IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職ノートに必要な8項目|自分だけの転職ノートを完成させよう

転職ノウハウ

転職活動を成功に導く転職ノートの作成を推奨します。これは3つのポイントと8つの項目で、作り上げていけます。しかもこの記事ではなぜ3つのポイントと8つの項目が必要かも解説しているため、理解した上で取り組めることでしょう。ぜひご覧ください。

更新日時:

転職ノートとは

転職ノートとは

転職ノートとは、転職のために必要な情報や考え方を最も自分にふさわしい形にまとめ直したものを指します。そもそもいろいろな転職関係の記事や話も自分専用のものではないため、どうしても自分の状況との間でズレが生じるためです。 例えば転職と一口に述べたとしても、男性か女性かや何歳の人かやどこに向かっているかやどのような経歴・職歴かで、意味合いが異なることを考えれば良いでしょう。

必要なもの

必要なもの

転職ノート制作に必要なものは、ノートとシャーペンと書く内容です。ただ市販されているノートを持っていない場合でも、チラシの裏や書ける何かに記載して集めただけでもノートにしていけることでしょう。 また、転職ノートに書く内容も初めは箇条書きでも良いと言えます。なぜなら書く前に調べたり考えたりし過ぎてノートの作成に到達しないケースがあり、とにかく書いてみることでノート作りが始められるためです。

転職ノートに必要な8項目

転職ノートに必要な8項目

転職ノートには、8つの項目を書くことが望ましいです。この8つを書くことで、自分のことだけでなく企業のことも把握できるだけでなく転職活動で具体的に何をしていけば良いかも定まるためです。 そして今までに転職ノートを作成したことがある人も、今回の8項目を含め直すことでより一層充実した内容にしていけるでしょう。

1:転職活動のスケジュール

転職ノートには、転職活動スケジュールを記載すべきです。なぜなら、転職活動のスケジュールを書いておくことで今の仕事やプライベートの予定と被らないようにしていけるだけでなく、転職で次に何を行えば良いかもハッキリするためです。 具体的には、転職先に初めて問い合わせる時期や履歴書などを送る時期や面接や説明会の日程を入れておくと良いでしょう。

2:転職の目的

転職ノートには、自分の転職の目的を書いておくことをおすすめします。日々の仕事や転職活動を行っていると、なぜ自分が転職しようとしているかを忘れてしまうことがあるからです。 それに転職の目的を常に意識しながら転職先の面接や説明会に訪れてこそ、有意義な時間が過ごせることでしょう。また転職の目的を明確にしていき自分の生き方を見つめ直すことで、深い自己分析にも繋がると言えます。

3:今までのキャリア

転職ノートには、今までのキャリアの記載も必要です。なぜなら今までのキャリアとは、自分そのものと言え自分が採用されるかどうかの要因でもあるためです。 また企業側は、他の人と異なる実力を有しているだけでなく会社に役立つ人材を必要しているので、自分のキャリアを書く際も他人との差別化と転職先への有益性を意識すると良いでしょう。

4:将来像

将来どうなりたいかも、転職ノートに含めるべきです。将来像が明確になっていてこそ、どの転職先が望ましいか把握できるためです。そして将来像と転職先の働く条件ができるだけマッチするように、活動をしていくと良いでしょう。 例えば、良さそうな転職先が複数あった場合も自分自身の将来像が明確であればあるほどどこが最適か割り出せると言えます。

5:自己PR

転職ノートには、自己PRも書いておくべきです。なぜなら自分がどんなに素晴らしい経歴や実績を有していたとしても、上手く魅せていかなければ転職先に伝わらないためです。 それに自己PRする点で一番の長所は何かを決めておくと、面接の際にも話易いと言えます。また自分の弱点を認識し弱点をどのように克服していくかも考えておくことで、面接の際に成長する人材であると思わせられることでしょう。

6:面接の予想質問と回答

転職先の面接の予想質問と回答も、転職ノートに入れておくべきです。記載して考えておけば、本番でも緊張せずに対処可能であるためです。 また転職先での面接の質問を予想し回答を決めておくことで、転職先の内実や求めている人材まで見えてくることでしょう。ちなみに、いろいろな企業がありますが同じような質問をしていることも多いため、一つの会社だけでも面接の予想質問と回答を考えておくことを推奨します。

7:企業情報

企業情報も、転職ノートに含めるべきです。企業情報とはすなわち履歴書と面接突破の材料になるため、分析しておくことで新しい戦略が生み出せることでしょう。 例えば企業情報として、どこの分野に力を入れている企業かどこが弱いかを書いておくと良いと述べられます。それに企業情報を調べておくと、面接で企業の人に親近感を持たれやすい熱意も伝わることでしょう。

8:転職に関する情報

転職全般で新しく知った情報を書ける覧も、転職ノートに作っておくべきです。やはり今までの7つの項目を完成させ転職活動をしていく内に、新情報を入手し7つの項目に入らない場合があるからです。 例えば、説明会や面接で転職に役立つ知識や考えが出て来たら今までの7つ以外の覧に書いてみるべきでしょう。また転職の他の新情報や新手法を見出したら、自分なりに新しい項目を作り出すのもおすすめします。

転職ノートを作る時のポイント

転職ノートを作る時のポイント

転職ノートを作る際には、3つのポイントに注意すべきです。なぜなら3つのポイントで、転職ノートのクオリティーがアップするからです。 具体的には、ノートにルーズリーフを利用すべきということと会社情報が見開きであるべきということと見直してもわかるように作るべきということです。3つとも少し注意することでこなせる人が多いため、転職ノートを作る際には取り入れてみると良いでしょう。

ノートはルーズリーフがおすすめ

ノートはルーズリーフがおすすめ

転職ノートも、こだわるならルーズリーフを推奨します。やはりルーズリーフなら、紙を増やして後で情報を付け足したり逆に書いたノートで入らなくなった部分を減らしたりしていくことが容易だからです。 たしかに通常の全て繋がっているノートでもノートを増やしたり減らしたりしていけますが、汚くなる可能性があるのでルーズリーフがおすすめです。

会社情報は見開きで作る

会社情報は見開きで作る

転職ノートに会社情報を書く際は、見開きで作るべきです。左のページに会社情報を記載し、右のページに会社情報に対する自分の見解を書いていけるためです。 もしも見開きでないノートにした場合、見易さが低下し見直す時間がない場合や直前に読んでわからないという状況になってしまうでしょう。今現在見開きでないノートになってしまっている場合も、時間が許すなら見開きでまとめ直すのをおすすめします。

後から見てわかるように作る

後から見てわかるように作る

転職ノートは見直した際のことも考えて作るのが、望ましいです。なぜなら後から見てもわかるレベルにしていくことで、転職を本質的に理解していけるからです。 例えば、転職のための事柄を調べていたり考えていたりする際には感覚的にわかった気分になってノートを作っている人が多いです。ですが後から読んでみると何のことかわからない場合があるということを考えてみると、後から見てもわかるノートの重要性が把握可能でしょう。

自分だけの転職ノートを作ろう

自分だけの転職ノートを作ろう

転職を成功させるために、自分専用の転職ノートの作成が重要であることを解説してきました。それに、自分自身で新しい項目を追加して転職ノートのバージョンアップを図ることの有益さもご説明しました。 そしてこの記事に書かれている作る時のポイントを押さえながら転職ノートに必要な8項目を完成させた場合、転職を有利にスムーズに進められるだけでなく他の転職者と差を付けていくことが可能でしょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

転職準備チェックリストの作成と面接でメモを取って良いかについて、ご説明します。なぜならチェックリストは作っておくと便利で助かりますし、面接でメモが可能かどうかは気になっている人も多いためです。 そして以下の記事で詳しく解説されているため、転職に万全の態勢で取り組むためにも読んでおくと良いでしょう。

関連タグ

アクセスランキング