IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

IT企業が新卒に求める人物像とは?エンジニアになるためにすべきこと

更新日:2020年07月28日

職種研究

ITエンジニアを志す際、どういったことから始めるとよいのでしょうか?今回は、これからIT企業へ就職する新卒者が知っておくと便利な内容でご紹介しています。IT企業が求めている人物像もご紹介していますので、IT企業との適正判断の1つとして参考にしてみてください。

IT企業側は、粘り強さと向上心を兼ね備えた新卒者を求めています。 2021年に向かって益々進化をしていくIT企業が多いですが、それに伴っておのずと煩雑な業務が増大して行きます。難解な業務でも諦めることなく対応し、なおかつ勉強熱心な新卒の人材はIT企業から求められている人物像の1つと言えるでしょう。

人物像5:変化に対応できる柔軟性

新卒者であったとしても、業務に関する変化に常に対応できる柔軟な人物をIT企業は欲しています。 IT関連の業務は常に進化と変化を続けていますので、既存のスタイルから大幅な変更点があった場合でも、柔軟に業務を遂行できる新卒の人材がIT企業から求められています。 仕事に対する情熱と柔軟性はIT関連の多くの企業が共有したい価値観と言えるでしょう。

人物像6:自分で学習できる人

多くのIT企業は、常に自分自身で業務に関して学習できる新卒者を雇用したいと考えています。 企業が教育を始めとして、すべての部分で対応していると多くの業務は停滞してしまいます。そのため、新卒者自身で不明な点を解決するための勉強ができるとよりよいでしょう。 外資系でも同様ですが、上司や同僚が都度、新卒者の疑念に100%応対することは難しいため、IT企業へ就職する新卒者は率先して自分で学習する癖を身につけておきましょう。

新卒でITエンジニアになるためにやるべきこと

新卒者がITエンジニアを目指す際には、やるべきことがたくさんあります。今回は、新卒者がやるべき基礎的な事柄を挙げていきます。 ITエンジニアを目指す新卒の人は参考にしていただき、今日からさっそく実践してみましょう。

スキルを身につける

新卒者がITエンジニアを目指す際には、スキルを身につけておく必要があります。ただ、スキルと言ってもどのような内容があるのでしょうか。 新卒者に必須なスキルについて見ていきますので、いずれIT企業で働きたい人はチェックしておきましょう。

PCは必須

新卒者に求められる基本的なスキルはパソコンを扱う能力です。 ITエンジニアを目指す場合、パソコンに関する見識がなければ労働はできません。そのため、ITエンジニアになりたい新卒者は、まずはパソコンを扱うスキルを習得しておきましょう。 ITエンジニアになると日々パソコンと向かい合うことも多くなりますので、基礎や応用などのあらゆる見識があればあるだけIT関連の業務に役立つでしょう。

プログラミングの基礎を学ぶ

新卒者にあるとよいスキルとは、プログラミングができる能力です。 プログラミングとは、コンピューター上でシステムの構成をしたり、快活度・利便性を上げる仕組みを検討・作成するための作業です。新卒者がITエンジニアになりたい場合には、プログラミングに関する見識があるとよいでしょう。 プログラミングは高い技能でもあるため、徐々に体感しながら覚えていく事柄です。そのため、日々の学習が大切です。

アプリを作ってみよう

プログラミング実習を経て、アプリの作成が可能なスキルがあれば最善です。 利便度の高いアプリは企業や大衆が利用しますので、快活性の高いアプリを作成できるスキルがあるとハイレベルな能力保有者と認定されるでしょう。 パソコンを扱うスキルを徐々に向上させた際には、ぜひとも大衆の利便度が向上するようなアプリを作成して、多くの人々に活用してもらいましょう。

面接でアピールすべきこと

初回公開日:2020年04月30日

記載されている内容は2020年04月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング