IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

外資系への転職は年齢制限がある?転職するための方法6つ

業界・企業研究

外資系企業への転職は年齢制限があるのでしょうか。外資系企業への転職と年齢の関わりについてご紹介していきます。また、年齢別の外資系企業への転職の時に、押さえておきたいポイントなど、外資系企業への転職にプラスになる事をご紹介します。

更新日時:

1分でわかるこの記事の要約
  • 外資系の企業は年齢制限なく、実力成果主義の世界
  • 常に向上心を持ち、キャリアアップを目指す人に向いている
  • 外資系に特化したエージェントを活用しよう

外資系は成果や結果を出せれば年齢に関係なく転職できる職種だと言われています。また語学力や今までの実績が非常に大切になってくるので、いかに他の人よりも魅力的な自己PRをアピールできるのかが重要になってきます。 自己PRを上手にまとめる方法をプロのキャリアアドバイザーに相談してみませんか?実際に利用した人からの信頼性の高い「リクルートエージェント」を活用してみてください。

外資系企業とは

外資系企業とは

外資系企業というジャンルに転職しようとおもっている方は、外資系企業がいったいどのような企業なのか正しく捉えられているでしょうか。 外資系企業とは、海外に本社があったり、筆頭株主が外国の企業や人物だった時に当てはまります。 今回は、外資系企業に転職するには年齢制限があるのかどうかや、外資系企業に転職するにはどうしたら良いのか、をご紹介します。

外資系企業への転職に年齢制限はあるのか

外資系企業への転職に年齢制限はあるのか

それでは、まずは外資系企業への転職には年齢制限があるのかどうか、と言う疑問についておこたえしていきましょう。 外資系企業は、人事上、年齢に関わる制限などがありません。そのため転職してきた人たちの年齢もさまざまです。20代から50後半までいらっしゃいます。 つまり、実質外資系企業の転職の年齢制限は無いと言う事になります。

外資系は実力成果主義

では、外資系企業はなぜ転職者の年齢制限がないのでしょうか。 外資系企業が転職者の年齢制限を設けていない場合が多い理由は、外資系企業の経営の基本理念にあります。外資系企業は、「実力成果主義」です。 プロセスはほとんど評価される事は無く、成果をいかにして大きくローリスクで挙げれたかによって評価されます。そのため適材適所を好みます。実力があれば採用されるということです。

外資系に転職するための方法

外資系に転職するための方法

外資系企業は転職に年齢制限が無い事が分かって、チャンスが広がったと感じていらっしゃる方が多いのではないでしょうか。それでは、つづきましては外資系企業に転職するための方法を、具体的なビジョンでご紹介していきます。 外資系企業へ転職するために、出きることはたくさんありますが、今回は6つに絞って掘り下げていきましょう。

1:語学力のアピール

転職に年齢制限がない、外資系企業に転職するためにできる方法その1「語学力のアピール」です。 上司や同僚に外国人がいる事も多い外資系企業では、語学力をアピールする事はとても効果的です。「◯年英会話を習っていて、ビジネス会話もできます」とか「5歳まで海外で育って、今でも家族は英語で会話です」など、アピールできる事はぜひ使っていきましょう。

2:成果を具体的にアピールする

2:成果を具体的にアピールする

転職に年齢制限がない、外資系企業に転職するためにできる方法その2「成果を具体的にアピールする」です。 外資系企業は、先ほども簡単にご紹介したとおり、「成果主義」です。成果にいたるまでのプロセスはほとんど評価されません。どれだけ結果を出せるかで評価されます。 ぜひ、外資系企業に転職するなら、結果を短期間でだせる人材になってください。

3:実績は数字で提示する

転職に年齢制限がない、外資系企業に転職するためにできる方法その3「実績は数字で提示する」です。 外資系企業は数字にシビアです。転職するにあたり、面接などで過去の実績を聞かれた時に数字で答えられるように準備しておきましょう。 入社してから何年目にどのような売り上げだったのかや、賞をもらって評価されたのか、などがポイントとなってきます。

4:責任感を強く持つ

4:責任感を強く持つ

転職に年齢制限がない、外資系企業に転職するためにできる方法その4「責任感を強く持つ」です。 基本的に、外資系企業はセルフコントロールです。協力を重んじる日本企業とは異なっており、自分の責任は自分でなんとかすることが、当たり前のことになっています。 責任感を強くもって、自分の仕事に向き合いましょう。そうすると、社風にマッチングすることができます。

5:企業説明会に積極的に参加する

転職に年齢制限がない、外資系企業に転職するためにできる方法その5「企業説明会に積極的に参加する」です。 外資系企業は、やる気と実力のある人であれば年齢をとわず採用してくれます。企業説明会に参加した時には、質問をしたり挨拶をしたりして、積極的に行動しましょう。礼儀を重んじる日本企業より、柔軟な対応をしてくれる事が多いです。

6:マニュアルに頼らない

転職に年齢制限がない、外資系企業に転職するためにできる方法その6「マニュアルに頼らない」です。 外資系企業はマニュアル化されていない事が多いです。そのため、困った時には普段はそれぞれ自立して仕事をしている仲間に聞かなくてはいけません。 「マニュアルがあるから何とかなるだろう」とタカをくくっていると大きな失敗をします。 マニュアルに頼らず、自分の頭で考えたり、経験者に相談して確実な方法で仕事を進めていきましょう。外資系に転職するための方法として、プロのアドバイスをもらいたいという方は「リクルートエージェント」に相談してみましょう。

【年齢別】外資系が求める採用時のポイント

【年齢別】外資系が求める採用時のポイント

それでは、つづきましては外資系企業が求める採用の時のポイントを、年齢別でご紹介していきます。 今回ご紹介します年齢層は、「20代」・「30代」・「40代」です。それぞれの年齢で外資系企業に転職するときに、どのようなポイントを押さえていればプラスの好印象を得る事ができるのかという事をご紹介していきます。 ぜひ転職活動の参考にしてください。

20代

年齢別の外資系企業が転職者に求める採用時のポイントその1は、「20代」です。 外資系企業が20代の転職者に求める事は、語学力と積極性です。 現代の20代で外資系企業を目指すのであれば、語学力が優れている事をアピールできなくてはいけません。また、「ゆとり世代」などでも話題になっている消極的なイメージを払拭できるように、積極性を押し出しましょう。

30代

30代

年齢別の外資系企業が転職者に求める採用時のポイントその2は、「30代」です。 外資系企業が30代の転職者に求める事は、「実績」です。 以前働いていた企業で、いったいどのような数字を積み上げてきたのかを重要視されます。面接の時には、ぜひ論理的な話術でこれまでの成果を話せるようにしておきましょう。また、パソコンなどの機械への知識も活かせます。

40代

年齢別の外資系企業が転職者に求める採用時のポイントその3は、「40代」です。 外資系企業が40代の転職者に求める事は、「謙虚さ」と「好奇心」です。 40代で転職が成功した時、実力主義の外資系企業だと上司の年齢が転職者より若い事がよくあります。そんな時にこれまでのキャリアをカサにきず、謙虚に学んでいく人物を求めています。そして好奇心を持って、新しい知識を得ていく40代を応援しています。

年齢を気にせず外資系への転職に挑戦しよう

この記事のまとめ
  • 外資系の企業は年齢制限なく、実力成果主義の世界
  • 常に向上心を持ち、キャリアアップを目指す人に向いている
  • 外資系に特化したエージェントを活用しよう

いかがでしたでしょうか。外資系企業は年齢制限が無いので、キャリアアップを目指して転職活動が出きることがお分かりいただけたのではないでしょうか。 外資系企業は自分の頑張りで、いかようにも結果が出せます。ぜひビジョンを明確にチャレンジしてみてください。転職希望の企業や外資系に特化した求人を見てみたいという方は、「リクルートエージェント」に相談してみましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

この記事に関連する情報もチェックしよう!

今回は外資系企業の転職に年齢制限があるかどうか、ということの紹介をしてきましたが、外資系企業の転職の年齢制限に関するご紹介はここまでです。 しかし今回のコラムに関連する情報が載っているコラムはまだまだあります。ぜひ下のリンクからご覧ください。

関連タグ

アクセスランキング