IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

零細企業がブラックだといわれる理由6つ|メリット・デメリット

就活の業界・企業研究

零細企業はいわゆるブラックと呼ばれる企業が多いです。給料が遅れたり、残業代や退職金が支払われないこともあります。そうならないためにも自分できる対策をしていきましょう。零細企業でブラックな会社に入社しないためにも就活や転職活動をきちんとしていく必要があります。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

零細企業のメリット・デメリット

零細企業で働く際は、メリットとデメリットがあるので勤める会社の良い面と悪い面をよく見極めて就職する必要があります。自分の大切な時間を過ごすので、メリットとデメリットを確かめておく必要があるでしょう。 零細企業でもブラックな会社があるので、利益追及ばかりしている会社を避けながら、自分の働きやすい職場を選ぶ必要があります。そのためには入社する前に大手企業と零細企業の違いをつかんでおきましょう。

メリット

零細企業のメリットはアットホームな職場が多く働きやすい会社が多いことです。なぜなら会社の規模が小さいので、上の人間が働く人の管理をしやすいためです。ですが、アットホームな零細企業でもブラックな企業はあるので、気をつけましょう。 零細企業に勤める人は、会社が家から近かったり、得意な分野を伸ばせる職場が多いので大手にないメリットを見つけて就職するようにします。

デメリット

零細企業のデメリットは、会社の収益が少ない会社も多いので福利厚生がしっかりしていなく、また残業やボーナスが出ないことがあります。そうならないためにも、ネットの口コミや面接時に待遇を確認しておきましょう。 零細企業に勤める人は、デメリットを補えるほどメリットがあるのかを見極めて就職する必要があり、大手企業と比べてデメリットが多いことを自覚して入社を考える必要があります。

零細企業がブラックだと言いわれる理由6つ

零細企業は大手企業の下請けをしていることもあるので、従業員にプラスになることが少なくなります。例えば、給料面で十分な手当が出ないことや零細企業は仕事優先に考えるので、そのためにプライベートや余暇を楽しむ時間やお金が手に入らないことなどあるでしょう。 零細企業に勤める人は、ある程度ブラックな要素があるのだと自覚して勤める必要があり、あまり待遇がひどい場合は労働基準監督署や組合に相談するようにします。

ブラックな理由1:休みがない

零細企業がブラックな理由は、社員の人数が少ないので休みの日が少ないことがあげられます。社員の休みがなければ、それだけ体が疲労するのが早く会社自体のチームワークや生産性が落ちるでしょう。そのために会社は社員にとってマイナスな対応を取るようになります。 休みが極度に少なく、仕事をするのがきつい場合は有給や休職をして、その後のことを考えるようにしましょう。

ブラックな理由2:残業代が出ない

全ての零細企業の残業代が出ないということはないですが、面接の際に残業代を出すと言っておきながら、出さないこともあるでしょう。なぜなら零細企業は会社の規模が小さく、従業員に十分な見返りができないので、残業代を払えないことが多いからです。 自分の勤めている零細企業で残業代が出ない場合は、その会社にある組合や労働基準監督署、または弁護士などに相談をして対応する必要があるでしょう。

ブラックな理由3:正社員になれない

全ての零細企業がそうではありませんが、ブラックな会社の場合正社員になれないことがあります。零細企業は人件費を削減して、会社を経営しているので正社員にする余裕がない会社が多いせいでしょう。 自分が零細企業に勤めていて、正社員になれない場合はその会社で大きな成果を残すか、スキルを身につけてもっと待遇の良い会社に移る必要があります。

ブラックな理由4:ボーナスが出ない

零細企業は人件費を削減することが多く、雇用契約上支給の記載があっても従業員のボーナスを出さないことがあります。ブラックかどうかに関わらず、零細企業は会社の存続のために人件費自体を削りバランスを取ることが多いです。 自分の勤めている零細企業から、雇用契約上支給されるはずのボーナスが出ない場合は、ボーナスの埋め合わせはいつ払われるのかを確かめると共に、未払いの場合は組合や労働基準監督署に相談をします。

ブラックな理由5:給料が安い

零細企業は大手企業と比べて、給料が安いです。なぜなら零細企業は下請けの会社が多く、収益が少ないので給料が安くなることが多いからです。 零細企業に勤めている人は、時給から日給に変えてもらうことを会社に提案したり、日給の人は月給にしてもらうことを会社に考えてもらい、役職に就けるように仕事をしていく必要があります。

ブラックな理由6:退職金が出ない

零細企業はブラックでない会社でも退職金が出ない企業が多いです。退職金を出さないことや大幅に減額することで会社の存続を守ろうとするので、従業員に納得させて退職金を出さないことが多いでしょう。 零細企業に勤めている人で、退職金が出ない場合は全額でなくても退職金という形で退職後の報酬をもらうようにします。自分の雇用契約を見直して、弁護士に相談するようにしましょう。

零細企業ならではの問題点

一昔前の零細企業とは違い、現在の大手企業も雇用の問題点は多いです。特に零細企業で勤める際は問題点が多いので、面接の際によく待遇や勤務時間、休日はいつなのかを確認しておく必要があるでしょう。 自分の会社で問題点が出てきたら組合に相談したり、会社で信頼できる人を探しておき、いつでも相談できるようにしておく必要があります。

タイムカードがそもそも無い

全ての零細企業にあることではないですが、非正規雇用などで働いている場合タイムカードがないことがあります。タイムカードがない企業は書面に記録して管理する会社が多いので、自分で把握しておく必要があるでしょう。 自分の勤める企業で正社員でタイムカードがないブラックな企業ならば、タイムカードがないという理由で残業を断ったり、労働基準監督署や組合に相談する必要があります。

時給が最低賃金

零細企業で仕事をする人で非正規雇用の場合、時給が最低賃金しかもらえてないことが多いです。零細企業と呼ばれる企業はブラックな会社も多いので、人件費を削減しようと最低賃金の時給しか出さない会社が多いためでしょう。 自分の勤めている零細企業がブラックの場合で、県や市、地域で決められた最低賃金を満たしていない場合、労働基準監督署や組合に相談をします。

給料支払いが遅れる

零細企業はブラックでなくても、給料の支払いが遅れることはしばしばです。会社の収益が上がらない場合、人件費を削り始めるので従業員にそのしわ寄せが来てしまうことが多いでしょう。 自分の勤めている会社で給料の支払いが遅れたら、いつまでに払えるかを会社側に書面で残してもらうようにしましょう。また、未払いの場合は弁護士などに相談するようにします。

ブラックな零細企業から今すぐ転職しましょう

自分の勤めている零細企業がブラックの場合、転職や休職をして様子を見るようにしましょう。ブラックな要素に対して会社が対策を取らない場合は、勇気を持って退職することも考えておきます。 自分がブラックな零細企業にいた場合、今までのスキルや経験を活かして、大手企業への就職や零細企業でもブラックでない会社に移ることを考えておきましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

始めから優良企業に勤めれば、ブラックな企業での苦労は無くなります。そのためにはさまざまな情報を集めて有利に就活や転職活動を進める必要が出てくるでしょう。 自分でこの記事に関連する情報を集めて、会社選びをしていくようにしましょう。また世の中の仕組みを理解して会社を選んでいくようにします。

関連タグ

アクセスランキング