IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【業界研究】ホームセンター業界の現状・動向・課題について

就活の業界・企業研究

ホームセンターという業態自体は約40年前に誕生したばかりで、ワンマンで社長を務めてきた創業者の世代が高齢化してきたことによって、事業継承の時期を迎えています。そのため、非上場会社をはじめとして、身売りするケースが散見されるようになりました。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

ホームセンター業界の現状

ホームセンターという業態自体は約40年前に誕生したばかりで、ワンマンで社長を務めてきた創業者の世代が高齢化してきたことによって、事業継承の時期を迎えています。そのため、非上場会社をはじめとして、身売りするケースが散見されるようになりました。

ホームセンター業界は品揃えの豊富さを武器に、郊外のロードサイドで大きな売場を展開することで業界が成長してきました。 しかし、相次ぐ出店による市場の飽和や法律による規制強化、人口減少などを背景に、これまでの勝ちパターンであった郊外のロードサイドで多品種の提供を行う手法がうまくいかなくなってきていますので、新しい営業戦略が必要になっています。

ホームセンターの主力商品でもあり、利幅を獲得に貢献する戸建住宅関連商品が、人口減少とそもそもの戸建住宅の減少で市場が縮小していくことが予想されています。少子高齢化社会ではホームセンターの売り上げは厳しいと予想されます。 業界は最盛期を経て、ここ10年ほどは年間4兆円弱の市場規模が続き、成長が鈍化していますし、日本における人口の推移は間違いなく減少傾向にあるため、ホームセンターの市場規模もそれと連動するように縮小が見込まれています。

このようなマイナス局面において、ホームセンター業界各社は新規出店で市場規模を拡大、維持しようと努力をしてきましたが、その戦略も最近では意味の無いものになりつつあります。市場自体が縮小していき、出店に適した場所の限られるこの状況においては、同業他社をM&Aすることによる単純なシェア拡大が合理的な判断となり、その動きが広がっています。

ホームセンター業界における大手の『DCMホールディングス』という会社は、この会社は『カーマ』と『ダイキ』の業務提携に始まり、それに『ホーマック』が後から合併することでできた一大グループです。

元々、カーマは中部地方において店舗展開をしており、ダイキは中四国と近畿地方、ホーマックは北海道といった具合に、各々が店舗展開している地域に重複が見られなかったことがうまくシナジー効果を出せて、大手に躍進することができた好例となっています。

現状1:基本情報

ホームセンター業界の市場規模は2兆8,111億円で、全体の業界で見ると中堅どころの業界になります。ホームセンター業界で働く労働者数は19,896人となり、労働者の平均年齢は38.8歳になります。この業界の労働者の平均勤続年数は12.1年で他の業界と比較しても、長い期間、この業界に携わる人が多いことが分かります。

学生にとって気になる平均年収は478万円と、給料の面ではあまり期待できない業界になります。サラリーマンの平均年収が400万円程度なので、それほど多くの給料をもらうことのできない業界と言えます。

ホームセンター業界はDIY(Do It Yourselfの略)関連商品や住宅関連商品を提供しています。また、家電や日用品、ペット用品も提供する総合的な小売業とも言えます。ホームセンターの特徴はセルフサービスが基本で、来店客が自由気ままに多種類の商品を見て回ることができるようになっています。

そのため、ホームセンターでは商品の品出し、陳列、レイアウトを行ったり、売れ筋商品を魅力的に見せるためにポップを作成したり、困っているお客の接客をすることがメイン業務になります。会社によっては商品開発などの仕事をすることができる会社もあります。

業界の動向

動向1:市場動向

住関連商品を中心に供給するホームセンター業界は3兆円程度のマーケットであるが、このホームセンター業界は約40年前の誕生から2000年前後まで順調に成長と続けてきました。ホームセンター業界はプライベートブランドの展開など、各社各様に得意商材を展開し、多品種の品揃えを武器に消費者を取り込んでいきました。

アクセスランキング