IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【業界研究】就活生が業界を絞る方法・業界の選び方

更新日:2020年11月06日

就活の業界・企業研究

就活する時には、まず考えなければならないことがあります。それは就職する業界の選び方です。就活を始めるとなると自己分析は誰もが取り組むことですが、この業界の選び方は自己分析と同じくらい重要です。仮に就職したいと思う会社があったとしても、業界選びは慎重になる必要があります。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

就活する時の業界の選び方

なぜなら、IoTやAIが発展するしていくことによって、これから衰退していく業界も多いからです。では、業界の選び方は一体どのようにして取り組むべきなのでしょうか。その方法を以下に紹介していきます。

いくつかの業界を選ぼう

就職先の業界を選ぶときは、一つだけの業界に絞るべきではありません。いくつかの業界を選びましょう。なぜなら、一つだけの業界に絞って就活を始めると、その業界で希望する会社に落ちてしまった時にモチベーションが下がってしまうからです。

就活はスムーズに進めば理想的ですが、そんなにも甘いものではありません。100社以上の企業にエントリーすることは当たり前のことです。そのため、もしこの業界がダメだった場合は、次はこの業界を狙っていこう、という二番目、三番目の候補を持つことが大切なのです。

就活中に興味がある業界が見つかればその都度リサーチしよう

業界選びは就活の初期の段階で取り組むことが欠かせんが、最初に決めた業界を変更してはいけない、というわけではありません。就活をしていれば、高い確率で知り合いが増えます。また同期が同時に就活に取り組むので、希望している業界以外の情報も入るようになります。

その時に、興味がある業界が見つかれば、その業界のこともリサーチしましょう。大切なことは柔軟性を持つことです。最初にこの業界で働きたい、と思う業界があったとしても、実際説明会や面接で会社に訪れてみると、思っていたものとは違った、ということは少なくありません。最初にある程度業界を絞っていたとしても、他に興味がある業界が見つかった場合は、方向転換も検討しましょう。

景気の動向を考えよう

就活には景気の動向が大きく関係しています。新卒の人材は、景気が良い時期は採用されやすくなりますが、景気が悪くなると、採用が厳しくなる傾向があります。なぜなら景気が悪くなれば、多くの企業が教育コストと人件費の削減を考えるからです。

バブル崩壊後に就職氷河期と呼ばれる時期があったように、大学生の就活と景気の動向の関係は無視することができません。では景気の動向はどのように考えて就活に活かせばいいのでしょうか。それは社会全体の景気だけではなく、業界ごとに景気を調べることです。

社会全体が不況の雰囲気があったとしても、業界ごとに調べてみれば、全ての業界の景気が悪いわけではありません。製造業やサービス業と、サイバーセキュリティやロボット産業では確実に景気が違うことが予想できますよね。このように仮説を立てて、景気が良さそうな業界を調べて選ぶ、ということも一つの方法です。

まずはたくさんの業界をリサーチすることから始めよう

業界選びをするときは、まずはたくさんの業界をリサーチすることから始めましょう。深く調べる必要はありません。まずは浅く広く調べることが大切です。その理由は、自分が全く考えていなかった業界の思わぬ魅力を発見する可能性があるからです。

就活は本活的に面接などで動き始めると、どうしても時間や心の余裕がなくなってしまいがちです。そのため初期の時期に、浅く広く業界を知っておくことが大切です。そうすることで視野が広がり、自分にとって最適な業界選びができやすくなります。

このように就活する時の業界の選び方は、最初が肝心になるだけでなく、柔軟性を持つことも欠かせません。一つの業界に絞ることがいけないわけではありませんが、第二、第三の候補となる業界を決めておくことで気持ちに余裕を持って就活に取り組むことができるのです。

次のページ:就活する時に業界を選ぶ時の注意点

アクセスランキング