IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

逃げるが勝ちだと思って転職するべき理由5つ|転職サイト

就活の悩み・不安

今回は「逃げるが勝ちだと思って転職するべき理由5つ|転職サイト」と題して、「逃げるが勝ちだと思って転職するべき理由5つ|転職サイト」についての詳細情報のご紹介をはじめ、「逃げるが勝ちになる転職の理由」について多角的にご紹介します。

更新日時:

1分でわかるこの記事の要約
  • 転職すれば、自分の理想に近い環境に変えられる
  • 現状に不満があるなら転職するべき
  • 自分の求める求人があるエージェントを活用しよう

逃げるが勝ちだと思って転職すれば、今の自分には無い新しい何かを得られるかもしれませんし、退屈な日常を楽しい日々に変えることができるかもしれません。 少しでも今の職場にストレスや不満を抱えているなら、「マイナビエージェント」に相談してみましょう。

転職は逃げになるのか?

転職は逃げになるのか?

よく「逃げるが勝ち」という言葉を聞きますが、そもそもこの言葉は「転職」に当てはまるでしょうか。転職というのは、古い職場から新しい職場へ「自分の可能性を見付けるために移動する」といった見方がされます。 しかし、この「逃げるが勝ち」という言葉・フレーズが最近になって「勝ち戦」を示す標語のように扱われ、「自分が活躍できる仕事への脱出」という意味合いでこの「逃げるが勝ち」と言われます。

なぜ転職しようと思うのか

「転職しよう」と考えた場合には、まず「自分がなぜ転職するのか」というきわめて基本的な姿勢について問いただす必要があります。新しい職場へ行くことが果たして「逃げるが勝ち」という意味合いに通じるのかどうかは、その場合、転職をする当人にしかわかりません。 そのため、「逃げるが勝ち」という言葉は転職を実際にする当人にしか使えない言葉となり、他人が転職する当人の心を言い当てるということはありません。

給料面

次に仕事をする上では絶対基準ともなるこの「給料面」についてですが、この給料が破格に安いからと言って、「逃げるが勝ち」という姿勢でその職場を辞める場合が見られるでしょう。この場合でも特に、その転職希望者当人の心情・心の姿勢によって「逃げるが勝ち」という言葉のあり方は変わり、見方によっては普通の転職方法となります。 誰でも給料が高い会社の方がよく、その場合に「逃げるが勝ち」というのは矛盾します。

人間関係

特に仕事を辞める理由の多くは、この「人間関係に疲れたから」という理由が最も多く、この場合は「人間関係から逃げるが勝ち」というフレーズをもって転職理由が付けられることが多くあります。 しかしこの場合でも、「仕事と自分だけの関係」について考える上では、「人間関係に悩む」ということ自体がおかしいことで、果たして人間関係から「逃げるが勝ち」と言って職場を辞めても一向におかしいことではありません。

仕事内容

さらに仕事を辞めて転職する理由として、この「仕事内容そのものが自分にやはり合わなかった」として辞める人もかなり多く見られます。この場合でも「仕事から逃げるが勝ち」というフレーズをもって、その人の転職理由が片付けられる傾向がありますが、これも「転職する当人がそう考えなければ、逃げるが勝ちという姿勢ではない」となります。 転職をする上で、自分に最適の仕事内容を選ぶことはきわめて当然のことです。

逃げるが勝ちだと思って転職するべき理由5つ

仕事というのはそもそも「我慢してし続けるもの」ではなく、必ず「楽しんでするべきこと・生き甲斐を感じられる上で継続できること」でなければなりません。従来の仕事に携わってきた人の歴史を見ていると、この点で本末転倒してしまい、「1つの会社で仕事しなければ負け組」などというおかしな傾向が見られます。 転職することは「自分の可能性を模索する行動」で、そのためには「逃げるが勝ち」という姿勢はまったくOKです。

理由1:悩んでいる時間を有効に使う

特定の会社でずっと仕事を続けてきて、その仕事時間やプライベートも「ずっと悩んでいる時間」がある場合には、いっそのこと別の職場への転職を考えることが先決となるでしょう。その場合は「逃げるが勝ち」という姿勢をもってもまったくかまわず、とにかく「自分の時間を有効に使い、自分にとって最適の仕事・職場を見付けること」が優先されます。

理由2:人生や生活を豊かにする

先述でもご紹介してきましたように、転職という行動は「自分の新しい活躍フィールド・可能性を見出せる職場を見付けるためにする行動」となるため、それまで以上の実りを人生にもたらしてくれる、非常に有意義な挑戦として認められます。 この「人生に実り・豊かさを与えてくれる転職」という行動を少しでも成功へ導くためにも、「逃げるが勝ち」というフレーズをプラスに活用し、手早く自分の生き甲斐を見付けましょう。

理由3:今より収入アップを目指そう

給料の側面から見て「この会社よりもあの会社の方がいい」と考えるのはきわめて自然なことで、その際でも「逃げるが勝ち」というフレーズをどう受け止めても(受け止められても)、その意志に沿って行動すること・転職することが正しいでしょう。 自分の人生は自分で舵を取るしかなく、そのためにも「利用できるツール」は積極的に活用し、この「逃げるが勝ち」というフレーズもそのために利用する姿勢を持ちましょう。

理由4:快適を目指すために転職

先述でもご紹介しましたが、仕事というのは「自分にとって豊かな実りをもたらすもの」でありつつ、さらに「生き甲斐を感じさせてくれる魅力的なこと」でなければなりません。これは本来の仕事のあり方で、その「実りをもたらしてくれる仕事」を見付けるために転職という選択肢が用意されています。 「逃げるが勝ち」というフレーズをもって自分の時間を有効に使い、少しでも早く「継続して仕事ができる職場」の確保に努めましょう。

理由5:新しい仕事をしてみたい

この「新しい仕事をしてみたい」というのは主に「自分の新しい能力・スキルと出会いたい」という、何らかの新しい仕事そのものへの挑戦を指して使われます。この場合でも「逃げるが勝ち」というフレーズをもって「新しい自分・能力・自分だけの職場」を見付けることに専念し、一心不乱に自分の活躍場所を確保することが第一優先となります。 転職は飽くまでも「自分の職場」を見付けるための選択肢に過ぎません。 新しい仕事を探すなら「マイナビエージェント」がおすすめです。キャリアアドバイザーあなたに最適な求人を紹介してくれます。

逃げるが勝ちと感じた人におすすめの転職サイト

逃げるが勝ちと感じた人におすすめの転職サイト

さて、先述では「転職する際に持つべき姿勢」や「逃げるが勝ち」というフレーズをどのように活用し、自分独自の職場を確保するべきかということについてご紹介してきました。ここからは具体的に転職する際に利用できる、いろいろな転職サイトについてご紹介していきます。 転職する際には情報収集がまず大切となり、その上でそのツールをどのように活用するかがポイントになります。

リクナビ

リクナビ

リクナビNEXTの魅力は何と言っても求人数の豊富さで、掘り出し物的な求人情報の掲載も非常に満足のいく形で提供してくれます。 その上で、転職を希望する際には「自分の能力やスキルに見合った企業」を見付ける可能性も高くなり、他のサイトを利用する場合に比べてかなりスムーズに就活ができる利点が見られます。「逃げるが勝ち」という姿勢をプラスに持ち、ぜひ活用してみましょう。

キャリアパーク

キャリアパーク

次に「キャリアパーク」についてのご紹介ですが、この転職サイトの魅力はアフターケアサービスを含め、とにかくあらゆる年齢層の転職希望者のニーズを詳細に押さえてくれている点となります。 そのためにも「求人情報の豊富さ」や「サイトの使い方」などの案内は充実しており、特にそれぞれの転職希望者に見合った求人情報の提供が卓越しています。「逃げるが勝ち」という姿勢をもって、ぜひ利用を検討しましょう。

ビズリーチ

ビズリーチ

あらゆる転職サイトと比べた上でも「求人数の豊富さ」や「サポート力」は平均して高く、特に目立った落ち度が見られない転職サイトがこの「ビズリーチ」です。特にこの転職サイトの特徴は「職種別の転職斡旋を図ってくれる点」にあげられ、特定の決めた会社への斡旋をする上では目覚ましい利点があります。 この場合も「逃げるが勝ち」という姿勢をプラスに取り、ぜひ自分に最適な職場を見付けましょう。

逃げるが勝ちだと思って今すぐ転職しよう

この記事のまとめ
  • 転職すれば、自分の理想に近い環境に変えられる
  • 現状に不満があるなら転職するべき
  • 自分の求める求人があるエージェントを活用しよう

今回は「逃げるが勝ちだと思って転職するべき理由」についてメインに取り上げ、いろいろな転職事情に配慮した上での姿勢の持ち方や、その後の転職に際する目標の持ち方などについてご紹介してきました。 ずっと継続して勤めてきた会社でも、そこに自分が求めている利益がない場合には、やはりすぐに「逃げるが勝ち」として別の職場への転職がプラスになるでしょう。そうすることで「自分の最適な職場」に近付きます。 職場探しをするなら「マイナビエージェント」を上手に活用して、理想の求人を見つけましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

この記事に関連する情報もチェックしよう!

転職する際には、先述のように必ず「できるだけ多くの求人情報・就活情報」などをピックアップしておき、少しでも自分にとってプラスになる情報収集をしておくことが大切です。そうすることによって、「逃げるが勝ち」として転職する場合でも「自分に最適な職場」を見付けるためのヒントを獲得でき、さらにスムーズに転職することが叶うでしょう。

関連タグ

アクセスランキング