IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職ノートに必要な8項目|自分だけの転職ノートを完成させよう

更新日:2020年11月07日

転職ノウハウ

転職活動を成功に導く転職ノートの作成を推奨します。これは3つのポイントと8つの項目で、作り上げていけます。しかもこの記事ではなぜ3つのポイントと8つの項目が必要かも解説しているため、理解した上で取り組めることでしょう。ぜひご覧ください。

転職先の面接の予想質問と回答も、転職ノートに入れておくべきです。記載して考えておけば、本番でも緊張せずに対処可能であるためです。 また転職先での面接の質問を予想し回答を決めておくことで、転職先の内実や求めている人材まで見えてくることでしょう。ちなみに、いろいろな企業がありますが同じような質問をしていることも多いため、一つの会社だけでも面接の予想質問と回答を考えておくことを推奨します。

7:企業情報

企業情報も、転職ノートに含めるべきです。企業情報とはすなわち履歴書と面接突破の材料になるため、分析しておくことで新しい戦略が生み出せることでしょう。 例えば企業情報として、どこの分野に力を入れている企業かどこが弱いかを書いておくと良いと述べられます。それに企業情報を調べておくと、面接で企業の人に親近感を持たれやすい熱意も伝わることでしょう。

8:転職に関する情報

転職全般で新しく知った情報を書ける覧も、転職ノートに作っておくべきです。やはり今までの7つの項目を完成させ転職活動をしていく内に、新情報を入手し7つの項目に入らない場合があるからです。 例えば、説明会や面接で転職に役立つ知識や考えが出て来たら今までの7つ以外の覧に書いてみるべきでしょう。また転職の他の新情報や新手法を見出したら、自分なりに新しい項目を作り出すのもします。

転職ノートを作る時のポイント

転職ノートを作る際には、3つのポイントに注意すべきです。なぜなら3つのポイントで、転職ノートのクオリティーがアップするからです。 具体的には、ノートにルーズリーフを利用すべきということと会社情報が見開きであるべきということと見直してもわかるように作るべきということです。3つとも少し注意することでこなせる人が多いため、転職ノートを作る際には取り入れてみると良いでしょう。

ノートはルーズリーフが

転職ノートも、こだわるならルーズリーフを推奨します。やはりルーズリーフなら、紙を増やして後で情報を付け足したり逆に書いたノートで入らなくなった部分を減らしたりしていくことが容易だからです。 たしかに通常の全て繋がっているノートでもノートを増やしたり減らしたりしていけますが、汚くなる可能性があるのでルーズリーフがです。

会社情報は見開きで作る

転職ノートに会社情報を書く際は、見開きで作るべきです。左のページに会社情報を記載し、右のページに会社情報に対する自分の見解を書いていけるためです。 もしも見開きでないノートにした場合、見易さが低下し見直す時間がない場合や直前に読んでわからないという状況になってしまうでしょう。今現在見開きでないノートになってしまっている場合も、時間が許すなら見開きでまとめ直すのをします。

後から見てわかるように作る

転職ノートは見直した際のことも考えて作るのが、望ましいです。なぜなら後から見てもわかるレベルにしていくことで、転職を本質的に理解していけるからです。 例えば、転職のための事柄を調べていたり考えていたりする際には感覚的にわかった気分になってノートを作っている人が多いです。ですが後から読んでみると何のことかわからない場合があるということを考えてみると、後から見てもわかるノートの重要性が把握可能でしょう。

自分だけの転職ノートを作ろう

転職を成功させるために、自分専用の転職ノートの作成が重要であることを解説してきました。それに、自分自身で新しい項目を追加して転職ノートのバージョンアップを図ることの有益さもご説明しました。 そしてこの記事に書かれている作る時のポイントを押さえながら転職ノートに必要な8項目を完成させた場合、転職を有利にスムーズに進められるだけでなく他の転職者と差を付けていくことが可能でしょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

転職準備チェックリストの作成と面接でメモを取って良いかについて、ご説明します。なぜならチェックリストは作っておくと便利で助かりますし、面接でメモが可能かどうかは気になっている人も多いためです。 そして以下の記事で詳しく解説されているため、転職に万全の態勢で取り組むためにも読んでおくと良いでしょう。

次のページ
初回公開日:2018年12月11日

記載されている内容は2018年12月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング