を広く対象にしたセクハラ・パワハラ防止研修を行うことも必要です。 企業が主体的に取り組むことで、社員の意識を改革していきましょう。

職場環境のために企業ができること4:目安箱の設置

職場環境のために企業ができること4:目安箱の設置

目安箱を設置するというのも、職場環境を改善するために企業ができることのひとつとして挙げられるでしょう。 一般社員は普段企業の経営者に直接会う機会も要望を伝えるチャンスもないものですが、目安箱を設置してそこに自由に匿名で職場環境の問題点に関する苦情や要望を投書することができるようにしておけば、現場の声を直接聞くことができます。 社員も、企業側のそのような配慮に満足感や信頼感を抱くことでしょう。

職場環境のために企業ができること5:定期的な面談

職場環境のために企業ができること5:定期的な面談

職場環境を改善するために企業が取り組める事柄のひとつに、定期的な面談を行うということも数えられるでしょう。 定期的に面談をすることによって、社員の仕事や職場の人間関係に関する悩みを把握し、それに対して適切な対処法や改善策を講ずることができます。 また、社員からの不満が大きくなる前に、職場環境に関する苦情をいち早く把握することも可能になります。

職場環境のために企業ができること6:福利厚生を整える

福利厚生を整えるというのも、職場環境を改善するために企業が行うべき事柄のひとつでしょう。 社員がどのような福利厚生を求めているのか、そのニーズを正確に把握し、それに適した福利厚生を整えることで、社員の職場に対する満足度が格段にアップするはずです。 また、福利厚生が充実していれば、採用人事に大きな変更を加えずとも、優秀な人材が自らやってきてくれるでしょう。

職場環境のために企業ができること7:働きやすい環境かアンケートをする

職場環境改善のために企業ができることのひとつとして挙げられるのが、働きやすい環境であるかどうかを知るためにアンケートを実施するということです。 受ける定期的にアンケートを行い、社員が今の職場環境にどのような問題点や改善点を感じているのかを確認することで、職場環境改善のための適切なアイディアを練り上げることができるでしょう。 なお、アンケートに対するフィードバックも適切に行うことが必要です。

職場環境のために企業ができること8:ストレスチェックを行う

職場環境のために企業ができること8:ストレスチェックを行う

ストレスチェックを行うというのも、企業が職場環境を改善するために行うべき項目のひとつでしょう。 産業カウンセラーなどを常駐させ、ストレスチェックなどのメンタルヘルスのケアをきちんと行うことで、社員の心と体の健康を守ることができます。 また、社員の離職につながる精神的なトラブルをいち早く発見し、それを改善することにもつながるでしょう。

職場環境改善の企業事例

職場環境改善の企業事例

以上では、職場環境を改善するために企業が行うべき項目についてご紹介してきました。では、世の企業は具体的にどのような取り組みによって職場環境の改善を成功させているのでしょうか。 ここからは、職場環境の改善に取り組んで成功した企業事例をご紹介していきます。 企業によって求められる職場環境の改善方法はさまざまですので、ぜひ一例として参考になさってみてください。

イケア・ジャパン株式会社

職場環境の改善の企業事例としてまずご紹介したいのが、イケア・ジャパン株式会社のケースです。 世界的な家具メーカーとして有名なイケアの日本法人であるイケア・ジャパンでは、正社員とパートタイムの賃金格差や待遇格差を撤廃し、同一労働であれば同一賃金にするという画期的な取り組みを2014年から実施しています。 その結果、社員の仕事に対するモチベーションがアップするという効果が出ています。

株式会社ふくや

福岡の名物である明太子の老舗株式会社ふくやも、職場環境を改善した企業事例のひとつとして挙げられるでしょう。 株式会社ふくやは妊娠・出産や子育てによって優秀な女性社員が離職するのを防ぐために、残業なしや土日祝日は確実に休めるなど、社員にあわせた勤務体系をなんと6種類も導入しています。 家庭環境やライフステージの変化に合わせて柔軟に働き方が選べるため、社員の満足度が向上したと言います。

株式会社資生堂

日本が世界に誇る化粧品メーカーである株式会社資生堂も、職場環境の改善の取り組みで有名な企業のひとつでしょう。 資生堂は、社員の心のケアを徹底して行うべくメンタルヘルス相談窓口を設置し、その役割を拡充させています。 また、長時間労働の予防や受動喫煙の防止など、社員の健康面でのケアに関するさまざまな取り組みも行っていることで有名です。

職場環境のために企業ができることを知ろう

職場環境のために企業ができることを知ろう

今回は職場環境改善のために企業ができることについて特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。 社員を大切にし、社員にとって働きやすく快適な職場環境を整備することで、その生産性と仕事の効率性が格段に上がり、企業にとっての利益も増大することになるでしょう。 職場環境改善は企業にとって大きな利益のあることですので、ぜひ積極的に取り組みたいところです。

アクセスランキング