IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【業界研究】旅行業界の現状・動向・課題について

就活の業界・企業研究

格安航空券は、HISの前身の会社が学生を相手に団体用チケットをバラ売りしたのが始まりとされています。空席を埋めたいと考える航空会社と、余った席でいいから安く飛行機に乗りたいと考える旅行者の思惑が一致することで格安航空券というものが生まれます。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

業界の現状

格安航空券の仕組み

格安航空券は、HISの前身の会社が学生を相手に団体用チケットをバラ売りしたのが始まりとされています。空席を埋めたいと考える航空会社と、余った席でいいから安く飛行機に乗りたいと考える旅行者の思惑が一致することで格安航空券というものが生まれます。

かつては、その空席と旅行者をマッチングさせることが難しかったのですが、大量に仕入れた格安航空券をHISが持ち前の販売力で上手くさばいたことにより、ビジネスとして成り立つようになりました。この格安航空券が一般旅行者に受け入れられて大ヒットし、HISは現在の旅行業界で地位を築いたと言われています。

さて、その旅行業界ですが、現在の日本には約1万社の旅行会社があり、観光産業という広範な業態を担っています。そして実際の店舗のみならず、インターネット上にも旅行会社はたくさん登場し、電子商取引を活用することで、これまでの旅行業界の仕組みと習慣を大きく変貌させています。

今の旅行業界のキーワードは「観光」と「IT」となっています。文系・理系問わず、就職活動中の学生に人気なのは、そんなキーワードが関係していたりもするのです。

基本情報

  • 市場規模:6兆6362億円
  • 労働者数:5683人
  • 平均年齢:36.9歳
  • 平均勤続年数:11.0年
  • 平均年収:481万円

同程度の市場規模を持つ広告業界の平均年収が739万円であることを考えると、平均年収は少ないと言っていいでしょう。

かつて、旅行業界といえば花形業界というイメージがありました。2005年のピーク時には平均年収が673万円あったので、約10年間で200万円近く減ってしまっていることになります。しかしこれは、近年の旅行という商品の特性によるところが大きいのです。

旅行商品の手数料は一定で、それだけでは十分な利益とはなりません。ですので利益を出すためには、ある程度の数の商品を仕入れる必要が出てくるのですが、旅行商品の供給量には限界があるのです。つまり、旅行業界全体で薄利多売という構図になってしまっているのです。

仕事内容

旅行自体にかたちはありませんが、「仕入れ」「加工」「売買」「管理」という基本は旅行業界も同じです。しかし、旅行者のために契約、媒介、取次をするだけではなく、旅行者とサプライヤー(航空会社やホテルなど)をつなぎ、両者に対して付加価値を作り出していくことがますます求められるようになっています。

業界シェア上位3社

①:JTB:1兆3437億円 ②:HIS:5374億円 ③:KNT-CTホールディングス:4249億円

平均年収上位3社

アクセスランキング