IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

円満に短期退職する方法6つ|短期退職を繰り返さないために

初回公開日:2018年12月25日

更新日:2020年10月02日

記載されている内容は2018年12月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

退職ノウハウ

短期退職とは新卒の人や中途採用の人が早めに仕事を辞めてしまうことです。年々短期退職希望者は増加傾向にあり、企業も対策を講じています。短期退職をしないためにもメリットとデメリットを把握しておき、転職先で同じ過ちをしないようにしなければいけません。

短期退職とは

短期退職とは新卒や中途採用の人が入社後に短い期間で辞めることを指す場合が多いでしょう。短い期間で会社の仕事が嫌になってしまい、辞めるケースが増えており短期退職する人が増えています。 短期退職をしたい人は次の仕事を見つけやくするためにも、好印象を与えながら辞めるようにしましょう。そのためには、できるだけ多くのことを身につけておきます。

1年未満の離職率

厚生労働省が調べた新卒の1年未満の離職率は全体の16%となっています。転職ブームもあり、稼ぎ方も変わってきているので短期退職する人が増えていると言っても良いでしょう。 自分が短期退職をする場合は、離職率を考えながら本当に退職するべきかを考える必要があります。本人が短期退職後に仕事が見つからなくて困らないためにも、冷静に考慮する必要があるでしょう。

短期退職の理由

短期退職する人の退職理由は人間関係やノルマ、給料面での不満などがあります。短期で仕事を辞める人は、それなりの理由がないと家族や会社を説得できないので、現実的なことが理由になっていることが多いでしょう。 短期退職を考えている人は、職場に給料面の改善を提案することを考えて、仕事を辞めないようにすることが大切になります。

円満に短期退職する方法6つ

円満に短期退職をすれば退社後の手続きやその後仕事を見つけるためにも、円満退社する必要があります。会社に良い印象を与えて辞めることは、社会人としてのマナーだからでしょう。できるだけ穏便に退職の手続きを進める必要があります。 短期退職をする人は円満退職を心がけるようにして、筋の通った退職理由を会社に述べるようにしましょう。そのためには会社で仕事をきちんとこなす必要があります。

1:就業規則を守る

出勤時間や勤務時間を守るようにして、会社で決められたルールを守るようにしましょう。基本的なことができないために短期退職したと誤解されないためにも就業規則を守る必要があるからです。 短期退職を考えている人でも、勤めている会社の就業規則を守り、仕事をしていくための基本的なルールを学んでおきましょう。そうすれば転職先でも困ることは少なくなります。

2:会社批判をしない

会社批判をしないのは社会人としてのモラルを守ることになります。そもそも本人が納得して入社したのでその事実に対して批判することが間違っているからでしょう。会社批判をする前に自分にも非がないのかを考えてみます。 短期退職を考えている人は、会社批判をしないようにして、もし不満に考えていても表に出さないように冷静になりましょう。そのためには、仕事があることに感謝の気持ちを持つようにします。

3:退職の意向は口頭で伝える

新卒の人はメールなどで退職の意思を伝える人も多いですが、あえて上司と会った上で自分の言葉で退職の意向を伝えましょう。ビジネスシーンでは信頼が必要になるので、メールなどで済ませていいと勘違いしないためでもあります。 短期退職を考えている人は、上司に直接会い自分の気持ちを誠意を持って伝えるようにしましょう。もし、引き留められても自分の考えをしっかり述べるようにします。

関連タグ

アクセスランキング