IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ホテルマンに転職するために必要なこと5つ|ホテル業界の現状

就活の業界・企業研究

ホテルマンになりたいから転職したいと考えることはありませんか。ホテルマンに転職する際には必要な学歴とは何か、転職するために必要なことをご紹介します。ホテルマンの職種4つとホテル業界の現状もお伝えしますので、転職の際の参考にしてみてください。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

ホテルマンとは

ホテルマンとは、ホテルで働く人のことを言います。ホテルマンの職種には、フロントクラークやドアマン、ベルボーイ、ホテルコンシェルジュなどがあります。 このホテルマンの主な仕事は、宿泊予約の管理や調整の他に、宿泊客に対し、ホテル館内や部屋への案内、宿泊サービスの提供から案内などをします。 24時間営業のホテルでは、常に宿泊客のことを考えて、よりいいサービスを提供することを考えて働いています。

ホテルマンへ転職するために必要な学歴

ホテルマンへ転職するために必要な学歴は、高卒の学歴が必要となります。中卒の学歴でも採用するホテルはありますが、ほとんどが高卒の学歴は必要となるでしょう。 地方のホテルやシティホテル、独立系のホテルなどでは、比較的学歴の面で採用されやすい状況にありますので、高卒でも採用するところは多いです。 ですが、都市部の外資系のホテルでは、専門学校か短大、大卒の学歴がなければ、面接すら受けれない場合があります。

ホテルマンへ転職するために必要なこと

自分もホテルマンとしてビシッと素敵な制服を着て、ホテルで働きたいと考えることがあるでしょう。そんなホテルマンへ転職するために必要なこととはどのようなことか、5つご紹介します。

1:語学力

最近では、外国人の宿泊客も増えていますから、地方のホテルでも挨拶から電話での受け答えを外国語で話せるように、語学教室を行っている所も増えています。 外資系のホテルでは特に、外国人へのサービスを英語で話すことが求められますから、英会話教室やオンライン教室、テキストを買い、勉強することが転職には必要となるでしょう。中国人の宿泊客も多いので、中国語ができる人は、転職に有利となるホテルが多く見られます。

2:常識

常識を身に付けることが求められるのが、ホテルマンに転職するために必要なことができます。ホテルマンになるには、挨拶がきちんとできるのはもちろんのこと、廊下を走らない、ドアを開けたら閉めるなど、基本的なことを知っている人が求められることが多いです。 また、外国人に対してのマナーや会話をする上で使ってはいけないフレーズ、出してはいけない食べ物なども知る人を、外資系のホテルの転職では特に求められるでしょう。

3:厳しいルールを守れる

厳しいルールを守れる人をホテルマンの転職には必要です。ルールとは、ホテルで決められたルールに従うことができ、きちんと守ることができる人はマナーも良く、学ぶ姿勢もあるところが採用され易いでしょう。 年上の先輩ホテルマンの言うことをよく聞き、ホテルの秘密事項を口外しない、お客様のプライバシーを守ることも大事です。 ホテルの厳しいルールでも根をあげずに働ける人が、ホテルに転職してくれることを求めています。

4:記憶力

記憶力が求められるのがホテルマンの転職では大事なことです。ホテルでは、何月何日の何曜日、何号室に何人、どのような家族構成の人が宿泊するか覚えなければなりません。 また、夕食にはカニを使わないと覚え、調理場に伝える、ガウンは他のサイズに交換するなど覚える項目は多いですから、記憶力の良さを求められるでしょう。 フロントは宿泊費の計算から会計を素早くできる計算力も求められる、ホテルマンの転職では必要です。

5:清潔感がある

清潔感を求められるのがホテルマンの転職では必要です。ホテルでは常に清潔な環境を提供することが求められる場所です。 部屋でもトイレでもレストランも清潔でなければお客は利用しなくなるでしょう。ホテルの顔であるホテルマンの身だしなみが整っており、清潔感があることは当たり前です。 髪型に服装、メイク、ネイルなどが落ち着いたものを選ぶことができる人はルールを守れると感じ、ホテルは転職の際に採用するでしょう。

ホテルマンの職種

ホテルマンの職種にはどのようなものがあるか知りたい人は多いのではないでしょうか。これからホテルで働きたいと考える人にもわかり易く、どのような職種があるのか、転職に役立つ情報を4つご紹介します。

フロントクラーク

ホテルに転職する人が一番なりたい職種はフロントクラークです。主な仕事内容はお客から宿泊したい予約日とプラン、必要なサービスを聞くリザベーション、手続きやサービスをするレセプションを行います。 また、各種案内をしたり、宿泊客の会計、宿泊客に聞かれれば部屋の間取りから夕食内容、風呂の効能などの説明、貴重品を預かるなど、ホテルの中でも一番色々な内容をこなすことが多い職種です。

ドアマン

ホテルの玄関に立ってお客様を出迎えるドアマンの仕事は、宿泊客の荷物を車から出し、フロントまで持って行くのも大事な仕事です。 ホテルによっては駐車場で車を駐車できる場所まで案内し、そこから荷物を運び、客をホテルの玄関まで案内することもあります。 ホテルのドアを素早く開けておき、お客様を笑顔で出迎えるドアマンは、気が利き、テキパキと行動できる人を採用します。

ベルボーイ

男性がホテルの転職の際になりたいと考えるのがベルボーイです。このベルボーイの仕事は、宿泊客が到着したことをフロントにベルを鳴らして知らせるのが仕事となります。 フロントで宿泊の手続きを終えた客の荷物を持ち、部屋まで案内する仕事をしたり、荷物を一時的に預かるのも大事な仕事です。男性の場合はベルボーイと言いますが、女性の場合はベルガールと呼ぶことが多いでしょう。

ホテルコンシェルジュ

ホテルコンシェルジュは、宿泊客の要望や質問に、丁寧、親切に答える仕事です。総合案内などをしたり、宿泊客がホテルで貴重品を紛失した時は相談にのり、探す手配をします。 宿泊客に観光したいおすすめスポットを聞かれれば客を満足させる観光スポットコースを考え、詳しく教えるでしょう。美味しい料理を出す店を探す、客同士のトラブルを仲裁するなど、客の要望、問題に答える大事な仕事です。

ホテル業界の現状

最近のホテル業界の現状はどのようなものか気になる人も多いでしょう。不景気の時代はサービス業、特に、ホテル業界はかなり影響を受けやすい業界です。 そんなホテル業界の現状はどのような状態になっているのかご紹介しますので、転職の際の参考にしてみてください。

ホテルマンの離職率

景気の良い時代も悪い時代も、ホテルマンの離職率は高い傾向にあります。繁盛期の時は大勢の客が宿泊するためにホテルマンの仕事は忙しく、体力的にも続かずに転職します。 酔っ払いの客のトラブル処理からクレーム対処、業者の手配に式場の準備の手伝いなど、色々な仕事でストレスが溜まり、転職してしまう人が多い現実があります。 また、一日中ずっと立ちっ放しの仕事であるため、体力的にも疲れて、転職してしまう人も多いです。

ホテルマンの給料

1年を通してのホテルマンの給料は、20代男性であれば平均して26万から27万円になります。しかし、この給料は大阪や東京などの都市部の平均であり、地方に行けば低くなる場合があります。 1年を通して一定のホテルもありますが、閑散期、繁盛期、通常期により、給料に違いが出てくるホテルもあるでしょう。 繁盛期と閑散期では15万以上の差が出るなど、バラつきが見られて、転職をしてしまうホテルマンは多いです。

憧れのホテルマンに転職しよう

あなたも憧れのホテルマンに転職してみましょう。語学力を高め、一般常識を身に付ける、厳しいルールを守るなどして格好良くホテルに勤めてみれば、楽しく働くことができます。 フロントやドアマン、ベルマンなど色々な職種がありますから、自分に合うものを選び、働いてみてください。 働いているうちに色々なスキルを身に付け、ホテルに求められるホテルマンになります。転職して良かったと感じるよう、ホテル選びをしましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

ホテルマンに転職するために必要なことの関連記事、ホテルフロントへの志望動機の書き方やホテルへの志望動機の書き方をチェックしてみましょう。 面接の際にしっかりした志望動機を書いた履歴書を提出し、動機を伝えることで、よりホテルマンに採用されやすくなります。

関連タグ

アクセスランキング