IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

履歴書での卒業見込みの書き方・計算方法・なしの人はどうなるか

初回公開日:2018年04月08日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2018年04月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

書類選考・ES

履歴書の学歴欄に書く「卒業見込み」という文字。特に気にせず書いている学生の方もいるのではないでしょうか。卒業見込や在学中との違い、卒業見込み証明書の発行方法や、卒業見込みがなしの人はどうなるのかなど、今回は「卒業見込み」の書き方や疑問についてご紹介します。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

履歴書の「卒業見込み」の書き方は?

新たな生活に向けて就職活動を始めると、履歴書やエントリーシートなどで学歴を書く機会が増えます。学歴欄を書く時、卒業予定の年月、学校名、学部・学科名などの最後に「卒業見込み」と書くことで、あなたがこの学校を卒業予定であると伝えます。志望動機とは違い、特に気にせず「卒業見込み」と書いている学生の皆さんも多いのではないでしょうか。 今回はこの学歴欄に書く「卒業見込み」をテーマに、「在学中」や「卒業予定」と書いてはいけないのか。「卒業見込」との違いは何か。卒業見込み証明書の発行はどうすればよいか。「卒業見込み」から留年になると内定は取り消されてしまうのか。など「卒業見込み」の書き方や疑問について紹介していきます。

そもそも卒業見込みって?

そもそも「卒業見込み」とはどのような状態のことを指すのでしょうか。「卒業見込み」とは、卒業するまでに必要な全ての単位の取得が見込める状態を指します。つまり通常卒業は3月ですので、卒業する年度の3月には卒業が可能であることを表す言葉です。 卒業するために必要な単位を全て取得していることが前提であるので、単位が確保できることが事前に分かっていれば、卒業する年度でなくても書くことが可能です。例えば、通常4年制大学の卒業は4年生終了時ですが、3年生の就職活動を行う時期に単位が問題なければ「卒業見込み」と書くことができます。

日付(○○年○○月)は卒業時期に合わせる

「卒業見込み」と記載する日付(○○年○○月)は、卒業の時期に合わせて書きます。「卒業見込みなのだから、今現在の日付を書いた方がいいのでは?」と思われる方もいるでしょうが、これは間違いです。履歴書に書く日付は、確実に卒業できる時期を記載する必要がありますので、日付を書く時は実際に卒業する時期に合わせて書きます。

記入例

(西暦の場合) 2018年3月○○○大学◆◆学部卒業見込み (和暦の場合) 平成30年3月△△△△専門学校卒業見込み

「卒業見込み」or「卒業見込」?

「卒業見込み」と書くのか「卒業見込」と書くのかどちらを書くべきなのか迷っている方もいるでしょう。履歴書の見本などを見ても「卒業見込み」と「卒業見込」が混在しているのですが、正式には送り仮名をつけた「卒業見込み」と書くのが正解です。【込】は「こ」と読み「こみ」とは読まないからです。 「卒業見込」の表記でも「卒業するのだな」と意味は伝わるので問題にならない場合も多いですし、送り仮名をつけないことが原因で不採用となることもまずありません。しかし、履歴書はあなたをアピールする正式な書類です。正しい日本語を用いて書くことをします。

「卒業予定」とはどう違うの?

「卒業見込み」と「卒業予定」はどう違うのでしょうか。どちらの言葉も「卒業可能であること」を表している言葉ですので、どちらを使用しても意味としては間違いではありません。 しかし、ニュアンスの違いから通常は「卒業予定」ではなく「卒業見込み」と書きます。似ている言葉ですが「卒業見込み」を使用する方がより強く確定的な印象があるからです。どちらを書こうか迷っている場合は「卒業見込み」と使うようにしましょう。

「在学中」と書いてもいいの?

「在学中」とはその学校の学生であることを示しています。就職活動中はまだ学生なので「在学中」と書きたくなってしまいますが、就職活動で使用する履歴書の学歴欄には「在学中」とは書きませんので注意しましょう。 企業の採用担当者は、「あなたがいつ卒業して自社で働くことができるのか」を知りたいと考えています。「在学中」と書いてあると、あなたがいつ卒業するのか分かりません。留年などで在学期間が延びることもあるのではないかという懸念も生じます。新卒で就職活動を行っている場合、履歴書の学歴欄は「卒業見込み」と書くことを覚えておきましょう。 「在学中」という表記はアルバイト先などに履歴書を提出する際に使います。「在学中」と書く場合の日付の表記は「卒業見込み」の場合とは違い、今現在の日付を書くので合わせて覚えておきましょう。

関連タグ

アクセスランキング