IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

高卒の転職で失敗しないためのおすすめ転職エージェント6選

転職サービス・サイト

高卒の人で一度は就職してみたが、自分には合わなかったと転職を考える人も多いでしょう。その場合、自分の理想に近い求人を効率的に見つける方法として転職エージェントを活用する方法があります。この記事では、高卒向けの転職エージェントや使うべき理由についてご紹介します。

更新日時:

高卒の人の転職でエージェントは役に立つ?

高卒で転職先を探す場合に転職エージェントを使うべきなのか不安に思い、悩む方も多いでしょう。転職エージェントを上手に活用する方法を知って利用することで、なかなか出会えない好条件の優良企業に転職することができます。 転職エージェントと一言で言っても種類や特徴などが異なります。ますは、転職エージェントの仕組みについてしっかり知ることから始めてみましょう。

転職エージェントの仕組み

転職エージェントの仕組みは、簡単に例えると転職希望者と求人を出したい企業の間を取り持つ役目を果たしています。 まず求人を出したい企業からヒアリングすることで求人情報を転職エージェントが保有します。転職希望者からもヒアリングし、お互いの条件が一致した場合に求人を紹介するといった流れになっています。 ちなみに、転職エージェントが利用料がかからず無料で転職先を紹介してもらえる理由としては、企業に転職希望者を紹介することで企業側が成功報酬として転職エージェントにお金を支払う仕組みとなっているためです。

高卒の人が転職エージェントを使うべき理由3つ

転職エージェントの仕組みをご紹介した上で、次に高卒の人が転職エージェントを使うべき理由を3つご紹介していきます。 転職エージェントを使うべき理由は、どれも転職したいと思っている方にとって非常に強みとなるサポート内容なので、知っておくといいでしょう。

必要な資格などを教えてくれる

転職エージェントには、キャリアアドバイザーという専属のプロのアドバイザーが在籍しています。 転職先を探すサポートとして専属のアドバイザーが付いてくれるのですが、その際にさまざまな経験や知識を活かして、過去の転職成功者が転職の際に役に立っていた資格や検定を教えてもらうことができます。 プロの目線で的確なアドバイスをしてくれるので、不安を解消した上で転職に臨むことができます。

自分に合った求人を紹介してくれる

転職エージェントでは自分が提示した条件と、企業が求める条件が一致するもっともマッチング率の高い求人情報をあなたの代わりに探してもらえます。また、自分が提示する条件に対しても相談やアドバイスをしてくれるので、転職活動をよりスムーズに行うことができます。 転職を考え始めたけど、何から始めればいいか分からない。自分の提示条件もどこまでの設定にするべきか分からない。という人はまずは大手転職エージェントである、リクルート、マイナビ、dodaのいずれかに登録してみて損はありません。

面接対策や履歴書添削サポートがある

転職エージェントに在籍する経験豊富なプロのキャリアアドバイザーが、面接対策や履歴書添削のサポートもしてくれます。 本番さながらの面接を行いながら、好印象を与える方法を指導してもらえます。また、希望する企業の求める人材像を把握した上で指導してくれるので、おのずと内定率も上げることができるのです。 履歴書添削もどのような部分に気を付けるべきなのか、自分の強みを伝える方法を教えてもらうことができます。これらのサポートを通じて自己分析をしっかり行うことができるので、自信を持って本番の面接に望むことができます。

高卒の人向けのおすすめ転職エージェント6つ

数々の転職エージェントがある中でも、高卒の人向けでおすすめの転職エージェントを厳選して6つご紹介します。どれも人気で利用者からも好評な転職エージェントなかりなので、自分に合う転職エージェントを探してみてください。 ポイントとして、まずは複数のエージェントに一度登録してみるといいでしょう。面談を受けてみて自分に合いそうなエージェンを見つけ、その後は上手に活用して転職先を探すとスムーズに転職できます。

1:マイナビエージェント【初めての人におすすめ】

マイナビエージェント

「マイナビエージェント」は、新卒に強い転職エージェントの1つです。 大手企業やベンチャー企業の20代~30代向けの求人を多く取り扱っているのが特徴です。もちろん高卒や第二新卒、フリーターの方でも利用しやすい転職エージェントなので、初めてエージェントを利用するという方でも安心できます。 実際に利用した方からの好評の声も多いので、口コミを参考してみるのもいいでしょう。

マイナビについてもっと知りたい人は、下記の記事で評判や口コミをまとめていますので参考にしてみてください。

2:doda【アドバイザーが優秀で人気】

転職エージェントdoda

「doda(デューダ)」は、転職のプロのアドバイスが人気で好評なエージェントです。 高卒ならではの悩みや不安な部分をしっかりと聞いてくれて、的確なアドバイスをもらうことができます。また、転職セミナーもよく行っているので、気になる方は参加してみてください。 高卒向けの求人も多い保有しているので、とりあえず相談だけしてみて、もし気に入ればそのまま求人も探してみるといいでしょう。

dodaの口コミ、評判については下の記事を参考にしてみてください。

3:リクナビNEXT【転職支援コンテンツが充実】

リクナビNEXT

「リクナビNEXT」は、転職に関わるノウハウをたくさん知れる便利な機能やコンテンツが充実している転職エージェントです。 高卒の方がまだ知らないような転職知識を身に付けられるので、初めての方は得られる情報がたくさんあるでしょう。その他にも、経歴を登録すれば企業からオファーが届くサービスもあるので、上手に活用すれば転職を有利に進められるのでおすすめです。

リクナビNEXTと同じスカウト型の転職サイトの評判をまとめていますので、興味のある方はご一読ください。

4:マイナビWoman Will【女性限定のサービスが豊富】

マイナビWoman Will

「マイナビWoman Will」は、女性向けの求人を多く扱う女性に特化した転職エージェントです。 女性が利用しやすいようにキャリアアドバイザーも女性が担当してくれるので安心して転職活動を行えるのも特徴的です。新卒や20代の転職支援実績も豊富なので、信頼できる転職エージェントです。 女性ならではの悩みも理解してくれた上で転職を行えますので、女性の方はぜひ一度、登録だけでもしてみると良いでしょう。

女性向け転職サイトウーマンウィルの評判や特徴をもっと詳しく知りたいという人はぜひ下の記事を参考にしてみてください。

5: type転職エージェント【非公開求人が魅力的】

type転職エージェント

「type転職エージェント」は、魅力的な非公開求人が豊富と話題の転職エージェントです。 求人数は他のエージェントよりも少ない方ですが、しっかりとサポートしてくれながらも、転職希望者の条件に近い魅力的な非公開求人を紹介してくれます。 希望年収もしっかりと融通を聞いてくれて探してくれるので、高卒でも自分の希望をしっかりと伝えた上で転職活動するといいでしょう。事前に希望条件や希望年収を決めて活用しましょう。

type転職エージェントの特徴についてまとめた記事がありますので、利用を検討している人はぜひご一読ください。

6:マイナビジョブ20's【20代に特化した転職支援】

マイナビジョブ20's

「マイナビジョブ20's」は、エージェント名の通り20代に特化した求人を保有する転職エージェントです。 高卒の人でも挑戦できる未経験OKの求人がほとんどなので、スキルを気にせず挑戦できる求人が多いのもポイントです。20代の転職事情を熟知したキャリアアドバイザーのサポートを受けながら転職活動に専念できます。 自己分析をできる適性診断も活用できるので、自分の強みを知るためにもぜひ利用してみてほしい転職エージェントです。

マイナビジョブ20'sの特徴や口コミを詳しくまとめている記事がありますので、興味がある方は参照してみてください。

厚生労働省が毎年実施している調査などもあるので、転職先を選ぶ際は参考にしてみてください。

転職に失敗した高卒の人の体験談

年齢:28歳 転職前 職種:IT業界 転職後:IT業界 私は高校を卒業してから、営業職についていましたが、転職をしてIT系のベンチャー企業に転職しました。私は運用チームに配属され、社内のサーバやFirewallの運用管理をやると同時に、監視もしていました。その上、人でも足りないのでFirewallのサポート業務もやらされていました。 ベンチャーということもあり、長時間労働当たり前の文化でした。22時以前に変える人はほとんどいなかったし、夜勤明けでそのまま夕方まで残業する日もありました。 また、24時間サーバを監視しなければならなかったので、祝日も年末年始も関係なく、ただシフトに従った勤務があるだけ。本当につらい職場環境でした。 そんな時ふと、 「これは一般的な会社員じゃないよな・・・」 と感じ、なんとなくヘコみました。 結局希望していた構築の仕事ができなかったのと、人がどんどん辞めていっている状況で、今後も運用チームから離れられそうになかったので、転職を決意しました。 転職活動では、転職支援会社を利用することにしました。最初はリクルートエージェントに登録しました。当時はどんどん人が辞めていっている状況で、技術部門の人間は10人ぐらいは就職活動をしていたのではないかと思います。 転職活動中のみんなが利用していたのが転職エージェントだったのです。当時の私は就職してから2年弱しか働いてなかったので、転職エージェントに申し込んでも断られるんじゃないかと思っていました。しかし心配をよそに、実際にはすんなり受け入れてもらえました。そして休日にキャリアアドバイザーとの面談を行いました。 面談では、最初に今回の転職の動機ついて訊かれた。「構築の仕事がしたいのと、夜勤ではなく通常の生活がしたい。」と率直に答えた。希望年収についても訊かれたので、「今と同じぐらい」と答えた。すると、 「やはり皆さん、構築の仕事がしたいとおっしゃるんですよ。でも、構築未経験の場合にはなかなか紹介できる案件がありません。また、あなたのご経歴ですと年収アップも難しいと思います。まず、夜勤生活から抜け出すことを第一に考えましょう!」 とアドバイスされた。そして、具体的な案件を10件ぐらい紹介してもらったんだけど、運用の仕事がほとんどで、納得のできるような構築の仕事は見つかりませんでした。 次にtypeにも登録してみようと思い、その後キャリアアドバイザーとの面談を行いました。 ここでは、26才までの空白期間をするどく突っ込まれ、「企業さんを納得させるためにも、この間に何をしていたのかを経緯書という形で文章にまとめてください。」と要求されました。なので私は家に帰ってからWord2枚にわたって作文しました。 typeで紹介してもらった案件は、わずか4件だけでした。でも、その中に構築の職種もあったので応募することにしました。すると、経緯書の効果もあってか書類選考を通過!面接に備えて、キャリアアドバイザーに模擬面接をやってもらうことになりました。 模擬面接ではものすごく緊張してしまい、真冬にもかかわらず滝のように汗をかいたのを覚えています。キャリアアドバイザーの、「ダメだこりゃ・・・」という視線が痛かったです。 転職エージェントでの事前準備の甲斐もあり、最終的には内定をもらうことができました。 最終面接では、面接自体は非常にオーソドックスな内容で、これまでの経歴を一通り説明し、よくある質問に答えるといったものだった。今まで運用の仕事をしていて・・・と説明したとき、左端に座っていた取締役の一人から 「あなたは夜勤もしていたと書いてるけど、これはオペレーターだよね?」 と鋭いツッコミが入った。内心ドキッとしながら、監視オペレータだけでなく運用の仕事も兼務していたのだと必死にアピールしました。 他には英語の勉強もしていることをアピールしておいた。社長に「TOEICの点数はどれぐらい?」と訊かれたけど、面接の1週間ほど前に初受験したばかりで点数がでていなかったので、その旨を伝えた。英語の勉強をしていること自体は、とても好意的に受け取ってもらえたと思います。 初めての仕事は、いきなり、大企業の基幹サーバ構築の仕事だった。もちろん設計なんかは全部リーダーが行うんだけど、実際に手を動かして構築する仕事を任せてもらえた。すごく緊張したけど、構築作業はとても楽しかったです。ずっと憧れていた仕事だったので。 1回目の転職では失敗してしまいましたが、2回目に転職した今の会社は自分にとてもあっていると思います。憧れていた構築の仕事もできていますし。 転職エージェントを利用することは私にとって非常に有効でした。

転職に成功した高卒の人の体験談

年齢:21歳 転職前 職種:現場監督 年収:250万円 転職後 職種:システムエンジニア 年収:150万円 私はもともとPCに関わる仕事がしたかったのですが、大工の父を継ぐために建設系の高校に進みました。高校を卒業後すぐに就職。現場監督として、いくつかの建物の建設に取り組んでいました。現場監督という仕事への知識もあまりなく、学校に届いた求人を見てそのまま就職したという感じでしたね。 初めは父のように、人の為に働くということを考えて仕事をしていました。仕事はやはり体力的にしんどいし、きついものでしたが、嫌いではありませんでした。休みの日には、弟と出かけて遊んだりもできていましたし。ただ、たまに仕事でたまったストレスを爆発させてしまうこともしばしばあり、弟と飲んだ翌日には弟に「昨日はひどかったよ」なんて言われる日もありましたね(笑) 仕事を続けて1年と少し経った頃。複数かけ持っていた建設が一段落ついたときに、先輩から「それじゃいつまでたっても伸びないぞ、もっと真剣にやれや、今回のはかなり足手まといだったぞ」と言われました。 似たようなことはこれまでも言われていたのですが、 (辞めたいなあ) とは思ってもきっかけがつかめず、ずるずると続けていた感じでしたね。ですがその時は、仕事も一段落ついていたからでしょうか、 (分かった辞めてやる!!) と、随分あっけなく退職を決意しました。 以前から転職サイトは覗いていました。退職後は親の手伝いをしながら、夢であったPCの仕事での転職を目指すことにしました。半年程は大工や塗装業で働きながら、転職活動の準備金にしていました。 転職活動中も、父や大工仲間がアルバイトで私を使ってくれたりしたので、お金には困りませんでした。周囲の人たちには本当に感謝しています。 転職活動は出費も増えるので、以前は実家に入れていた食費も入れられなくなりました。 それでも毎日食事を用意してくれた家族にも、とても助けられましたね。肝心の転職活動の方は、県立の転職センターや、色んな転職サイトを見たのですが、あまりいい求人に出会えず……。 PC関係の仕事で高卒以上という条件となると、待遇面で不満があったり、面接に行ってもいい結果を得られない日々が続きました。 そんなある日、ネットで【愛媛県 システムエンジニア 高卒以上】と検索をかけたところ、上位に出てきた会社が今の転職先です。収入も安定しており、何より自分のやりたかったSEの仕事だったので、すぐに応募しました。 面接では仕事への興味や熱意をアピールし、無事に内定が決まったのです。幸運な出会いだったと思います。 新しい職場で、待ち受けていた状況は。 会社は愛媛県にあったので、近くに引っ越すために荷造りを進めていました。 しかし初出社の日に突然社長から、「KR君静岡支店で働けるか?」と言われ、驚きました。 それでもどっちみち引っ越しをすることには変わらないので、 (今さら愛媛も静岡も変わらんわ!) という謎の気合いで静岡行きを決意したのです(笑)。 しかし、システムエンジニアという仕事は新しく覚えることばかりで、ネットワーク関係の知識が無い私には厳しい世界でした。結果、半年も経たずに愛媛に戻ってくることになってしまったのです……。 自分のふがいなさに落ち込んでいたのですが、上司からは「最初のうちは何もできなくて当たり前だよ」と慰めてもらって。 愛媛に戻ってからは、一からシステムの勉強をさせてもらって、何とかシステム開発の案件に関わることができるようになったのです。 転職を振り返って、今思うこと。これから、目指したいこと。転職サイトやサービスはたくさん利用しましたが、結局のところそれまでの自分のステータスで行けるところを絞り込むしかないと思いました。 今回は「早く就職しないと!」と焦っていたのもあって、ゆっくり転職について考える時間がありませんでした。 私の場合は運よく素敵な会社に出会えたのですが、場合によっては前職よりもっとひどい環境に行っていた可能性もあります。もうちょっと余裕を持って転職活動ができていたらよかったかな、とは思います。 でも今回気づけて良かったのは、地元に縛られず仕事を探せば、世の中には新しい仕事を始めるチャンスがたくさんある、ということです。 なんだかんだ行動し続けていたのが、転職成功の秘訣だった気がします。 今の会社には、素人の私を拾っていただいた恩を感じています。仕事にやりがいもありますし、先輩方とは休日にも遊びに行ったりとコミュニケーションも良好です。今まで一人で行動することが多かった私からは考えられない変化です。 今後は会社への恩返しと自身の成長のために、資格取得、情報技術者試験通過を目指して勉強していきたいです。将来的には、地元・高知に支店を設けられるような人材に成長できたらと思います。 仕事以外でも趣味をもっと充実させて、今まで触れてこなかったことを知り、毎日を楽しんで生きていきたいです。

みんなの転職「体験談」にも体験談や質問などが掲載されているので、もっと見たい場合はチェックしてみてください。

高卒でも高収入を期待できる職種

高卒でも挑戦できる・挑戦しやすい職種をご紹介していきます。転職エージェントに登録する前にある程度、どんな職種に興味があるのか知っておけば、転職活動をスムーズに行えますので見ていきましょう。 まだ何がしたいのか、何に興味があるのか分からないと悩んでいる人は、参考にしてみるといいでしょう。

営業職

営業職は、資格やスキルが無くてもチャレンジしやすい職種の1つなので、高卒でも未経験でも転職しやすいです。ただ、転職しやすいといっても功績を残すには並々ならぬ努力が必要です。 人と話すのが好きなタイプや、どんな場面でも物怖じしない人が向いている職種になるでしょう。挑戦したい方は、相手の話を親身になって聞けるコミニケション力を身に付けておきましょう。

販売・接客

販売や接客のサービス業は、学生や高卒に人気を集める職種です。基本、土日や年末年始は働くことになるので、嫌だという人もいますが、日々のやりがいを感じれる仕事です。 販売や接客の仕事といっても種類はたくさんあるので、自分の興味のある分野のサービス業を探してみることから始めてみるといいでしょう。店舗によっても給料や待遇が異なるので、しっかりと求人内容を見て決めましょう。

IT・WEB関連

IT・WEB関連の職業は、基本的に誰でも転職できる、チャレンジしやすい職種です。また、最近ではプログラマーやテスター、システムエンジニア、WEBデザイナーなどの需要が非常に高く、求人でも「高卒OK」「未経験 OK」であるIT・WEB系の求人がたくさんあります。 経験を積んでいく中で身に付けるスキルが多いので、高卒の人でも実際にやりながら色々と自分の中で学んでいくといいでしょう。エクセル等のソフトを少し勉強しておくと役立ちます。 IT・WEB関連などの技術職に学歴は影響しませんので、心配せずとも大丈夫です。

高卒の転職活動におすすめの資格

転職エージェントに登録して活用する前に、持っておくと役立つスキル・資格についてご紹介していきます。 ご紹介するスキル・資格は、高卒の人でも挑戦しやすいものになるので、自分の興味がある求人に役立ちそうなら是非挑戦してみてください。 他にどんな資格が取れるのか気になるという方は、資格取得サイト「Brush up!」がおすすめです。

TOEIC

TOEICとは、英語のコミュニケーション力を判定する資格です。TOEICの資格を持っていると重宝されるので、面接でも有利に内定を進められることが多いです。 世界共通のスキルになるので、もし海外で働くことがあった場合でも自己PRとして強みになります。また、グローバルな仕事に興味があるなら高卒の早いうちに勉強して挑戦してみるといいでしょう。

秘書検定

秘書検定とは、一般常識やビジネス用語に加えて職場でのマナーや良い印象を与える人間力を身に付けられる資格です。どの職場にも活かされる能力を身に付けられるスキルなので、持っておくと必ず役に立つでしょう。 秘書検定には、3級・2級・準1級があります。高卒から年配の方まで幅広い年代の方が挑戦できる資格です。日常生活でも活かされる知識がたくさんあるので、気になる方は取得しておきましょう。

日商簿記

日商簿記とは、記録・計算・整理の能力を認定するための資格で、大企業かあら中小企業までさまざまな企業で役立つスキルです。高卒から社会人、主婦まで挑戦する人が多い資格です。 中には「日商簿記検定3級」を持っておくことを条件とした企業もあるので、気になる職種で必要かどうか見ておきましょう。ビジネススキルとして持っておけば、挑戦できる職種も広がるのでおすすめです。

高卒向けの転職エージェントを上手に活用して内定を勝ち取ろう

転職エージェントをしっかりと選び、活用すれば高卒の人でもスムーズに転職することは可能です。 転職エージェントを利用する前に身に付けておくといいスキルや高卒向けの職種を参考に、事前準備をしっかりと行い、希望条件や希望年収をクリアできる良い求人を探しましょう。

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング