IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職軸を考えるために必要なこと6つ|面接で聞かれる転職の軸

転職ノウハウ

転職軸を考えた上で転職活動を行った方が、ブレずに上手くいくとされています。そこでこの記事では、転職軸を考える際に必要な6つの重要事項をご説明しています。また面接で聞かれる転職軸にも言及しているので、面接対策のためにもぜひご覧ください。

更新日時:

1分でわかるこの記事の要約
  • 転職軸としてスキル・企業の理想像・待遇について考えておこう
  • 転職軸を考えるために必要なことを実践すれば弱点克服にも繋がる
  • 転職エージェントを活用して転職軸についてアドバイスをもらおう

転職を確実に勝ち取るためには「転職軸」をしっかりと自分の中で決めておく必要があります。転職軸を決める段階で自分の弱みを知ることもできるので、転職をキッカケに弱点克服にもつなげることができます。 自分の転職軸が分からないと悩んでいる人は、「マイナビエージェント」を活用してみるといいでしょう。

転職軸とは

転職軸とは

転職軸とは、自分が転職の際に最も大事していく指針のことです。この指針が多過ぎると迷いが生まれますし、少ないと決断できないでしょう。 そこで、転職軸になり得る必要最低限の3つの要素をご説明します。今まで転職を考えていながら何をして良いか分からなかった人も、まずはこの3つの要素から取り組んでみるのを推奨します。

どんなスキルを身に付けたいのか

どんなスキルを身に付けたいのか

転職軸として、どのようなスキルを身に付けたいかを考えておくのをおすすめします。なぜなら仕事というのは何らかのスキルを身に付けていくものであるため、どのスキルを習得したいかで職種や業務や方向性が定まるためです。 例えば、文章力をアップさせたいなら文字を書くことが多い転職先が最適になりますし、法律を学びたいなら弁護士や司法書士の事務所が適切となります。

就職したい企業の理想像

就職したい企業の理想像

転職軸として、転職先の企業の理想像も考えてみるべきです。やはり今就職している企業への不満から転職したい場合が多く、転職先で不満が生じないためには、企業がどうあるべきかを考えておくのが望ましいためです。 具体的には、今の仕事場でどこが不満なのかを書き出してみるのを推奨します。そして転職先は、書き出した不満が生じない企業にすると上手く転職していけるでしょう。

待遇はどんなことを必要としてるのか

転職軸として、待遇も欠かせません。待遇として、会社や上司からだけでなく同僚や後輩やお客さんからどのような対応を受けたいかも決めておくと良いでしょう。 なぜなら同僚や後輩やお客さんからの待遇も働く上で大きなウエイトになるケースが多く、会社や上司が同僚や後輩やお客さんの全てを管理してくれるとは限らないからです。

転職軸を考えるために必要なこと6つ

転職軸を考えるために必要なこと6つ

転職軸を考える上で、6つの必要事項があります。その6つを踏まえると転職軸自体を自分で編み出すことも可能ですし、今現在転職に対してあまり考えていない人ほど役立てられるでしょう。 ちなみに6つの必要事項は今までの自分の仕事やキャリアを振り返る事柄であるため、転職にメリットがあるだけでなく仕事について深く考え直すきっかけにもなると言えます。

必要なこと1:今までの経験をテキスト化する

転職軸を考えるために、今までの経験を文字にしてみてください。文字にしてみると、ただ単に頭で考えている場合よりも転職関連の事柄が明確になるためです。 そして文字にするという行為は面倒に感じる人が多いですが、まずは少しでも紙に書き出してみると始め易いでしょう。また経験が上手くテキスト化されているか気になるなら、知り合いに文章化された経験を語って確かめてみてはどうでしょうか。

必要なこと2:経験をどう活かしたいのか考える

転職軸は経験をどう活かしたいか考えることで、生み出されます。なぜなら仕事場次第で、自分の経験に基づいた実力が発揮できるかが決まるケースが多いためです。 また自分の経験をただの経験で終わらせていた場合も、深く考え直すことで飛躍のきっかけになると言えます。それに自分の経験とは自分そのものと言えるため、経験の活かし方を考えていないなら転職先探しを始めるべきではないでしょう。

必要なこと3:現状で変えたい部分をまとめる

転職軸を考える上で、現状への不満を明確にしてみることも重要です。やはり不満を明確化してみることで、今現在の仕事場でも不満が改善可能か転職が望ましいかが定まるからです。 例えばお金をもっともらいたい場合、務めている会社の業績が上がってないなら給料のアップは難しいため、業績が右肩上がりの企業への転職が必要になるでしょう。また自分の実力が正当に評価されていない場合も、転職で打開されるケースが多いです。

必要なこと4:転職の専門家に相談する

転職軸を決めたいなら、転職の専門家への相談も必要です。少し調べただけでは分からない転職事情も、長年転職に携わっている専門家からであれば入手でき転職での重要事項がハッキリするためです。 具体的には、転職エージェントと呼ばれる企業に問い合わせをしてアドバイザーと話し合ってみるのをおすすめします。それに転職エージェントはいろいろなサポートをしているので、転職への熱意があるだけの人にも応えてくれるでしょう。 どのエージェントがいいのか分からない方は「マイナビエージェント」がおすすめです。

必要なこと5:長所を把握し伸ばし方も把握する

自分の長所と伸ばし方を把握することで、転職軸を作り出せます。やはり、長所を生かせる職場で働いた方が出世し易いだけでなく充実していけるからです。 例えば現在は営業に携わっているとして、実は事務系の仕事を淡々とこなす方が向いているケースを考えてみると良いでしょう。そして、自分の長所を出していけるだけでなく最大限に発揮していける転職先を探すと、より一層満足できる転職になると言えます。

必要なこと6:弱点を知り克服する方法を知る

自分の弱点と克服法を知ることで、転職軸が見えてきます。なぜなら、弱点を克服していける転職先をチョイスすれば良いためです。 例えば今までは電話対応を主としてきたために対面でのお客さんの対応に弱点がある場合、対面での営業で成功している企業に転職することで目的が達成される述べられます。 ちなみに転職で長所を伸ばすか弱点を克服するかで迷うなら、弱点克服の方を優先することで万が一の事態を防げるでしょう。

面接で聞かれる転職の軸

面接で聞かれる転職の軸

面接で問われる転職軸で重要なものが、3つあります。転職理由とどんな能力を身につけたいかと10年後どうありたいかです。この3つへの回答を事前に用意しておくことで、内定率をアップさせられると言えます。 また、面接で問われる3つの転職軸を深く考え転職先がどのような人材を採用したいと望んでいるかまで想像しておくと、面接でどのように回答すれば良いかも見えて来て真の面接対策となるでしょう。

転職したい理由

転職したい理由

面接では、転職理由が問われます。なぜなら転職理由を語れなければ、企業側も採用する理由が発生しないためです。 具体的には、前の職業だと自分の目的が成し遂げられない理由と転職先の業務で何を成し遂げられるかを述べると、論理的に矛盾せずに説明したことになるでしょう。そして、転職理由は他の転職者と異なる言い方をするように気を付けると、同じだと思われずに目立っていけます。

どんなスキルを身につけたいのか

どんなスキルを身につけたいのか

面接では、どのような能力を身につけていけるかを聞かれます。企業は、転職者のポテンシャルを見極めて審査するためです。 もしも今現在実績が少ない人は、どんなスキルを身につけていくかを強く語ることで将来性で採用してもらえる率が高まるでしょう。また自分では無理だと思えるレベルのスキルを身につけることを面接で宣言すれば自分へのプレッシャーになるため、採用後の成長率アップも図れると言えます。

10年後どんなふうになりたいのか

10年後どうなれるかも、面接で問われます。企業側は、転職者の遠い未来へのビジョンを見たいためです。そもそも10年後であるので、かなり大きな夢や野望を語ると良いでしょう。 例えば、転職先で部長になりたいという夢や転職先の売上を5倍にしたいという野望をできる限り論理的に話すことで、本当に達成可能だと思わせられます。

転職軸を明確にすれば目の前の目標が分かる

この記事のまとめ
  • 転職軸としてスキル・企業の理想像・待遇について考えておこう
  • 転職軸を考えるために必要なことを実践すれば弱点克服にも繋がる
  • 転職エージェントを活用して転職軸についてアドバイスをもらおう

転職軸を作り上げる方法をご説明してきました。この記事に書かれている転職軸を考えるために必要なことを利用して転職軸を明確にしておくと、自然に転職で何をすれば良いかが見えてくるでしょう。 ただこの記事も万全の内容ではなく重要なものをピックアップしているため、自分自身で転職軸に含めたい事柄が出てきたら、入れいくとより一層採用の可能性が上がると言えます。可能性を上げるためにプロのキャリアアドバイザーが在籍する「マイナビエージェント」に相談してみましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

この記事に関連する情報もチェックしよう!

失敗しないエンジニア転職と企業・会社選びの基準となる「軸」と具体例の記事も読んでおくことをおすすめします。なぜなら、エンジニアへの転職と企業や会社選びを上手く行うのに役立つためです。 ちなみに以下の記事では大企業・中小企業のメリット・デメリットも把握できるので、転職の際の会社の規模を選択する場合に備えてチェックしておくと良いでしょう。

関連タグ

アクセスランキング