IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

おすすめの転職業界8選|転職先を選ぶ条件・転職する時期

就活の業界・企業研究

おすすめの転職業界を8つご紹介します。転職先の具体的な業界が決まっていない人は、この記事の8つの業界を踏まえて考えてみると良いでしょう。また転職先を選ぶ条件もご説明しているので、転職を考えている人に役立つ内容に仕上がっていると言えます。ぜひご覧ください。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

転職するなら時期を見極めよう

転職するなら時期を見極めよう

転職を有利に進める上で、時期が重要です。月ごとに内定がもらえる人数が異なるためです。転職の時期に着目する方法は少し注意するだけであるため、自分の能力を上げるのが大変だと感じている人も活用していけます。 そして、どうせ転職するなら時期にこだわると望んだ転職先に高確率で採用してもらえるでしょう。ちなみに、転職におすすめの時期は3月と6月と9月とされることが多いです。

3月・6月・9月

3月・6月・9月

3月と6月と9月は、転職におすすめです。3月は4月の多めの内定を取る期間で、9月は10月の採用人数アップに備えられるためであり、6月はボーナスが支給される会社が多くボーナスを受け取ってから転職に向かえるからです。 ただ3・6・9月も一応の目安に過ぎないので、自分が転職する時期と感じたら転職してみるのも良いでしょう。

おすすめの転職業界8選

おすすめの転職業界8選

おすすめの転職業界を8つご紹介します。8つのどれかに就職していたことがある人は、他から選んでみると良いでしょう。 具体的には、営業・製造・IT業界・公務員・ライター・金融業・法曹・旅行業の8つであるので、知らない業界がある人は以下の記事を読んでおいてください。

1選:営業

営業は、お客さまと直接接することが可能であるので転職におすすめです。全てのビジネスはお客さまがあってこそ成立するので、お客さまと直に接することができる営業は将来の自分への投資となるからです。 また今は営業以外に携わっていてお客さまとほとんど接さない人ほど、営業に転職することで飛躍的に成長していけるでしょう。そして、営業の人材を募集している会社は自社の店に求人を掲載している場合が多いです。

2選:製造

製造も、転職先として推奨します。作り出す仕事であり創造性が養われるためです。製造以外の仕事も作り出す部分はありますが、製造は作り出すことを主眼に置いているので学べることが他の業界よりも多いです。 そして、製造業の本質と言える作り出すことを学んだら自分自身で独自の仕事も作り出してみることで、自分にしかできない業務を作り上げていけるでしょう。

3選:IT業界

IT業界に、転職してみるのもいいでしょう。若い人で稼いでいる人も多く、年々IT業界の市場が広がっているためです。ちなみに、IT業界の会社は平均年齢が他の業界よりも若いので、若い人はマッチし易いです。 またIT業界はリアルの職業と大きく異なるので、リアルの職業に就いていた人ほど挑戦してみることで、新しい世界が開けるでしょう。

4選:公務員

公務員も、転職先として望ましいです。他の職業よりも安定していて、終身雇用してもらえる可能性が高いためです。それに福利厚生も充実しているだけでなく、不況の際も給料が減らされ難いです。 そして、公務員は国の役人であるので大きな仕事に携わっているという、やりがいも得易いでしょう。ですが、公務員は筆記試験が難しいとされているので、転職する上で入念に勉強する必要はあります。

5選:ライター

ライターも、転職の際に選んでみるべき職業です。普段からいろいろな物事に興味を持つだけでなく、思考もしている人ほど、向いていると言われています。 そもそもライターは何千年も前から存在している職業でありこれからも続いていく可能性が高いので、職業としてもふさわしいです。しかも今の時代、インターネットのサイトに無料で登録するだけで始められるウェブライターもあります。

6選:金融業

金融業も、転職先として考えてみるべきです。お金を扱う機会が他の業界より多く、お金の流れを勉強していけるためです。 それにお金の流れを知ることで他の人よりもお金を儲けている人が多いので、お金の流れを把握し易い金融業で学習すると、経済的に豊かになれるでしょう。 具体的には、銀行や証券会社が金融業となっています。

7選:法曹

法曹も、転職先に含めるのをおすすめします。最も強制力のあるルールと言える法律を仕事にし学んでいくことができ、自分自身が法律を上手く使えるようになっていけるからです。 また法曹に転職し学習していくことで、困っている周りの知り合いに法律でアドバイスし助けていくことも可能でしょう。 具体的には、裁判官と検察官と弁護士が法曹と呼ばれています。

8選:旅行業

旅行業も、転職先として検討してみるべきです。日本は独特の文化と建築物で外国に人気で年々観光客が増加しており、旅行業が繁栄していくためです。 そして、日本の良い部分を多く知っている人や文化遺産が好きな人は旅行業で楽しく働けるでしょう。ただ、どうしても外国人と接する機会が増えるため、外国人の価値観や世界観を学んでいく必要はあります。

転職先を選ぶ条件を決めておこう

転職先を選ぶ条件を決めておこう

転職先を選択する際に役立つ4つの条件をご紹介します。4つの条件を利用することで、転職を成功に導き易くなるでしょう。 具体的には、離職率が低い・未経験者でも受け入れてくれる・業界で長い歴史がある・周りからの評判がいいの4つです。そして、自分自身で転職活動をしていく内に新しい条件を発見したら、どんどん増やして自分専用の条件を作り上げていくのも良いでしょう。

離職率が低い

離職率が低い

離職率が低い転職先を選ぶべきです。従業員が辞職せずに働きたい環境が用意されていると言えるためです。それに、自分が興味のない業界であっても離職率が低い仕事を選ぶことで、長く働けて好きになっていけるのではないでしょうか。 また離職率が同じくらいの転職先を複数見つけたら、成長できる方に進んでみることで長期的に成功する方向に行けるでしょう。

未経験者でも受け入れてくれる

未経験者でも受け入れてくれる

未経験者でも受け入れてもらえる転職先を推奨します。自分のやる気とポテンシャルだけで、採用してもらえるためです。 ただ、未経験者でも内定してもらえる仕事場は、年齢が20代の人を求めているケースが多いので、30代以上の転職者は注意すべきです。ちなみに、未経験者でも歓迎している職場で役立つスキルを持っているなら、他の転職者よりも歓迎してもらえるでしょう。

業界で長い歴史がある

業界で長い歴史がある

業界で長い歴史を有している会社は、転職先におすすめです。業界で長い間業務を行っている会社だと、きっちりしたノウハウがあるだけでなく倒産する心配も少ないためです。 ですが長く続いている会社の場合、独自のルールが多いケースがあるので自分が会社の独自のルールに合うかどうかも考慮する必要があります。

周りからの評判がいい

周りからの評判がいい

周りからの評判がいい会社も、転職先として考えてみるべきです。周りから評判がいい会社であれば、良い仕事をしていると言えるからです。 またお客さまに選んでもらえているからこそ評判がいいと見なせるので、周りから高評価の会社は接客面で学べる部分も多いでしょう。 例えば、テレビや雑誌で良く取り上げられる企業は、周りからの評判がいい会社と述べられます。

人気の業界を知って参考にしよう

人気の業界を知って参考にしよう

人気の業界を知ることで、自分が転職する際の参考にしていけるでしょう。ただ、ご紹介している8つの業界や選ぶ際の条件も目安に過ぎないので、自分自身で転職する方向を熟考して決定してみてください。 また、おすすめの転職業界8選で行ってみたい転職先が2つ以上になったら、どらかに絞るのではなく望んだ転職業界の全てを満たすような職業を探してみると、転職でより一層満足できるでしょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

残業が少ない業界ランキング・残業が少ない業界へ転職する方法とゲーム業界への転職方法の記事も、読んでおくことをおすすめします。 残業に詳しくなり自分の負担を減らせる可能性が把握できるだけでなく、ゲーム業界への転職の道が開けるためです。それに未経験でもゲーム業界に転職可能かどうかの記事も読めるので、以下の内容もご覧ください。

関連タグ

アクセスランキング