IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

幸いですの意味・敬語表現・ビジネスシーンでの使い方

初回公開日:2016年12月01日

更新日:2020年05月29日

記載されている内容は2016年12月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

敬語

「幸いです」という言葉は、ビジネスシーンで頻繁に使われる表現の一つです。この記事では「幸いです」の意味や敬語表現・ビジネスシーンでの使い方について詳しく紹介します。「幸いです」を使うシチュエーションを意識しながら、適切な使用方法を確認しましょう。

ここからは「幸いです」を使う際の注意点を解説します。「幸いです」に限りませんが、言葉の受け取り方は状況によって異なることを意識しましょう。

目上の人

「幸いです」は決して失礼な言葉ではありません。ですが、そもそも「目上の人に何かを依頼する」という状況は、普段以上に敬意を示す必要性があります。 取引先の役職者など明らかに目上の人に対しては、「幸いです」よりも類語で紹介した「幸甚に存じます」を使用した方が無難です。

幸いですを上手に使って印象アップ!

「幸いです」は依頼と同時に敬意を示せる便利な言葉です。だからこそ、使用されるシチュエーションを意識して適切に使用しましょう。 また、この表現を使用すれば必ず依頼が通るというマジックワードではありません。気持ちよく依頼を受けてもらうためにも、事前の準備を怠らないように心がけましょう。

幸いですをもっと学ぼう!

正しい敬語を使いこなしたい方はコチラ!

こちらの本は正しい敬語の使い方について、 非常によくまとまっていてわかりやすいので、 敬語入門者や新社会人の方にオススメの1冊です!

関連タグ

アクセスランキング