IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

技術営業の特徴|仕事内容/適性/年収/休み/離職率・志望動機の例

職種研究

技術営業という仕事をご存知でしょうか。企画営業、営業事務などと比べると、「技術営業」はあまり耳なじみがないように思えますよね。この記事では、「技術営業」の特徴や、技術営業になるための志望動機や資格・スキルなどについて見ていこうと思います。

更新日時:

技術営業の気になる特徴は大きく5つに分かれている

技術営業の特徴|仕事内容/適性/年収/休み/離職率・志望動機の例

そもそも、技術営業職とはどんな仕事なのでしょうか。 技術営業職とは、文字どおり「持てる技術を使い、製品の設計・販売まで行う営業」のことを指しています。普通の営業ではやらない範囲のことまで手広くやるのが技術営業職。この章では、そんな技術営業職の5つの特徴について見ていきます。

特徴その1:技術営業職の具体的な仕事内容はやはり「営業」が主

技術営業の特徴|仕事内容/適性/年収/休み/離職率・志望動機の例

先に述べたとおり、技術営業職は「技術能力を持った営業」を指します。とはいえ、やはり営業職は営業職。普通の営業と同じように、自社の製品を売るのが主な仕事になります。 具体的に「普通の営業」と大きく違っている点は、「売るもの」にあります。営業職といって最もイメージしやすいのは、例えば訪問営業だったり、電話営業ではないでしょうか。そういった時、販売されるのは健康食品やダイエット器具など、いわゆる「技術的な知識がなくても売れる」ような商品です。 そして、その商品を作るのは営業ではなく全く別の部署ですが、「技術営業職」が販売する商品は違っています。 例えば、IT関連などの情報技術や印刷物などの製造営業は、お客さまに商品を説明したり、それを作って販売する技術が必要です。つまり、営業職でありながら、お客様の求める商品を技術的に作成し、お渡しする。そんな営業が、「技術営業職」です。

特徴その2:技術営業職の適正は「知識欲があること」

技術営業の特徴|仕事内容/適性/年収/休み/離職率・志望動機の例

普通の営業マンも、もちろん営業ノウハウや扱う商品についての知識は必要になります。ですが、技術営業マンはそれ以上の知識量が求められています。 お客様が求める商品は、一つではなく、同じパターンでもありません。その時々のニーズに合わせた提供がスムーズにできるように、常に新たな情報を取り入れ、どんな技術があればお客さまにとってベストな商品の実現が可能なのかを学び続けなくてはなりません。技術営業職には、学びに終わりはありません。 そして、その知識をもってしてチャンスを逃すことなく営業ができることが、技術営業職として仕事をするための重要な一歩になります。技術営業職として活躍するためには、知らないことは何でも取り入れ、常にたくさんの知識を兼ね備えることが大切です。適性としては、「知識欲が旺盛である」という性格の人が有利に働くはずです。

特徴その3:技術営業職の年収は「約450万円」

技術営業の特徴|仕事内容/適性/年収/休み/離職率・志望動機の例

上記のように、技術営業職の年収は約450万円前後となっています。普通営業の年収が、個人営業・法人営業ともに420万円前後を推移していますから、技術営業職のほうが年収は高くなっているのが見て取れます。 やはり、専門知識の必要な技術職と同じで、それと同じくらいのの知識量を求められる技術営業は専門性が買われているのでしょう。もしこれから「営業を目指したい」と考えている人で、まだ方向性を定めていないのであれば、技術営業職のほうが同じ時間働いても年収が高いですから、候補の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。

技術営業の平均年収は467万円となっています。

特徴その4:技術営業職の休みは「不定期」!

技術営業の特徴|仕事内容/適性/年収/休み/離職率・志望動機の例

普通の営業職やSEよりも、精神的・肉体的なタフさを求められるのが、技術営業職。営業だけやっていればいいというわけではなく、顧客のスケジュールに合わせて技術を提供しなくてはならないため、実は休日出勤が多いのもこの仕事の特徴です。 たとえ自社が休みであっても、クライアントからの要望があれば出社しなくてはならなかったり、製作の進捗によっては帰社後に電話がかかってくることもしばしばあります。その分、製品が完成した時の達成感は得も言われぬものがありますが、肉体的にも精神的にも、あまり休まらない仕事であるのは事実です。

特徴その5:技術営業職の離職率は「それなりに高い」

技術営業の特徴|仕事内容/適性/年収/休み/離職率・志望動機の例

やはり、営業職はつらいことも多く、離職率は高くなっています。離職率の高さの理由はやはり休みの少なさや、体力的な面の辛さがあるでしょう。または、十二分に経験を積み、さらに上を目指してのキャリアアップ転職も考えられます。 その分、常にいくらかの求人が出ていることも特徴です。また、そんな中でも、技術営業職だけが得られる達成感や技術力を得られる仕事が肌に合っている人たちは、一つの職場で長く続けていることも珍しくありません。

技術営業になりたい!受かる志望動機の例

技術営業の特徴|仕事内容/適性/年収/休み/離職率・志望動機の例

さて、ここまでは技術営業職がどんな仕事なのかを紹介してきましたが、ここの章では営業の志望動機だけでは足りず、技術職の志望動機だけでも足りない「技術営業職になるための志望動機」について触れていきます。

志望動機は「仕事におけるやりがい」を重視して

1つ前の章で触れたように、技術営業職というのは普通の営業職に比べて、得なくてはならない知識量が多く、仕事量も多い仕事です。ですので、技術営業職を志望するときには「やりがい」というのをしっかり推すことが大切になってきます。 中途採用で、今まで培ってきた経験があれば、「前職の経験を活かして、御社の仕事でも役に立てると確信しております」という文言が生きます。それをベースとし、前職ではどんな経験をしてきたかも面接官に知らせられればよりベターでしょう。 新卒であれば、大学時代に学んできたことや、仕事への思い、仕事にやりがいを感じていることを面接官に伝えることが大切です。

志望動機の例

「前職では、カーリースの法人営業職として日々仕事を頑張ってまいりました。その際、営業としてのスキルを学んでまいりました。この度技術営業職へ志望いたしましたのは、培ってきた経験を活かし、よりお客さまに寄り添った営業になりたいと考えたためです。技術営業職としてのやりがいを感じながら、御社の仕事でも役に立てることと存じます」

技術営業に必要な資格やスキルとは?

技術営業の特徴|仕事内容/適性/年収/休み/離職率・志望動機の例

技術営業の仕事で求められているスキルや、面接の際に有利に働く資格はあるのでしょうか。この章では、そんな「技術営業職に必要なスキル・資格」について詳しく見ていきます。

技術営業が必要なスキル1:分野への理解の深さは武器に!「専門知識」

技術営業の特徴|仕事内容/適性/年収/休み/離職率・志望動機の例

まず、何よりも大切なのはその分野における専門知識でしょう。 面接や書類選考の段階で、仕事に準じたスキルを持っていることが見て取れると、企業も採用しやすくなりますので、「就きたい技術営業職」に必要なスキルは学んでおいて損はありません。 印刷会社なら、印刷に関する知識を幅広く、IT系ならその分野の知識を深く身につけましょう。技術というのは日進月歩で日々進化しているので、常に勉強をし続けなくてはなりません。未経験からの技術営業であれば、会社で勉強の機会を設けられることが多いですから、そこで学び、お客様の前ではしっかり自分ひとりで説明できるようになっておきましょう。

技術営業が必要なスキル2:営業の必須スキル!「聴く」力

専門知識が備わっていても、「営業」に必要な「お客様の話を聞くスキル」がなければ、技術営業職として大成することはできないでしょう。 技術の知識が、いくら人よりもたくさんあったとしても、お客さまの要望と全く違ったものを作ってしまっては何の意味もありません。お客さまがどんな「モノ」をあなたに作ってほしいのか、持ってきてほしいのか、提案してほしいのかを推し量ることはできません。やはり、聴いてこそ理解できるはずです。 「聴く力」は、技術営業職として、必ず持っておくべきスキルの一つだと言えるでしょう。

技術営業が必要なスキル3:聴く力だけじゃない!「話す力」も必要

技術営業の特徴|仕事内容/適性/年収/休み/離職率・志望動機の例

技術営業が取り扱うのは、専門知識と技術です。それを、全く分からないお客さま相手に説明しなくてはならないシーンも出てくるでしょう。そんな時必要になってくるスキルが「話す力」です。 せっかくあなたが勉強し、聞く力をもってして引き出したお客さまの要望があったとします。それを「どんなものを使い」「どうやって」「どれくらいで」実現できるのか説明できてこその営業職です。その時、相手に対し、簡潔で分かりやすく、そしてスムーズに理解ができるような言葉選びをしなくてはなりません。 あなたがもし普通のサラリーマンで、全くIT系に知識がないとします。なのに、営業に来た技術営業職の人が、専門用語ばかりでベラベラ話していたら、どう思うでしょう。いい印象は持たないのではありませんか。 相手の理解力に合わせた言葉の選び方で、心地いい話し方ができるというのも、技術営業に求められる大きなスキルです。

押さえておくと有利なのは「セールススキル検定」!

技術営業の特徴|仕事内容/適性/年収/休み/離職率・志望動機の例

基本的に技術営業職というのは、お医者さんになるために医師免許が必要だったり、先生になるために教員免許が必要だったりする職業ではありません。特に「絶対にこの資格がないとなれない」という仕事ではないということになります。 しかし、だからといって就職競争を勝ち抜くために「資格」というファクターはおろそかにはできません。技術力はのちから学ぶとして、あなたが「営業」としてスキルがあることを資格で示せれば、一つの採用の判断材料になるでしょう。 特定非営利活動法人セールスコーチング協会が実施している「セールススキル検定」という資格があります。これは、個人の営業力を示してくれる、珍しい「営業資格」です。

資格の勉強は今後の生活のためにもなる

セールスマナーから関係性の構築、計画実行などの基本的なところから、実際の営業活動に必要な要素も学ぶことができるだけでなく、級を上げることで営業力を高めることも可能です。営業としてのスキルを仕事を始める前に少しでも学んでおきたいという人は、ぜひチャレンジしてみてください。

技術営業と似ている職業の違いとは

技術営業の特徴|仕事内容/適性/年収/休み/離職率・志望動機の例

技術営業は、似たような仕事がいくつもあります。「この仕事をやりたいのに、間違ってこっちの仕事に入ってしまった」なんてことがないよう、技術営業と、似たような仕事との違いについて見ていきましょう。

「営業」との違いとは

営業との違いについては、上でも一部触れたところではありますが、改めて取り上げていきます。 一般的に「営業」というのは、自社の製品を販促し、クライアントを相手に商談・提案、そして価格交渉を行ない、仕事を取ってくる部署を指しています。 技術営業も、営業の一部ではありますので、上記のようなことは共通しています。ですが、扱っている製品が違います。専門性の高い技術を販売し、かつその設計も手掛けるケースがあるので、一般営業にはない高度な知識が必要になります。 簡単に言えば、一般営業がになっていない製品作成も、技術営業は一手に担っている、と言えます。それゆえ、給与にも開きがあります。

「営業技術」との違いとは

「逆さになっただけで、同じ職業なのでは」と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、それは間違いです。営業技術は「営業活動に対する技術・品質管理のサポートやお客様の満足する新商品や新技術の開発を行なう」仕事です。 もっと簡単にいえば、製品を購入、もしくは検討していただいているお客さまに対し、専門的なノウハウと技術的感覚をもって技術サポートを行う仕事と言えます。つまり、営業の補佐的な立ち位置に当たります。技術を販売する技術営業とは真逆の位置にある「開発・サポート」の部署が「営業技術」になります。

「エンジニア」との違いとは

「エンジニア」との違いは分かりやすいのではないでしょうか。エンジニアを一言でいえば、「技術職」。技術営業の、営業を省いた仕事になります。エンジニアというと、かつては固い理系職業のように考えられていましたが、今ではその認識も改められています。 バイオエンジニアやITエンジニアなど、私たちが暮らしていくにあたって、さまざまなところに製品やサービスのアイデアを形にする仕事の「エンジニア」が関わっているのが現在です。 技術営業と同じように、便利な生活を作り、そして陰で支えているのはエンジニアです。将来的にはより発展していく職種の一つであるでしょう。

「セールスエンジニア」との違いとは

大まかに言って、「技術営業」と同じ意味で使われていることが多いのがセールスエンジニアです。求人情報などで「セールスエンジニア」と書かれているときは、「技術営業のことかな」と判断し、内容を精査してみてください。 ですが、さらに詳しく突き詰めていくと、「技術営業」と「セールスエンジニア」の違いも見えてきました。セールスエンジニアを「営業部隊と行動を共にする」職のことを指しているケースが、稀にあります。 つまり、技術営業が営業も技術も一手に担うのとは違い、セールスエンジニアは「営業は別にいながら、自分は技術者として営業に参加する」という立ち位置です。営業マンと一緒に営業先へ出向き、お客さまに技術の説明をしたり、お客様の企業内に常駐したり、サポートを行いながら交渉をする「サポート職種」とも言えるでしょう。

大変な分、やりがいも大きな技術営業職

ここまで、技術営業について詳しく見てきましたが、いかがでしたか。営業だけでなく、そして技術だけではない「技術営業職」。お客さまと近い立場で、プロジェクト達成まで寄り添うことができる仕事である技術営業職は、おおきなやりがいを感じられる仕事と言えるでしょう。 その分、その分野のプロになるつもりで知識を深めたり、お客さまに納得してもらい商品を買っていただくための営業能力を高めねばならなかったりと、多くの学びが必要になります。そして仕事の大変さから、肉体的・精神的な忍耐力も求められるのも技術営業の一面です。 たしかに大変な仕事ではありますが、やり遂げた時の達成感は計りしれないはずです。興味がある人はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

アクセスランキング