IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【業界研究】旅行業界の現状・動向・課題について

就活の業界・企業研究

格安航空券は、HISの前身の会社が学生を相手に団体用チケットをバラ売りしたのが始まりとされています。空席を埋めたいと考える航空会社と、余った席でいいから安く飛行機に乗りたいと考える旅行者の思惑が一致することで格安航空券というものが生まれます。

日本には豊富で多様な観光資源が存在していることは間違いないでしょう。しかし、それらを活用して多くの旅行者を呼び込む努力が不足しているのも事実です。各地の文化財や自然を質を保ちながら、旅行者の視点で整備して活用していくことが必要になります。

そして、外国人旅行者の受入環境を整備・充実させ、外国人旅行者の満足度をさらに高め、リピーターを増やしていかなくてはいけません。また、国内旅行も、観光地等のユニバーサルデザインを推進するなどして、障害者や高齢者を含めたすべての旅行者のために環境を整備しなければいけません。

政府は、アベノミクス第2ステージでGDP600兆円を2020年頃に達成することを目標に掲げ、「地方創生の本格化」などを対策に盛り込んでいます。これは、観光がまだまだ成長の余地を残しているということであり、これからの日本経済成長のための大きな柱になっていくということでもあります。

おすすめの業界研究本

日本経済新聞社の記者が徹底取材をして、日本の180業界の最新動向や課題、将来の見通しを解説しています。企業間の相関図、企業・製品のシェア、業界のトレンドを示す表やグラフがビジュアライズされており、業界のことが一目でわかるようになっています。業界研究をするにはまず目を通しておきたい1冊です。

国内の全上場企業の業績予想を中心に、所在地から財務情報まで、会社のことを知るのに欠かせない情報をまとめたハンドブックです。就職活動における業界研究から、株式投資といったビジネスユースに至るまで幅広く使えるのが人気の理由です。

発行が2016年と新しく、2011年の震災とその後のIT化の進む旅行業界や観光の現状をわかりやすく解説しています。地方創生はアベノミクスで掲げられたテーマの一つでもあるので、業界研究だけではなく、一般消費者にとっても読んでおいて損はない内容になっています。

業界研究をすれば、就活の戦い方がわかる

いかがでしたでしょうか。

この記事だけでも、業界の展望や各企業の力関係など、様々な発見があったかと思います。業界研究をせずに企業だけを調べても、業界全体の流れがわからず、狭い視野での企業研究になってしまいます。

就活を有利に進めるなら

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

アクセスランキング