IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職軸を考えるために必要なこと6つ|面接で聞かれる転職の軸

初回公開日:2018年12月13日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2018年12月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

転職ノウハウ

転職軸を考えた上で転職活動を行った方が、ブレずに上手くいくとされています。そこでこの記事では、転職軸を考える際に必要な6つの重要事項をご説明しています。また面接で聞かれる転職軸にも言及しているので、面接対策のためにもぜひご覧ください。

1分でわかるこの記事の要約
  • 転職軸としてスキル・企業の理想像・待遇について考えておこう
  • 転職軸を考えるために必要なことを実践すれば弱点克服にも繋がる
  • 転職エージェントを活用して転職軸についてアドバイスをもらおう

転職を確実に勝ち取るためには「転職軸」をしっかりと自分の中で決めておく必要があります。転職軸を決める段階で自分の弱みを知ることもできるので、転職をキッカケに弱点克服にもつなげることができます。 自分の転職軸が分からないと悩んでいる人は、「マイナビエージェント」を活用してみるといいでしょう。

転職軸とは

転職軸とは、自分が転職の際に大事していく指針のことです。この指針が多過ぎると迷いが生まれますし、少ないと決断できないでしょう。 そこで、転職軸になり得る必要最低限の3つの要素をご説明します。今まで転職を考えていながら何をして良いか分からなかった人も、まずはこの3つの要素から取り組んでみるのを推奨します。

どんなスキルを身に付けたいのか

転職軸として、どのようなスキルを身に付けたいかを考えておくのをします。なぜなら仕事というのは何らかのスキルを身に付けていくものであるため、どのスキルを習得したいかで職種や業務や方向性が定まるためです。 例えば、文章力をアップさせたいなら文字を書くことが多い転職先が最適になりますし、法律を学びたいなら弁護士や司法書士の事務所が適切となります。

就職したい企業の理想像

転職軸として、転職先の企業の理想像も考えてみるべきです。やはり今就職している企業への不満から転職したい場合が多く、転職先で不満が生じないためには、企業がどうあるべきかを考えておくのが望ましいためです。 具体的には、今の仕事場でどこが不満なのかを書き出してみるのを推奨します。そして転職先は、書き出した不満が生じない企業にすると上手く転職していけるでしょう。

待遇はどんなことを必要としてるのか

転職軸として、待遇も欠かせません。待遇として、会社や上司からだけでなく同僚や後輩やお客さんからどのような対応を受けたいかも決めておくと良いでしょう。 なぜなら同僚や後輩やお客さんからの待遇も働く上で大きなウエイトになるケースが多く、会社や上司が同僚や後輩やお客さんの全てを管理してくれるとは限らないからです。

転職軸を考えるために必要なこと6つ

転職軸を考える上で、6つの必要事項があります。その6つを踏まえると転職軸自体を自分で編み出すことも可能ですし、今現在転職に対してあまり考えていない人ほど役立てられるでしょう。 ちなみに6つの必要事項は今までの自分の仕事やキャリアを振り返る事柄であるため、転職にメリットがあるだけでなく仕事について深く考え直すきっかけにもなると言えます。

必要なこと1:今までの経験をテキスト化する

転職軸を考えるために、今までの経験を文字にしてみてください。文字にしてみると、ただ単に頭で考えている場合よりも転職関連の事柄が明確になるためです。 そして文字にするという行為は面倒に感じる人が多いですが、まずは少しでも紙に書き出してみると始め易いでしょう。また経験が上手くテキスト化されているか気になるなら、知り合いに文章化された経験を語って確かめてみてはどうでしょうか。

必要なこと2:経験をどう活かしたいのか考える

関連タグ

アクセスランキング