IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職軸を考えるために必要なこと6つ|面接で聞かれる転職の軸

更新日:2020年11月07日

転職ノウハウ

転職軸を考えた上で転職活動を行った方が、ブレずに上手くいくとされています。そこでこの記事では、転職軸を考える際に必要な6つの重要事項をご説明しています。また面接で聞かれる転職軸にも言及しているので、面接対策のためにもぜひご覧ください。

転職軸を考える上で、現状への不満を明確にしてみることも重要です。やはり不満を明確化してみることで、今現在の仕事場でも不満が改善可能か転職が望ましいかが定まるからです。 例えばお金をもっともらいたい場合、務めている会社の業績が上がってないなら給料のアップは難しいため、業績が右肩上がりの企業への転職が必要になるでしょう。また自分の実力が正当に評価されていない場合も、転職で打開されるケースが多いです。

必要なこと4:転職の専門家に相談する

転職軸を決めたいなら、転職の専門家への相談も必要です。少し調べただけでは分からない転職事情も、長年転職に携わっている専門家からであれば入手でき転職での重要事項がハッキリするためです。 具体的には、転職エージェントと呼ばれる企業に問い合わせをしてアドバイザーと話し合ってみるのをします。それに転職エージェントはいろいろなサポートをしているので、転職への熱意があるだけの人にも応えてくれるでしょう。 どのエージェントがいいのか分からない方は「マイナビエージェント」がです。

必要なこと5:長所を把握し伸ばし方も把握する

自分の長所と伸ばし方を把握することで、転職軸を作り出せます。やはり、長所を生かせる職場で働いた方が出世し易いだけでなく充実していけるからです。 例えば現在は営業に携わっているとして、実は事務系の仕事を淡々とこなす方が向いているケースを考えてみると良いでしょう。そして、自分の長所を出していけるだけでなく最大限に発揮していける転職先を探すと、より一層満足できる転職になると言えます。

必要なこと6:弱点を知り克服する方法を知る

自分の弱点と克服法を知ることで、転職軸が見えてきます。なぜなら、弱点を克服していける転職先をチョイスすれば良いためです。 例えば今までは電話対応を主としてきたために対面でのお客さんの対応に弱点がある場合、対面での営業で成功している企業に転職することで目的が達成される述べられます。 ちなみに転職で長所を伸ばすか弱点を克服するかで迷うなら、弱点克服の方を優先することで万が一の事態を防げるでしょう。

面接で聞かれる転職の軸

面接で問われる転職軸で重要なものが、3つあります。転職理由とどんな能力を身につけたいかと10年後どうありたいかです。この3つへの回答を事前に用意しておくことで、内定率をアップさせられると言えます。 また、面接で問われる3つの転職軸を深く考え転職先がどのような人材を採用したいと望んでいるかまで想像しておくと、面接でどのように回答すれば良いかも見えて来て真の面接対策となるでしょう。

転職したい理由

面接では、転職理由が問われます。なぜなら転職理由を語れなければ、企業側も採用する理由が発生しないためです。 具体的には、前の職業だと自分の目的が成し遂げられない理由と転職先の業務で何を成し遂げられるかを述べると、論理的に矛盾せずに説明したことになるでしょう。そして、転職理由は他の転職者と異なる言い方をするように気を付けると、同じだと思われずに目立っていけます。

どんなスキルを身につけたいのか

面接では、どのような能力を身につけていけるかを聞かれます。企業は、転職者のポテンシャルを見極めて審査するためです。 もしも今現在実績が少ない人は、どんなスキルを身につけていくかを強く語ることで将来性で採用してもらえる率が高まるでしょう。また自分では無理だと思えるレベルのスキルを身につけることを面接で宣言すれば自分へのプレッシャーになるため、採用後の成長率アップも図れると言えます。

10年後どんなふうになりたいのか

10年後どうなれるかも、面接で問われます。企業側は、転職者の遠い未来へのビジョンを見たいためです。そもそも10年後であるので、かなり大きな夢や野望を語ると良いでしょう。 例えば、転職先で部長になりたいという夢や転職先の売上を5倍にしたいという野望をできる限り論理的に話すことで、本当に達成可能だと思わせられます。

転職軸を明確にすれば目の前の目標が分かる

この記事のまとめ
  • 転職軸としてスキル・企業の理想像・待遇について考えておこう
  • 転職軸を考えるために必要なことを実践すれば弱点克服にも繋がる
  • 転職エージェントを活用して転職軸についてアドバイスをもらおう
次のページ:この記事に関連する情報もチェックしよう!
初回公開日:2018年12月13日

記載されている内容は2018年12月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング