IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

デスク周りの整理術と収納グッズ

初回公開日:2018年04月13日

更新日:2020年11月15日

記載されている内容は2018年04月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

社会人常識

ビジネスデスクでも学習デスクでも、毎日使用しているとデスク周りがちらかってくるものです。しかし、どう整理すればいいのかわからない人は多いですね。そんな人のために、今回はデスク周りの整理術を伝授します。さらにリーズナブルで便利な収納グッズもご紹介します。

デスク周りを整理するメリットとは?

デスク周りを整理するメリットとは?
※画像はイメージです
出典: https://unsplash.com

デスク周りがきちんと整理がされていないと、仕事や勉強に必要な物を探すのに時間がかかってしまうだけでなく、散らかっている物に気をとられてしまい、仕事や勉強への集中力が薄くなってしまいます。 では、デスク周りを整理するとどのようなメリットがあるのでしょう。 まず、決められた場所にきちんと整理しておくことで、仕事や勉強に必要な物をサッと取り出せて、物を探す時間が省けるので計画どおりに仕事や勉強をこなすことができます。さらにデスク上の作業スペースがきちんと確保できるため、仕事や勉強に集中できます。 このようにデスク周りが整理整頓された状態であれば、時間にゆとりができることから、趣味などにも時間を有効活用できるので、心にも余裕が生まれてきます。

デスク周りを片付ける整理術!

ここでは散らかりがちなデスク周りを片付けるための整理術を紹介します。

デスクの上

デスクの上に余計な物が散乱していると、集中力の妨げになることから、デスクの上にはパソコンや電話といった必要最低限の物だけを出しておくことが理想です。どうしても書類や小物を出しておく必要がある場合は、決められた場所にまとめておくようにしましょう。 デスクの上を整理する際のポイントは、収納ケースや小物入れを活用するということです。例えば、書類であれば収納ケースに入れて立てて収納したり、メモ帳や筆記用具などは中身が確認できるペン立てや小物入れに収納しておきましょう。 このように、デスクの上を整理することで見た目スッキリするだけでなく、仕事や勉強をする作業スペースが確保できるため、特に作業スペースが狭いという人には収納ケースや小物入れを活用した整理術はです。

センター引き出し

デスクの中央にあるセンター引き出しには、つい書類などを入れてしまいがちですが、センター引き出しの整理整頓の理想としては、ここには何も入れないことです。 デスクの上で作業をしている途中に、席を離れる場合には大切な書類を出したままではいけません。こういった場合には、出している書類などを一時的にセンター引き出しに入れておくと安心ですし、デスクの上をきれいに保つこともできます。 センター引き出しに何か入れるのであれば、レポート用紙や定規、社内の内線リストといったものだけを収納しておくとよいでしょう。

上段の引き出し

デスクの引き出しの中でも、上段の引き出しは使用する頻度が高く開け閉めする機会も多いので、せっかくきれいに整理をしても中身が散乱してしまうという経験をしたことがある人は多いでしょう。さらに、デスクの上とは違って、他の人から見られないことも散らかってしまう原因です。 引き出しの中をキレイに収納するためには、なるべく隙間ができないように仕切りケースを入れることで、何がどこにあるのか見た瞬間にわかるだけでなく、引き出しを開け閉めしても中身が散らからなくなります。空いてしまったスペースは、名刺が入っていた箱などで隙間を埋めておくとよいでしょう。使用頻度が高い上段の引き出しを整理することで作業効率アップを目指せます。 仕切りケースの中は、筆記用具、はさみやホッチキス、電卓、メモ帳というように大まかな分類に分けて、使用頻度の高いものを手前側に収納することがポイントになります。

下段の引き出し

デスクの引き出しの中で一番深さがある下段の引き出しは、書類の保管に最適です。整理のポイントとしては、いくつかの分類に仕切って一目で何の書類かがわかるように、収納ケースに立てて収納するようにします。 例えば、現在進行形の書類・月別の新規契約の書類というように分類するのもよいでしょう。引き出し一番手前にはやりかけの書類を、その次に書類作成のマニュアルや契約に関する情報書類などを収納することで、作業効率もアップします。ファイリングした中身が何の書類なのかわかるように、ラベルやインデックスを活用して整理しましょう。 引き出しの一番奥に空きスペースがある場合は、通勤用のバッグなどを入れておいても構いません。

中段の引き出し

デスクの引き出しの中でどう使用していいか迷ってしまうのが中段の引き出しです。普段使用する小物などは上段の引き出しに、大切な書類などは下段の引き出しに、では中段の引き出しには何を入れるとよいのでしょう。 中段の引き出しの使い方は人によって違ってきますが、作業データなどのCD-ROMやDVD、携帯電話の充電器、名刺のストックといったものを収納するとよいでしょう。また、調べものをするときに使う辞書や参考書類などの大きめのものを入れるのもです。人によっては、私物の癒やしグッズや間食用のお菓子などを入れている場合もあります。 上段の引き出しと同じように、トレーや瓶、仕切り板などを使用して引き出しの中を整理しておくと、清潔でわかりやすく収納することができます。

机の下

デスク下の整理整頓の理想としては、ゴミ箱以外に何も置かないことです。しかし、女性の中には通勤の際は歩きやすい靴を履き、職場でヒールのある靴に履き替えるといった人も多いです。 そういった人にデスク下の収納術は、簡単な棚を用意するということです。最近では100円ショップでも色々なサイズの簡易棚が売られています。そういった棚を一つ足下に用意するだけで、靴だけでなく通勤に持ち歩いているバッグなども収納できますので、デスク下がスッキリと整理できます。

アクセスランキング