IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

円満に短期退職する方法6つ|短期退職を繰り返さないために

退職ノウハウ

短期退職とは新卒の人や中途採用の人が早めに仕事を辞めてしまうことです。年々短期退職希望者は増加傾向にあり、企業も対策を講じています。短期退職をしないためにもメリットとデメリットを把握しておき、転職先で同じ過ちをしないようにしなければいけません。

更新日時:

短期退職とは

短期退職とは

短期退職とは新卒や中途採用の人が入社後に短い期間で辞めることを指す場合が多いでしょう。短い期間で会社の仕事が嫌になってしまい、辞めるケースが増えており短期退職する人が増えています。 短期退職をしたい人は次の仕事を見つけやくするためにも、好印象を与えながら辞めるようにしましょう。そのためには、できるだけ多くのことを身につけておきます。

1年未満の離職率

1年未満の離職率

厚生労働省が調べた新卒の1年未満の離職率は全体の16%となっています。転職ブームもあり、稼ぎ方も変わってきているので短期退職する人が増えていると言っても良いでしょう。 自分が短期退職をする場合は、離職率を考えながら本当に退職するべきかを考える必要があります。本人が短期退職後に仕事が見つからなくて困らないためにも、冷静に考慮する必要があるでしょう。

短期退職の理由

短期退職の理由

短期退職する人の退職理由は人間関係やノルマ、給料面での不満などがあります。短期で仕事を辞める人は、それなりの理由がないと家族や会社を説得できないので、現実的なことが理由になっていることが多いでしょう。 短期退職を考えている人は、職場に給料面の改善を提案することを考えて、仕事を辞めないようにすることが大切になります。

円満に短期退職する方法6つ

円満に短期退職する方法6つ

円満に短期退職をすれば退社後の手続きやその後仕事を見つけるためにも、円満退社する必要があります。会社に良い印象を与えて辞めることは、社会人としてのマナーだからでしょう。できるだけ穏便に退職の手続きを進める必要があります。 短期退職をする人は円満退職を心がけるようにして、筋の通った退職理由を会社に述べるようにしましょう。そのためには会社で仕事をきちんとこなす必要があります。

1:就業規則を守る

1:就業規則を守る

出勤時間や勤務時間を守るようにして、会社で決められたルールを守るようにしましょう。基本的なことができないために短期退職したと誤解されないためにも就業規則を守る必要があるからです。 短期退職を考えている人でも、勤めている会社の就業規則を守り、仕事をしていくための基本的なルールを学んでおきましょう。そうすれば転職先でも困ることは少なくなります。

2:会社批判をしない

会社批判をしないのは社会人としてのモラルを守ることになります。そもそも本人が納得して入社したのでその事実に対して批判することが間違っているからでしょう。会社批判をする前に自分にも非がないのかを考えてみます。 短期退職を考えている人は、会社批判をしないようにして、もし不満に考えていても表に出さないように冷静になりましょう。そのためには、仕事があることに感謝の気持ちを持つようにします。

3:退職の意向は口頭で伝える

新卒の人はメールなどで退職の意思を伝える人も多いですが、あえて上司と会った上で自分の言葉で退職の意向を伝えましょう。ビジネスシーンでは信頼が必要になるので、メールなどで済ませていいと勘違いしないためでもあります。 短期退職を考えている人は、上司に直接会い自分の気持ちを誠意を持って伝えるようにしましょう。もし、引き留められても自分の考えをしっかり述べるようにします。

4:意欲的に仕事をする

短期退職を決めても意欲的に仕事をしましょう。次の仕事を探すためにもより多くのスキルや経験を積んでおく必要があるからです。辞める会社だと考えて、いい加減に仕事をせずにお世話になった分を恩返しするように動いていきましょう。 自分が意欲的に仕事をすることで、不満に感じていた問題点がなくなることもあるので、状況を変えるためにもしっかり働く必要があります。

5:会社が納得する退社理由を述べる

短期退職は会社にとっては痛手になるでしょう。なぜなら人手を失うだけでなく、新しい人を入れるために使った予算が無駄になるからです。社会人としても大人としても道理が通る退職理由を述べるようにしましょう。 退職する人は、会社側を納得させられるような理由を述べて穏便に手続きを進めるようにします。そのためには、感情的にならないことが大切になるでしょう。

6:同僚と仲良く過ごす

短期退職を考えている会社でも仕事をしている時は楽しく過ごすようにしましょう。仕事をする上での人間関係はどのようなものかを学ぶためにも、同僚や先輩、上司と仲良く過ごす必要があるためです。 自分を成長させるためにも他人の気持ちを考えて動くようにしましょう。それは新しい職場のためだけでなく、一人の人としてどう生きていくのかを考えるためでもあります。 同僚や上司から退職を惜しまれる人になりましょう。

短期退社を繰り返さないためには

短期退社を繰り返さないためには

短期退職を繰り返さないためには、自分の能力に合った会社を選ぶ必要があります。そのためには自分は何ができて、どのようなことが苦手なのかを理解する必要があるでしょう。自己分析をして主観的ではなく、客観的に考える必要があります。 短期退職をした人は同じ過ちをしないためにも、今までの経験やスキル、資格でできる仕事を適切に選ぶことが大切になるでしょう。そのためには、辞めた会社で何が悪かったのかを考えます。

原因を見つめ直す

短期退職する原因は何だったのかを考えることは大切なことです。原因を知ることで次の就職活動に活かせるので辞めた会社での仕事や人間関係を振り返ってみましょう。そうすることで原因が分かれば弱点を克服したり、足りない点を補う努力をします。 自分が短期退職をした原因を冷静に考えて、どのような仕事ならば活躍できる場があるのかを考えましょう。そのためには自分の適性や能力がどのくらいなのかを認識しておきます。

転職先の企業調査をしっかり行う

転職先の企業調査をしっかり行う

短期退職をした人には、転職先の企業調査をすることが大切になるでしょう。新しい職場で短期退職をしないためにも、転職先の勤務内容やどのようなスキルや経験が積めるのかを調べれば同じ過ちをしないで済むからです。 自分の能力や希望の待遇を確認しながら、企業調査をして新しい職場でどのように活躍できるのかを考えて仕事を探しましょう。

条件を洗い出す

自分の希望する条件を洗い出すことで、転職先を絞って考えることができます。自分で条件を洗い出すことは、入社してからこんなはずだと考えないためにも、必要な作業と言えるでしょう。そのためには多少時間がかかっても条件に合った会社を探します。 短期退職をした人は、今までの経験やスキルで条件に合った会社を探すようにしましょう。そのためには、資格や免許の取得を考えたり、人としての知識を高めておくことも大切です。

優先順位を決める

プライベートを優先するのか、または仕事を第一に仕事をしていくのかも大切ですが、仕事をするための優先順位を決めておきましょう。例えば出世は遅くても構わないので、より多くの知識をつけたり、給料面よりもスキルを高めることに重きをおくことなどです。 自分が働く上で、どのようなことを優先すべきなのかを考えて後悔のないように仕事をしていきましょう。そのためには、綿密な人生設計が大切になります。

面接では嘘をつかず誠意を伝えよう

面接では嘘をつかず誠意を伝えよう

面接で嘘をつかないで正直に意見を述べましょう。自分が嘘をつくことで、相手は本当の気持ちが分からなくるので、採用しても満足していると勘違いしてしまうからです。 自分が面接を受ける際は、相手が大切な時間を割いてくれているのだと考えて誠実に質問に答えましょう。そうすることで、仕事にも責任感が出るようになり、どのような職場に行っても道に迷うことはなくなるからです。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

この記事に関連する情報を集めることで、短期退職をする確率が減ります。短期退職をする人は早くに退職することのメリットやデメリットを分かっていないことが多いので、転職や試用期間中の過ごし方などを学ぶようにしましょう。 自分でこの記事に関連する必要な情報を集めて、適切に動いていくようにします。そのためには、ビジネスマナーや仕事をすることとはどのようなことかを学んでおきましょう。

アクセスランキング