IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職ノートに必要な8項目|自分だけの転職ノートを完成させよう

更新日:2020年11月07日

転職ノウハウ

転職活動を成功に導く転職ノートの作成を推奨します。これは3つのポイントと8つの項目で、作り上げていけます。しかもこの記事ではなぜ3つのポイントと8つの項目が必要かも解説しているため、理解した上で取り組めることでしょう。ぜひご覧ください。

転職ノートとは

転職ノートとは、転職のために必要な情報や考え方を最も自分にふさわしい形にまとめ直したものを指します。そもそもいろいろな転職関係の記事や話も自分専用のものではないため、どうしても自分の状況との間でズレが生じるためです。 例えば転職と一口に述べたとしても、男性か女性かや何歳の人かやどこに向かっているかやどのような経歴・職歴かで、意味合いが異なることを考えれば良いでしょう。

必要なもの

転職ノート制作に必要なものは、ノートとシャーペンと書く内容です。ただ市販されているノートを持っていない場合でも、チラシの裏や書ける何かに記載して集めただけでもノートにしていけることでしょう。 また、転職ノートに書く内容も初めは箇条書きでも良いと言えます。なぜなら書く前に調べたり考えたりし過ぎてノートの作成に到達しないケースがあり、とにかく書いてみることでノート作りが始められるためです。

転職ノートに必要な8項目

転職ノートには、8つの項目を書くことが望ましいです。この8つを書くことで、自分のことだけでなく企業のことも把握できるだけでなく転職活動で具体的に何をしていけば良いかも定まるためです。 そして今までに転職ノートを作成したことがある人も、今回の8項目を含め直すことでより一層充実した内容にしていけるでしょう。

1:転職活動のスケジュール

転職ノートには、転職活動スケジュールを記載すべきです。なぜなら、転職活動のスケジュールを書いておくことで今の仕事やプライベートの予定と被らないようにしていけるだけでなく、転職で次に何を行えば良いかもハッキリするためです。 具体的には、転職先に初めて問い合わせる時期や履歴書などを送る時期や面接や説明会の日程を入れておくと良いでしょう。

2:転職の目的

転職ノートには、自分の転職の目的を書いておくことをします。日々の仕事や転職活動を行っていると、なぜ自分が転職しようとしているかを忘れてしまうことがあるからです。 それに転職の目的を常に意識しながら転職先の面接や説明会に訪れてこそ、有意義な時間が過ごせることでしょう。また転職の目的を明確にしていき自分の生き方を見つめ直すことで、深い自己分析にも繋がると言えます。

3:今までのキャリア

転職ノートには、今までのキャリアの記載も必要です。なぜなら今までのキャリアとは、自分そのものと言え自分が採用されるかどうかの要因でもあるためです。 また企業側は、他の人と異なる実力を有しているだけでなく会社に役立つ人材を必要しているので、自分のキャリアを書く際も他人との差別化と転職先への有益性を意識すると良いでしょう。

4:将来像

将来どうなりたいかも、転職ノートに含めるべきです。将来像が明確になっていてこそ、どの転職先が望ましいか把握できるためです。そして将来像と転職先の働く条件ができるだけマッチするように、活動をしていくと良いでしょう。 例えば、良さそうな転職先が複数あった場合も自分自身の将来像が明確であればあるほどどこが最適か割り出せると言えます。

5:自己PR

転職ノートには、自己PRも書いておくべきです。なぜなら自分がどんなに素晴らしい経歴や実績を有していたとしても、上手く魅せていかなければ転職先に伝わらないためです。 それに自己PRする点で一番の長所は何かを決めておくと、面接の際にも話易いと言えます。また自分の弱点を認識し弱点をどのように克服していくかも考えておくことで、面接の際に成長する人材であると思わせられることでしょう。

6:面接の予想質問と回答

初回公開日:2018年12月11日

記載されている内容は2018年12月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング