IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職理由の書き方・例文5つ|上手にまとめる方法5つ

転職ノウハウ

転職理由を考える時、一から考えると色々な考えが浮かんできて整理しきれなくなることがありませんか。この記事では転職理由について、例文をあげながら転職理由の書き方やどのようにまとめればいいのかについて順を追って解説しました。参考にしてください。

更新日時:

転職理由を聞かれる意味

会社が人を採用するときは、できるだけ長く自社で活躍して欲しい、と考えています。そして、長く活躍してもらうためには、究極的には「仕事ができる、またはできる人になる可能性を秘めている」ことが要求されます。 つまり、転職理由を聞くのは、履歴書や職務経歴書だけでは見えにくい「仕事ができる人」かどうかを見るためである、といえます。 そしてその判断は、主に以下の3点によって総合的に判断されます。個別に見ていきましょう。

人柄や意欲をチェック

ここで言う人柄とは、「積極的な人か」ということです。つまり、自ら進んで取り組む姿勢や、問題点を改善して行く意欲を持っているかということです。 例えば転職理由として「給料が安い」「残業が多い」などだけだと、「その改善のための行動もしないで転職したがっているのかな」と捉えられてしまいます。 よく言われる「転職理由はポジティブに」というのは、積極性のアピールでもあるということです。詳しくは後ほど例文を挙げます。

仕事へのモチベーションを確認

会社が人を採用するのは「仕事をしてもらうため」です。仕事に対する積極的な姿勢が感じられない人は採用したいとは考えません。 そして、積極的な姿勢があるか否かの判断材料として転職理由を聞く、ということです。応募者の転職理由に仕事に対する積極性が感じられなければ、その段階で話は終わってしまうでしょう。 この後例文を挙げますが、例えば「今の仕事にやりがいを感じない」だけだと積極性が全く感じられません。

同じ転職理由で辞めないか確認

転職理由とは究極的にはその人の行動傾向であるともいえます。採用担当者は転職理由を通して「この人はどんな時に転職したいと思うのか」まで見ているということです。 そして、理由の中に自社にも当てはまりそうなことが出てくると「ウチに入ってもまた辞めるんじゃないか?」と判断されます。 ですので、転職理由は自分が目指すべきゴールについて触れる必要がある、ということです。後ほど例文を挙げます。

転職理由の書き方・例文5つ

転職理由によって企業はこちらの可能性を総合的に判断しています。そしてその可能性は、「積極性があるか」で判断されます。ということは、転職理由に挙げるのは「積極性を感じさせる」内容である必要がある、ということです。 この項では、「積極性を感じさせる」ための転職理由について、例文をあげながら考えていきます。例文を参考に転職理由を深掘りして考えてみましょう。

転職理由の書き方

転職理由は積極性を感じさせる必要がありますが、同時に採用担当者に伝わるように書かなければ意味がありません。 そして積極性を伝えるには、ケースごとにポイントがあります。そのポイントも踏まえつつ例文を構成しています。ご自分のケースに当てはめながら例文を見ていくとイメージが湧きやすいでしょう。

転職理由の例文5つ

転職理由は人によりけりです。消極的な理由で転職を考えている人も実際には多いでしょう。それはそれで構わないのですが、ストレートに言ってしまうとアウトです。肝心なのは「いかに積極性を感じさせる言葉に変換するか」です。 ここでは例文を5つ挙げてその変換のポイントを含めてみていきます。

例文1:人間関係が理由の場合

例えば転職理由が「上司とそりが合わない」だとします。ここでのポイントは「改善のために自ら働きかけたかどうか」です。例文を挙げます。 「上司に欠点ばかり指摘され、自分の成長を感じられませんでした。質問をしてもまともに取り合ってもらえず、周りの人に相談しても『我慢しろ』で終わってしまい、改善の気配がない状況が続いていました。 自分の成長を実感できる環境に身を置きたいと思い転職を決意しました。」

例文2:収入が少ない

転職理由が収入の場合は「自分は収入以上に働く人間だ」ということをアピールしましょう。ポイントは具体例を出す事です。例文を見てください。 「年齢なりに確実にスキルアップしていますが、収入の面でほとんど評価されません。例えば○○というプロジェクトの一員として~(具体例)。上司に相談してみましたが『カネのことは考えるな』と一蹴されました。 自分の成長をきちんと見てくれる会社で実力を発揮したく転職を決意しました」

例文3:労働時間や休日など

労働条件に関しては、「余りにきついとパフォーマンスが落ちてしまう」という方向から転職理由を構成しましょう。例文はこんな感じです。 「毎日残業が続き、その疲れからさらに残業してしまう、という悪循環に陥っていました。仕事の効率化を考えたり、スキルアップのための学習などに時間をさけず、このままでいいのだろうか、という思いが強くなってきました。 ある程度時間の余裕がある中でもっと仕事の質をあげたいと考え転職を決意しました。」

例文4:仕事内容に不満がある場合

今の仕事がつまらない、という転職理由でも、積極的な理由に変換すれば何も問題ありません。ポイントは「自分の理想像」を織り込む事です。例文を見てみましょう。 「お客さんとのかかわりの中で自分の対人スキルをあげ、頼られる営業マンになりたかったのですが、現状はご用聞きのような仕事に忙殺されてしまっています。もっとお客さんと踏み込んだ関係を築き、多くの価値を与えられるようになりたいと考え転職を決意しました。」

例文5:やむを得ない事由の場合

転職理由が会社都合や家庭の事情(親の介護など)の場合でも、積極的にとらえればむしろアピール効果はあるでしょう。ポイントは「これはチャンスだ」と捉える事です。例文を見てみます。 「○○の事情で転職を検討することになりました。ただ、私はこれを逆に『新しいスキルを身に付けるチャンスだ』と受け止めました。そこで、今までの新規開拓営業の経験を活かし、得意先への提案営業という新しいスキルを身に付けたいと考えました」

転職理由を上手にまとめる方法5つ

転職理由の例文で見てきたとおり、転職理由は企業にアピールするような内容に変換する必要があります。ある意味、企業の採用担当者には、自分は「商品」として見られている、という冷めた視点が必要です。 そして、自分という「商品」をどう売り込むかを考えるには、自分の中での転職理由をわかりやすくまとめることが重要です。なぜなら面接という限られた時間の中で最大限に自分を売り込まなければならないからです。

方法1:根本的な理由を書き出す

まずは、そもそもなぜ転職したいのかを自分の中ではっきりさせておくことです。ここは私的な転職理由でも構いません。例えば例文でも挙げた「収入が少ない」「残業が多い」などです。 ここをはっきりさせると、自分が仕事に何を求めているのかが見えてきます。「仕事に見合った収入が欲しい」「仕事だけでなくプライベートも充実させたい」など、要は自分の「仕事観」を知っておきましょう、ということです。

方法2:ポジティブに書き換える

根本的な転職理由が見えたら、例文で挙げたように「ポジティブ(積極的)な理由」に変換しましょう。例文で大体の感じは掴んでもらえたでしょう。 ポジティブというのは、同じものを別の角度から見るということです。例えば例文で紹介したような「収入が不満」という転職理由だとしたら、「自分のスキルに見合う収入が欲しい」と変換すれば「スキルをあげることにフォーカスしている人なんだな」とプラスに受け止めてもらえます。

方法3:この先どうなりたいのか

ゴール、すなわち自分が仕事を通じてどうなりたいのか、を考えておくことも重要です。ゴールが見えていれば転職理由もおのずとポジティブになっていくでしょう。。 そしてポイントは、全ての話が最終的にそのゴールにつながるように構成しておく、ということです。例えばゴールが「多くのお客さんが何でも相談してくれる営業マン」だとすると、今のままではそうなれる可能性が低い、という部分を強調すればいいということです。

方法4:今の会社で実現できないか

今のままでは「本当に」そのゴールを実現できないのかを、今一度立ち止まって考えてみましょう。特に転職理由が不満から始まっている場合は、単に今の状況が嫌だから、というだけの可能性もあります。 例文のようにポジティブな転職理由に変換したとしても、ネガティブな本音は伝わってしまいます。ですので、今のままでは自分の目指すゴールにはたどり着けない、と心底思えるようになるために、もう一度今の会社に居続ける事はできないか、をじっくり考えましょう。

方法5:なぜ応募する会社なら実現できるのか

そして最後に、応募しようとしている会社なら実現できる、と考えた理由をはっきりさせておきましょう。ここはいわゆる「志望動機」になります。 転職理由と志望動機も表裏一体のものですから、例文で挙げたように転職理由を積極的なものに変換しておけば、志望動機もおのずと「貴社でなら私の能力を最大限発揮できます」と自然にアピールする事ができます。 一時の感情に流されず、じっくりと転職理由を考えることが一番の近道であるということです。

例文を参考に転職理由を考えよう

例文で挙げたように、転職理由を積極的な、ポジティブなものにするのはそれほど難しいことではありません。なぜなら、視点を変えるだけだからです。 誰でも経験した分だけの知識やスキルは身についています。その部分にフォーカスして考えれば、「こんな仕事に挑戦してみたい」「このスキルを○○という分野にも生かせるんじゃないか」とアイディアが湧いてきます。それを実現させたい、それが転職理由の本質である、と言えるでしょう。

この記事に関する情報もチェックしよう!

本記事で挙げた転職理由の例文以外にも、以下の記事が参考になります。多くの例文を見てみれば、「これは自分に近い」というものが見つかるでしょう。それをヒントに自分なりの転職理由をしっかり構成しておきましょう。

関連タグ

アクセスランキング