IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

外資系に向いている人の特徴5つ|必要なスキル3つ

業界・企業研究

もし外資系企業への転職を希望されているようでしたらチェックしてほしい内容です。外資系に向いている人が持っている特徴5つをメインに、外資系にとって必要なスキル3つ、未経験者でも外資系に転職できるのかなどの、外資系企業への転職ノウハウについてです。

更新日時:

未経験で外資系に転職できるのか

未経験で外資系に転職できるのか

誰しも、転職を考えた時に、どのような企業に行こうかとイメージした経験はあるはずです。中でも外資系企業への憧れを抱いた方も少なくないのではありませんか。特に転職未経験者にとってみたら、外資系企業は目の上の存在に思われていると言えます。 今回は外資系企業への転職をテーマにした内容でお送りします。まずは、未経験者でも外資系企業への転職が可能なのかどうかについてです。

未経験でも採用されやすい業界

未経験でも採用されやすい業界

一般的には外資系企業への転職は、さまざまなハードルの高さを痛感させるので、割と厳し眼な選択だと思われています。しかしそれは選ぶ業種や条件次第です。必ずしもそれだけに限ってはいません。 未経験者でも外資系企業への転職を志して、成功させている事例もたくさんあります。では具体的にどのような条件や環境の下でなら、未経験者でも可能性が見えてくるのでしょうか。

製薬企業の営業担当

未経験者でも比較的に採用の門徒を広げている業種は、何と言っても営業職です。常にその企業の顔であり手足となって動く部署、人事異動なども活発に行われています。中でもおすすめな業界は製薬関連の外資系企業です。 市場規模拡大の傾向が強く競争も激化しています。常に人材を求めています。製薬関係といえば、MR(Medicinal Representative)という職種があり、未経験者が採用されやすいとされています。

保険会社の営業担当

外資系企業も積極的に国内で展開している業界の一つが保険業界です。知識を多く持つ人材も強みになりますが、やはり保険も営業がメインです。人との関わりが好きな方にとって活躍のチャンスも広がりやすいといえます。また保険業界は、平均年齢が30代後半〜45歳程度なので比較的に高い傾向があり、特に未経験な転職者にとっても条件が合いやすい特徴があります。

コンサルタント

コンサルタント業界とは、クライアントの問題解決に当たる職種です。対人スキル、業界知識、文書作成能力といったスキルの高さが求められています。その理由から、コンサルタント業界は、新卒採用よりも社会経験豊富な中途採用を重視する傾向があります。 しかし注意点として、外資系コンサルタントの風潮には「結果重視」という雰囲気があります。結果が出せないと簡単に解雇されてしまう可能性もあります。

外資系に向いている人の特徴5つ

外資系に向いている人の特徴5つ

外資系企業に転職する際、特に未経験者が注目してほしいのは、どのような性格や特徴の持ち主が成功しやすいかという点です。以下では、外資系企業への転職に向いている人の、5つの特徴についてご紹介します。 必ずしもこうでなければならないというものばかりではありませんが、まずは必要な部分は伸ばしたり、足りない部分をどう補うかというバロメータにしてもらえれば幸いです。

特徴1:自分の実績で評価されたい

日本の企業も随分と変わってきましたが、まだまだ年功序列や男社会の悪習が蔓延っている面も否めません。頑張っても上司の気分で評価してもらえないという負の部分も残っています。休日に上司や接客のためにゴルフ、飲み会に参加しなければならないといったことも想定されます。 しかし外資系企業ではほとんどありえません。自分の結果で評価されたい、公私混同したくなくないという方にとって外資系企業への転職は向いています。

特徴2:向上心がある

特徴2:向上心がある

日本企業には今でも資格所持者を神格化する傾向があります。しかし外資系の場合、特殊な状況を覗いてはほとんどあり得ません。また、定時で帰宅もでき、自由に自分の時間を使えるという利点があります。 なので向上心を持って、勤務時間外に何を自分がするのかを考えている人に向いています。同僚と毎晩居酒屋に行って仕事の愚痴をこぼすのではなく、スキル向上のために時間を有効化できる人が望ましいと言えます。

特徴3:キャリアアップしたい

仕事をつうじて上昇志向を持っている人こそ外資系企業への転職が向いています。そういった環境を与えてくれやすいというのも外資企業の持っている特徴です。必要なスキルを備えれば、希望するプロジェクトリーダーとして認定してくれるケースも多々あり、チャンスをもらえキャリアアップが可能です。 未経験から入社したとしても、野心を持っていれば、自然とスキルを伸ばせるのが外資系の強みです。

特徴4:波に乗れる柔軟性が持てる

特徴4:波に乗れる柔軟性が持てる

外資系企業では、社長やCEOなどのトップから方針や組織変更、改革などの命令が出て、即時に実施されることがあります。それは命題とも言え、急な方向変換であろうとも問答無用でスタートされます。今までの業務とは意に反した内容でも従って仕事を行わなければなりません。 波に向かって逆らうことは得策とは言えません。ドラマのような世界を実現させたいのであれば、自らが昇進して社長に意見できる立場になることです。

特徴5:心身ともにタフであること

前述のように、外資系企業の場合、急な方針の変換や人事異動などが恒常的な世界です。自分がやりたい仕事ややりがい、温床化した環境がいつまでも続くと思わないほうがよいでしょう。あっという間に組織や状況が変わることもあり、その度にリセットしながら調整していくことになります。それなりにタフでなければならないと言えます。

外資系に転職するために必要なスキル3つ

外資系に転職するために必要なスキル3つ

未経験者を中心に外資系企業への転職を志すには、どのようなスキルや条件をあらかじめ備えておくと有利なのでしょうか。ここでは、外資系企業への転職に関わる主なスキルについてご紹介します。未経験者であろうと経験者であろうと、ほぼ一緒な内容も含まれています。

スキル1:語学力

外資系企業なので語学力が絶対という印象をもたれるはずです。しかし最初から未経験者や新入社員への高いスキルは求めていないことのほうが現状です。外資系といえども土壌は日本国内です。普段は周囲とも日本語で会話をすることがメインです。 ただしこれはその企業によりけりですし、年数を重ねて出世するようになれば、海外とのやり取りも想定されますから、語学力のアップをモチベーションに励むことは大切な心がけです。

スキル2:コミュニケーション力

スキル2:コミュニケーション力

語学力よりも社会人としての実務経験を重視するケースもあります。例えば専門知識が備わっていて、語学力がさほど高くなくても技術や知識といったポイントを伝えられる能力のほうが重視されます。 それに、周囲の人々との関わりで毎日が過ぎていくのですから、コミュニケーション能力はそれなりに持っている常識人でなくてはなりません。いくら成果主義の外資系だとはいえ、人と人との関係性がなくては仕事は成り立ません。

スキル3:時間を逆算して考える計画性

かつての日本企業は、残業をして働く態度を主張する傾向がありました。それに年功序列を尊ぶ風潮もありました。それがかえって仕事の効率化を阻めていました。一方、外資系企業の社員は、仕事とプライベートのバランスが重視される傾向があります。 未経験の転職者であろうとも、勤務時間が評価とはされません。あくまでも仕事内容や成果が評価になります。そのためには、逆算して仕事をこなす時間効率を念頭に置く必要があります。

未経験でも外資系に転職することは可能

未経験でも外資系に転職することは可能

以上、外資系企業への転職者についての傾向とスキルを中心にお送りしました。転職未経験者にとって、外資系企業はハードルが高いのかと言えば、必ずしもそうとは限らないと言えます。選ぶ業種や職種にもよります。なので未経験だからとしり込みする必要はありません。 事前に募集要件などを細かくチェックし、ここなら行けそうだという外資系へチャレンジしてみることをおすすめします

この記事に関連する情報もチェックしよう!

未経験者でも経験者でも、外資系企業へ憧れを抱く人はたくさんいることでしょう。しかし転職は人生の分岐点ですから、ぜひ慎重に考えて行動してください。他にも外資系企業を中心とした記事がありますので、ぜひご覧になってください。

アクセスランキング