IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

幸いですの意味・敬語表現・ビジネスシーンでの使い方

初回公開日:2016年12月01日

更新日:2020年05月29日

記載されている内容は2016年12月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

敬語

「幸いです」という言葉は、ビジネスシーンで頻繁に使われる表現の一つです。この記事では「幸いです」の意味や敬語表現・ビジネスシーンでの使い方について詳しく紹介します。「幸いです」を使うシチュエーションを意識しながら、適切な使用方法を確認しましょう。

幸いですの意味

「幸いです」というフレーズは、誰かに何かをお願いする場面でよく使われます。「幸いです」の意味と具体的にどのようなシーンで多く使われるのかを見ていきましょう。

どんな意味?

「幸いです」は「幸い」と助動詞の「です」に分けられます。「幸い」は「幸せ」からイメージできる通り、自身に好ましい状況であることを意味しています。 また、相手に対して何かを依頼するときに使用する言葉で、「相手に対してこれをしてくれたら嬉しいです」と言う気持ちを表現しています。

自分にとって望ましく感じられる精神的状態。しあわせ。幸福。 「不幸中の-」 「 -を得る」 「 -あれと祈る」 〔手紙文など改まった場面で、相手に願いごとを聞き入れてほしいという気持ちを表すことがある。「召し上がっていただければ-です」〕

どんなシーンで使われる?

「幸いです」は改まった表現なので、主にビジネスシーンで多く使われています。とりわけメールやビジネス文書など、書面で使用されることの多い表現です。

幸いですの敬語表現とビジネスでの使い方

前述のとおり、「幸いです」はビジネスシーンにおいて誰かに依頼する目的で使われる表現です。一般的には敬語と組み合わせて使われるため、まずは「幸いです」の敬語表現を確認していきましょう。

敬語の3用法

敬語には3つの用法があります。幸いですの敬語表現を詳しく知るために、まずは敬語の3用法をおさらいしましょう。

尊敬語

尊敬語は、会話の相手や話題の対象になった人など、自分以外に対する敬意を示す用法です。主に動作や様子について「~られる」や「いらっしゃる」などの用語が使われます。

謙譲語

謙譲語は、自分もしくは自分側の人間の動作や様子をへりくだって表現することで、会話の相手や話題の対象になった人の立場を高め敬意を示す用法です。「いただく」や「参る」「拝見する」などの用語が使われます。

丁寧語

丁寧語は、文末に「です」「ます」などの丁寧な表現を使うことで相手に対して敬意を示す用法です。

関連タグ

アクセスランキング