IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【業界研究】OA機器業界の現状・動向・課題について

就活の業界・企業研究

OAとは「Office Automation」の略であり、OA機器は企業などで事務処理を効率良く行うために用いられる機器の総称になります。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

業界の現状

OA機器業界の変遷

OAとは「Office Automation」の略であり、OA機器は企業などで事務処理を効率良く行うために用いられる機器の総称になります。

その由来は、戦後の日本経済発展のなかで、事務量が増加、複雑化し、作業の効率化・合理化が図られるようになったことにあります。

当初の事務用の機器はほとんどが輸入品でしたが、1960年にビジネス機械・情報システム産業協会が設立され、事務用機器が機械工業振興法の合理化促進機種に制定されたことにより新技術・新製品の開発が進みました。

そして、1980年代後半には日本語ワードプロセッサ、高性能複写機、高機能ファクシミリが普及して「OA革命」と呼ばれる時代を迎え、OA機器やその開発メーカーを含めたOA機器業界が形成されていったのです。

OA機器の品目

OA機器の種類としては、主に以下のものがあります。

アクセスランキング