IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ホテルマンに転職するために必要なこと5つ|ホテル業界の現状

初回公開日:2018年12月11日

更新日:2020年11月06日

記載されている内容は2018年12月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

就活の業界・企業研究

ホテルマンになりたいから転職したいと考えることはありませんか。ホテルマンに転職する際には必要な学歴とは何か、転職するために必要なことをご紹介します。ホテルマンの職種4つとホテル業界の現状もお伝えしますので、転職の際の参考にしてみてください。

5:清潔感がある

清潔感を求められるのがホテルマンの転職では必要です。ホテルでは常に清潔な環境を提供することが求められる場所です。 部屋でもトイレでもレストランも清潔でなければお客は利用しなくなるでしょう。ホテルの顔であるホテルマンの身だしなみが整っており、清潔感があることは当たり前です。 髪型に服装、メイク、ネイルなどが落ち着いたものを選ぶことができる人はルールを守れると感じ、ホテルは転職の際に採用するでしょう。

ホテルマンの職種

ホテルマンの職種にはどのようなものがあるか知りたい人は多いのではないでしょうか。これからホテルで働きたいと考える人にもわかり易く、どのような職種があるのか、転職に役立つ情報を4つご紹介します。

フロントクラーク

ホテルに転職する人が一番なりたい職種はフロントクラークです。主な仕事内容はお客から宿泊したい予約日とプラン、必要なサービスを聞くリザベーション、手続きやサービスをするレセプションを行います。 また、各種案内をしたり、宿泊客の会計、宿泊客に聞かれれば部屋の間取りから夕食内容、風呂の効能などの説明、貴重品を預かるなど、ホテルの中でも一番色々な内容をこなすことが多い職種です。

ドアマン

ホテルの玄関に立ってお客様を出迎えるドアマンの仕事は、宿泊客の荷物を車から出し、フロントまで持って行くのも大事な仕事です。 ホテルによっては駐車場で車を駐車できる場所まで案内し、そこから荷物を運び、客をホテルの玄関まで案内することもあります。 ホテルのドアを素早く開けておき、お客様を笑顔で出迎えるドアマンは、気が利き、テキパキと行動できる人を採用します。

ベルボーイ

男性がホテルの転職の際になりたいと考えるのがベルボーイです。このベルボーイの仕事は、宿泊客が到着したことをフロントにベルを鳴らして知らせるのが仕事となります。 フロントで宿泊の手続きを終えた客の荷物を持ち、部屋まで案内する仕事をしたり、荷物を一時的に預かるのも大事な仕事です。男性の場合はベルボーイと言いますが、女性の場合はベルガールと呼ぶことが多いでしょう。

ホテルコンシェルジュ

ホテルコンシェルジュは、宿泊客の要望や質問に、丁寧、親切に答える仕事です。総合案内などをしたり、宿泊客がホテルで貴重品を紛失した時は相談にのり、探す手配をします。 宿泊客に観光したいスポットを聞かれれば客を満足させる観光スポットコースを考え、詳しく教えるでしょう。美味しい料理を出す店を探す、客同士のトラブルを仲裁するなど、客の要望、問題に答える大事な仕事です。

ホテル業界の現状

ホテル業界の現状
※画像はイメージです
出典: https://unsplash.com

最近のホテル業界の現状はどのようなものか気になる人も多いでしょう。不景気の時代はサービス業、特に、ホテル業界はかなり影響を受けやすい業界です。 そんなホテル業界の現状はどのような状態になっているのかご紹介しますので、転職の際の参考にしてみてください。

ホテルマンの離職率

景気の良い時代も悪い時代も、ホテルマンの離職率は高い傾向にあります。繁盛期の時は大勢の客が宿泊するためにホテルマンの仕事は忙しく、体力的にも続かずに転職します。 酔っ払いの客のトラブル処理からクレーム対処、業者の手配に式場の準備の手伝いなど、色々な仕事でストレスが溜まり、転職してしまう人が多い現実があります。 また、一日中ずっと立ちっ放しの仕事であるため、体力的にも疲れて、転職してしまう人も多いです。

関連タグ

アクセスランキング