IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

証券業界研究|「現状」「今後の動向・将来性」を知ろう

初回公開日:2016年11月29日

更新日:2020年06月10日

記載されている内容は2016年11月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

就活

今回は「証券業界」に注目して、現状や動向、将来性などについて、まとめました。現状と課題、そしてこれからの流れを知ることで、業界選び、そして企業選びに役立ちます。証券業界への就職をしている方や、業界研究をしているという方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

証券業界企業研究:現状

まずは、証券業界が今、どのような状況なのか、現状を見ていきましょう。基本情報や業界シェアについて、ご紹介していきます。

証券業界の現状:基本情報

証券業界の現状:基本情報
※画像はイメージです
出典: https://unsplash.com

以下は、平成25年~平成26年の証券業界のデータを元にした情報です。 •市場規模:3兆9006億円 •労働者数:7551人 •平均年齢:40.6歳 •平均勤続年数:9.3年 •平均年収:761万円 引用元:「業界動向SEARCH.com(※1)」 証券業界の基本情報の中で、印象的なのは労働者数の少なさと、平均年収の高さです。 証券業界の市場規模は、他の業界と比較すると、標準~やや大きいと言える規模です。しかし、労働者数は他の業界と比較して、やや少なめ。少数精鋭が業界を支えている印象を受けます。 また、業界や職種に関係なく統計された労働者の平均年収は、440万円とされています(※2)。この金額を一般的な年収の標準的金額と考えた場合、証券業界の761万円という平均年収は、300万円以上も上回っています。充分な高額年収と言えるでしょう。

証券業界の現状:業界シェア

続いて、証券業界の市場が、どのような内訳となっているのか、業界シェアを見ていきます。以下は、平成25年~平成26年の各企業の売上高を元にした一覧です。 •業界シェア1:野村ホールディングス •業界シェア2:大和証券グループ本社 •業界シェア3:三菱UFJ証券ホールディングス 引用元:「業界動向SEARCH.com(※1)」 業界シェア1は、野村ホールディングスです。売上高は1兆8318億円、シェア率は47.0%。なんと、業界全体の市場規模の約半分を占めていることになっています。証券業界の市場は、野村ホールディングスの独壇場と言ってっも、過言ではありません。 続いて、シェア率16.5%・売上高6428億円で2は、大和証券グループ本社。1の野村ホールディングスにはかなりの差があります。 業界シェア3は、三菱UFJ証券ホールディングスです。業界シェアは12.5%、売上高は4877億円でした。2と少し差があり、4のSBIホールディングスの業績が売上高2328億円・シェア率6.0%であることを考えると、3と4との業績差には大きな開きがあります。

証券会社でエリートビジネスマンになるには

証券業界へ興味がある人は是非「キャリアパーク」を利用してみましょう。 登録は1分程度で、登録して面談を行えば、経験豊富なプロのキャリアアドバイザーがあなたの性格や長所を見極め、あなたに合った企業を紹介してくれます。 就活に関して不安だったり、悩んでいることがあれば一人で抱え込まず、「キャリアパーク」に相談してみてはいかがでしょうか? 就活は今後の人生を決める重要な選択なので、納得の行く就職活動をしましょう。

証券業界研究:動向

証券業界研究:動向
※画像はイメージです
出典: https://unsplash.com

次に見ていくのは、証券業界の動向です。刻々と変化していく社会情勢や景気。証券業界にもまた、さまざまな変化が訪れています。現在抱えている課題や業界規模の推移などを見て、最終的には将来性について考察していきます。

証券業界の現状:課題

証券業界が現在抱えている課題について見ていきます。どのような問題があり、どう解決していくべきか考えることで、証券業界の将来性などが見えてくるのではないでしょうか? 証券業界の課題1:語学力のある人材の育成・確保 証券業界の中でも、アンダーライダーやM&Aなどの分野では、海外の企業などと取引をする機会が多くなります。自社の証券や製品の魅力をアピールし、より優位に取引を進めていく為には、高い語学力が求められます。グローバル社会となった今、どの業界でも語学力が求められるようになりつつありますが、証券業界では特にその傾向が強く、語学力の高い人材に育成や確保に力を注いでいます。 証券業界の課題2:インターネットによる情報提供の強化 現在の証券業界の大きな課題として、顧客対応力の強化があげられます。特に、インターネットによる情報提供の強化は重視されており、インターネットを利用した情報提供の方法や環境作りの工夫が求められています。 証券業界の課題3:再編 近年の証券業界では、国内外で企業の再編が進んでいます。その結果、大手銀行の系列に入ることもあり、メガバンクは、証券業界でも存在感を増しています。各企業の事業の見直しや再編の流れは、今後も続くと見られており、再編や統合、事業の見直しに成功した企業が、今後も生き残っていくと見られています。(※1)

関連タグ

アクセスランキング