IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「移管」の意味・金融/IT用語としての意味・株の移管の意味

更新日:2020年05月01日

言葉の意味

普段耳にしない「移管」という言葉。日常生活において使う機会が少ない言葉だという方も多いのではないでしょうか。マイナーな単語も、知っていて損はありません。金融やITの分野ごとに解説しました。「移管」という言葉の意味や使い方を確認してみましょう。

株の移管とは?

株式の「移管」とは保有している株式を他の証券会社に移動することです。 現在使っている証券会社から、別の証券会社に口座を変更する場合、今の証券会社に預けているのが現金のみであれば、現金を引き出して新しい証券会社に移すだけなのですが、保有株式がある場合には、移管手続きをする必要があります。 保有株式を売却して現金化してから移動させることも可能ですが、売りたくない場合には移管手続きをする事になります。

新しい言葉を覚えてスキルアップしよう!

いかがでしたか。「移管」という言葉には、IT・金融・株のそれぞれの分野で意味や使い方の違いがあることがわかりました。言葉の意味を覚えることによって語彙力や読解力の向上、プレゼンテーション能力の増強も図れます。 紹介した以外でも、業務の担当を他の部署に変更する「業務移管」などもあります。 今回記事にした「移管」という言葉以外にも、1つの言葉に複数の意味をもつ言葉があります。気になった言葉の意味をしっかりと理解し知識を広げていきましょう。

初回公開日:2020年04月30日

記載されている内容は2020年04月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング