IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

技術営業の特徴|仕事内容/適性/年収/休み/離職率・志望動機の例

初回公開日:2018年03月22日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2018年03月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

職種研究

技術営業という仕事をご存知でしょうか。企画営業、営業事務などと比べると、「技術営業」はあまり耳なじみがないように思えますよね。この記事では、「技術営業」の特徴や、技術営業になるための志望動機や資格・スキルなどについて見ていこうと思います。

技術営業になりたい!受かる志望動機の例

さて、ここまでは技術営業職がどんな仕事なのかを紹介してきましたが、ここの章では営業の志望動機だけでは足りず、技術職の志望動機だけでも足りない「技術営業職になるための志望動機」について触れていきます。

志望動機は「仕事におけるやりがい」を重視して

1つ前の章で触れたように、技術営業職というのは普通の営業職に比べて、得なくてはならない知識量が多く、仕事量も多い仕事です。ですので、技術営業職を志望するときには「やりがい」というのをしっかり推すことが大切になってきます。 中途採用で、今まで培ってきた経験があれば、「前職の経験を活かして、御社の仕事でも役に立てると確信しております」という文言が生きます。それをベースとし、前職ではどんな経験をしてきたかも面接官に知らせられればよりベターでしょう。 新卒であれば、大学時代に学んできたことや、仕事への思い、仕事にやりがいを感じていることを面接官に伝えることが大切です。

志望動機の例

「前職では、カーリースの法人営業職として日々仕事を頑張ってまいりました。その際、営業としてのスキルを学んでまいりました。この度技術営業職へ志望いたしましたのは、培ってきた経験を活かし、よりお客さまに寄り添った営業になりたいと考えたためです。技術営業職としてのやりがいを感じながら、御社の仕事でも役に立てることと存じます」

技術営業に必要な資格やスキルとは?

技術営業の仕事で求められているスキルや、面接の際に有利に働く資格はあるのでしょうか。この章では、そんな「技術営業職に必要なスキル・資格」について詳しく見ていきます。

技術営業が必要なスキル1:分野への理解の深さは武器に!「専門知識」

まず、何よりも大切なのはその分野における専門知識でしょう。 面接や書類選考の段階で、仕事に準じたスキルを持っていることが見て取れると、企業も採用しやすくなりますので、「就きたい技術営業職」に必要なスキルは学んでおいて損はありません。 印刷会社なら、印刷に関する知識を幅広く、IT系ならその分野の知識を深く身につけましょう。技術というのは日進月歩で日々進化しているので、常に勉強をし続けなくてはなりません。未経験からの技術営業であれば、会社で勉強の機会を設けられることが多いですから、そこで学び、お客様の前ではしっかり自分ひとりで説明できるようになっておきましょう。

技術営業が必要なスキル2:営業の必須スキル!「聴く」力

専門知識が備わっていても、「営業」に必要な「お客様の話を聞くスキル」がなければ、技術営業職として大成することはできないでしょう。 技術の知識が、いくら人よりもたくさんあったとしても、お客さまの要望と全く違ったものを作ってしまっては何の意味もありません。お客さまがどんな「モノ」をあなたに作ってほしいのか、持ってきてほしいのか、提案してほしいのかを推し量ることはできません。やはり、聴いてこそ理解できるはずです。 「聴く力」は、技術営業職として、必ず持っておくべきスキルの一つだと言えるでしょう。

技術営業が必要なスキル3:聴く力だけじゃない!「話す力」も必要

技術営業が取り扱うのは、専門知識と技術です。それを、全く分からないお客さま相手に説明しなくてはならないシーンも出てくるでしょう。そんな時必要になってくるスキルが「話す力」です。 せっかくあなたが勉強し、聞く力をもってして引き出したお客さまの要望があったとします。それを「どんなものを使い」「どうやって」「どれくらいで」実現できるのか説明できてこその営業職です。その時、相手に対し、簡潔で分かりやすく、そしてスムーズに理解ができるような言葉選びをしなくてはなりません。 あなたがもし普通のサラリーマンで、全くIT系に知識がないとします。なのに、営業に来た技術営業職の人が、専門用語ばかりでベラベラ話していたら、どう思うでしょう。いい印象は持たないのではありませんか。 相手の理解力に合わせた言葉の選び方で、心地いい話し方ができるというのも、技術営業に求められる大きなスキルです。

押さえておくと有利なのは「セールススキル検定」!

基本的に技術営業職というのは、お医者さんになるために医師免許が必要だったり、先生になるために教員免許が必要だったりする職業ではありません。特に「絶対にこの資格がないとなれない」という仕事ではないということになります。 しかし、だからといって就職競争を勝ち抜くために「資格」というファクターはおろそかにはできません。技術力はのちから学ぶとして、あなたが「営業」としてスキルがあることを資格で示せれば、一つの採用の判断材料になるでしょう。 特定非営利活動法人セールスコーチング協会が実施している「セールススキル検定」という資格があります。これは、個人の営業力を示してくれる、珍しい「営業資格」です。

資格の勉強は今後の生活のためにもなる

セールスマナーから関係性の構築、計画実行などの基本的なところから、実際の営業活動に必要な要素も学ぶことができるだけでなく、級を上げることで営業力を高めることも可能です。営業としてのスキルを仕事を始める前に少しでも学んでおきたいという人は、ぜひチャレンジしてみてください。

関連タグ

アクセスランキング