IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【格安SIM】まだ大手携帯キャリアのスマホを使ってる人は、年間10万円も損してる!?

更新日:2020年08月28日

ガジェット

「格安スマホの名前は聞くけれど、よく知らない…調べるのも面倒だしこのままで良いか」と思っているあなた、大手携帯キャリアの通信料は、格安スマホの3倍以上なのでとっても損をしていることになります!今回は、通信料で大損しないために、格安スマホのあれこれをご紹します!

あなたのスマホはどこのキャリアですか!? docomo? au? Softbank? 大手の携帯キャリアを利用している人が、まだまだ多い世の中ですが、毎月の通信料、大損していますよ!!! 最近話題の“格安スマホ”を利用している人と比較すると、約3倍!平均で年間8~10万円も多く支払っているのだそう…。そう考えるとさすがに無駄ですよね…。

携帯キャリア別スマホ利用率

今のご時世、携帯電話は無くてはならないものになっています。 一昔前は、音声通話がメインでメールもまあまあ利用するという使い方だったため、ガラケー(フィーチャーフォン)が主流でしたが、最近はもっぱらデータ通信で、インターネットを日常的に利用するようになり、画面の大きいスマホ(スマートフォン)を利用する人が増えてきているのです。 総務省が実施した、平成28年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査によると、20代~30代のスマホ利用率は9割を超え、全世代でも71.3%になっているそうです。 ※出典元:http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01iicp01_02000064.html 携帯キャリア別で見てみましょう。

2017年9月MMD総研による格安SIMサービスの利用動向調査によると、大手携帯キャリアの利用者が84.4%と圧倒的に多く、格安スマホに関しては、メイン端末としての利用が8.5%、2台持ちを含む利用率が14.2%とのことでした。 「え?それだけ?」と思われるかも知れませんが、そう、それだけなのです…。 確かに、格安スマホが登場してからまだ日が浅く、どんどん利用者が増えている最中とはいえ、まだ10%程の利用率… たくさんの人が、格安スマホをよく知らないまま、無駄な通信費を払い続けているのです…!

そもそも格安スマホとは??

“格安スマホ”もしくは“格安SIM”をご存じでしょうか?? MVNOが提供する料金プランでスマホを利用することを指し、その料金プランが大手携帯キャリアと比較して格段に安いことから、そう呼ばれています。 ※MVNOとは… 他社から無線インフラを借り受けて音声やデータ通信のサービスを提供する事業者のこと 今の携帯キャリアから格安スマホに乗り換えるだけで、毎月9,000円くらいかけていたスマホ代が、月2,000円程度になるのです!もちろん、人によってプランが異なるので一概には言えませんが、ざっくりでも毎月7,000円も無駄に払っていると考えるとバカバカしいですよね… また、機能面でのデメリットもほとんどなく利用できるのが、格安スマホの嬉しいところです。

こんな人は格安スマホ向き

そうは言っても、格安スマホに向かない人もいるので注意が必要です。 まずは、どんな人が格安スマホに向いているか、見てみましょう。

今すぐ格安スマホにした方が良い人

電話をあまりしない人 大手携帯キャリアには、通話用の基本料金が発生しますが、格安スマホはこれが0円です! 電話はほとんどしないのに、毎月2,700円程度の基本料金を支払っているのはかなり損ですね…。

大手携帯キャリアで2年以上契約している人 今のスマホを既に2年以上契約している場合は、割引がなくなって月額料金がそれまでと比べて高くなっているはずなので、古い端末で高い料金を払っていることになります…。解約月が近くない限り、違約金を支払ってでも格安スマホにした方がトータル圧倒的に安くなります。

初めてスマホを利用する人 初めてスマホを持つ人は、契約のしがらみなく、月額料金も圧倒的に安く利用できる格安スマホが絶対!新規契約特典やキャンペーン特典がある格安SIMサービスもあります。 大手携帯キャリアは乗り換え新規契約の特典はあっても、純新規契約の特典はほとんどありません。

格安スマホにした方が良い人

スマホ本体を持っている人 SIMフリーのスマホ端末や、今使っているスマホ端末をSIMロック解除※できる場合は、本体購入の必要がなくSIMのみの契約になるので、新たに本体購入が必要な人よりも安く利用できるのでお得です。 ※SIMロック解除:http://www.soumu.go.jp/main_content/000330409.pdf

動画視聴やアプリのダウンロードを頻繁に利用しない人 格安スマホは通信速度が遅くなるイメージがあるかも知れませんが、実際はほとんど問題無く利用できます。時間帯やエリアによっては多少低下する場合もありますが、“常に動画を視聴している”というような人でなければ、気になるような影響はないので安心して利用できます。

メールのやりとりは専らGmailやiCloudを利用している人 LINEなどのSNS上でのやりとりがメインでメールをほとんど利用していない人や、普段GmailなどのWebメールを利用している人は、格安スマホにしても何の影響も無く利用できます!ただ@docomo…等、各キャリアのドメインメールを利用している人はこれが使えなくなるので注意が必要です。

格安スマホにしない方が良い人

大手携帯キャリアでスマホを最近購入したばかりの人 契約してすぐの場合は、契約時のキャンペーン特典が戻入される可能性があるばかりでなく、100日以内の場合、SIMロック解除が出来ないので、そのスマホで格安SIMを利用することが出来ませんのでご注意ください。 ※SIMロック解除:http://www.soumu.go.jp/main_content/000330409.pdf なんとなくお分かり頂けているとおり、タイミングや利用の仕方だけ気をつければ、ほとんどの人が格安スマホを利用した方が圧倒的にコストカットできそうですね!

格安SIMの料金プランを選ぶ

実際に格安スマホにしようと思っても、自分がどの料金プランを選べば良いのか分からなくて諦めてしまう人も少なくないようです。 音声かデータかは分かり易いですが、問題なのはデータ通信量制限です。実際に自分が何GB使っているのかを何となくイメージして、プランを選ぶと良いでしょう。 格安スマホでは、おおむね月1,000円前後の一般的な3GBのプランを目安に考えてみます。 何にどのくらい使えるのかというと、一般的なWEBサイト閲覧では約13,000回、テキストメールの送受信では約60万通、動画は3時間程度でしょうか。 多いと感じるか少ないと感じるかはその人に寄りますが、おおむね75%以上の人は3GB未満に収まるそうです!

初回公開日:2018年03月22日

記載されている内容は2018年03月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング