IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

履歴書での卒業見込みの書き方・計算方法・なしの人はどうなるか

書類選考・ES

履歴書の学歴欄に書く「卒業見込み」という文字。特に気にせず書いている学生の方もいるのではないでしょうか。卒業見込や在学中との違い、卒業見込み証明書の発行方法や、卒業見込みがなしの人はどうなるのかなど、今回は「卒業見込み」の書き方や疑問についてご紹介します。

更新日時:

履歴書の「卒業見込み」の書き方は?

履歴書での卒業見込みの書き方・計算方法・なしの人はどうなるか

新たな生活に向けて就職活動を始めると、履歴書やエントリーシートなどで学歴を書く機会が増えます。学歴欄を書く時、卒業予定の年月、学校名、学部・学科名などの最後に「卒業見込み」と書くことで、あなたがこの学校を卒業予定であると伝えます。志望動機とは違い、特に気にせず「卒業見込み」と書いている学生の皆さんも多いのではないでしょうか。 今回はこの学歴欄に書く「卒業見込み」をテーマに、「在学中」や「卒業予定」と書いてはいけないのか。「卒業見込」との違いは何か。卒業見込み証明書の発行はどうすればよいか。「卒業見込み」から留年になると内定は取り消されてしまうのか。など「卒業見込み」の書き方や疑問について紹介していきます。

そもそも卒業見込みって?

履歴書での卒業見込みの書き方・計算方法・なしの人はどうなるか

そもそも「卒業見込み」とはどのような状態のことを指すのでしょうか。「卒業見込み」とは、卒業するまでに必要な全ての単位の取得が見込める状態を指します。つまり通常卒業は3月ですので、卒業する年度の3月には卒業が可能であることを表す言葉です。 卒業するために必要な単位を全て取得していることが前提であるので、単位が確保できることが事前に分かっていれば、卒業する年度でなくても書くことが可能です。例えば、通常4年制大学の卒業は4年生終了時ですが、3年生の就職活動を行う時期に単位が問題なければ「卒業見込み」と書くことができます。

日付(○○年○○月)は卒業時期に合わせる

「卒業見込み」と記載する日付(○○年○○月)は、卒業の時期に合わせて書きます。「卒業見込みなのだから、今現在の日付を書いた方がいいのでは?」と思われる方もいるでしょうが、これは間違いです。履歴書に書く日付は、確実に卒業できる時期を記載する必要がありますので、日付を書く時は実際に卒業する時期に合わせて書きます。

記入例

(西暦の場合) 2018年3月○○○大学◆◆学部卒業見込み (和暦の場合) 平成30年3月△△△△専門学校卒業見込み

「卒業見込み」or「卒業見込」?

「卒業見込み」と書くのか「卒業見込」と書くのかどちらを書くべきなのか迷っている方もいるでしょう。履歴書の見本などを見ても「卒業見込み」と「卒業見込」が混在しているのですが、正式には送り仮名をつけた「卒業見込み」と書くのが正解です。【込】は「こ」と読み「こみ」とは読まないからです。 「卒業見込」の表記でも「卒業するのだな」と意味は伝わるので問題にならない場合も多いですし、送り仮名をつけないことが原因で不採用となることもまずありません。しかし、履歴書はあなたをアピールする正式な書類です。正しい日本語を用いて書くことをおすすめします。

「卒業予定」とはどう違うの?

「卒業見込み」と「卒業予定」はどう違うのでしょうか。どちらの言葉も「卒業可能であること」を表している言葉ですので、どちらを使用しても意味としては間違いではありません。 しかし、ニュアンスの違いから通常は「卒業予定」ではなく「卒業見込み」と書きます。似ている言葉ですが「卒業見込み」を使用する方がより強く確定的な印象があるからです。どちらを書こうか迷っている場合は「卒業見込み」と使うようにしましょう。

「在学中」と書いてもいいの?

「在学中」とはその学校の学生であることを示しています。就職活動中はまだ学生なので「在学中」と書きたくなってしまいますが、就職活動で使用する履歴書の学歴欄には「在学中」とは書きませんので注意しましょう。 企業の採用担当者は、「あなたがいつ卒業して自社で働くことができるのか」を知りたいと考えています。「在学中」と書いてあると、あなたがいつ卒業するのか分かりません。留年などで在学期間が延びることもあるのではないかという懸念も生じます。新卒で就職活動を行っている場合、履歴書の学歴欄は「卒業見込み」と書くことを覚えておきましょう。 「在学中」という表記はアルバイト先などに履歴書を提出する際に使います。「在学中」と書く場合の日付の表記は「卒業見込み」の場合とは違い、今現在の日付を書くので合わせて覚えておきましょう。

「現在に至る」と書くのはあり?

「現在に至る」は通常職歴を書く場合など、現在進行形で何か仕事をしているような場合に使用する言葉です。企業に在籍しながら別の仕事を探しているような場合や、アルバイトをしつつ仕事を探しているような場合は「現在に至る」と書いて、現在も仕事をしていることを伝えます。新卒の就職活動で書く学歴欄では使用しない表現ですので、誤って記載しないように注意して下さい。

卒業見込み証明書とは?

履歴書での卒業見込みの書き方・計算方法・なしの人はどうなるか

本当に卒業可能かどうか証明する方法として、学校が発行する「卒業見込み証明書」という書類があります。新卒で就職活動を行う場合は、入社試験を受ける際にこの卒業見込み証明書の提出を求めらることがほとんどです。 履歴書に「卒業見込み」と書かれていても、企業側はあなたが本当に卒業できるのかどうか分かりません。ですので、学校が発行する卒業見込み証明書を提出してもらい、卒業可能かどうか確認するということです。

卒業見込み証明書の発行方法は?

卒業見込み証明書の発行は各大学により取り決めがあるので、詳細についてはあなたが通っている学校に確認するのが早いです。学校によっては○○単位以上を取得していないと発行ができないなど、発行可能な条件が細かく設定されている場合もあるので、早めの段階で確認することをおすすめします。 自動発行機が備わっている学校では、卒業見込み証明書も自動発行機から発行できるところもあります。急ぎの場合などは大変便利ですので、一度自動発行機の場所を確認しておくといいでしょう。

卒業見込み証明書の発行可能な時期は?

卒業見込み証明書が発行可能な時期も、学校によって異なります。いつから発行が可能かどうかも併せて学校に確認するといいでしょう。大学の場合はほとんどが4年生の6月頃にもなれば発行可能となるようですが、取得できていない単位が多いなど単位取得の状況によっては「卒業見込み」がもらえず、発行できない場合もあります。注意しましょう。 また、就職活動を3年生の段階で開始する場合、卒業見込み証明書の発行が間に合わないこともあるでしょう。その場合は、あらかじめ学校に卒業見込み証明書の発行時期を確認し、企業の採用担当者に提出可能な時期を伝えておきましょう。

卒業見込み年の計算方法は?

履歴書での卒業見込みの書き方・計算方法・なしの人はどうなるか

インターネットなどで検索すると卒業見込み年を自動で計算してくれるサイトも存在します。計算するのが面倒くさいという方はサイトなどを利用すると正確で便利です。自ら計算する場合は、入学した年と卒業する年が食い違わないように注意しましょう。 記入した入学年と卒業年が食い違っていた場合、留年していたのではないかと受け取られてしまうこともあります。単なるミスであったとしても、採用担当者から「そそっかしい人だ」とマイナス印象を持たれてしまう可能性もあるので、年を記入する際は必ず確認してから正確に書くようにしましょう。 また、履歴書に書く時は必ず年号を統一して書くことを忘れてはいけません。年号が統一されていれば、西暦であっても和暦であってもどちらでもかまいません。しかし、平成や昭和といった和暦年号をアルファベットで”H”や”S”と省略して表記するのはNGです。略さず正式に書きましょう。

「卒業見込み」と書ける時期は?

履歴書での卒業見込みの書き方・計算方法・なしの人はどうなるか

では、いつから「卒業見込み」と書くことができるのでしょうか。卒業が確定していなくてもきちんとめどが立っている状態であれば「卒業見込み」と書くことができます。あなたが大学生であるなら、就職活動を開始する3年生からは「卒業見込み」を使うことができます。 しかし、留年が決定しているのに「卒業見込み」と書くのはウソをつくことになりますのでいけません。また、入学して間もない時期なのに「卒業見込み」を使うのも誤りですので覚えておきましょう。

卒業見込みなしの人の就活方法は?

履歴書での卒業見込みの書き方・計算方法・なしの人はどうなるか

卒業見込みがもらえない場合はどのように就職活動を行ったらよいのでしょうか。4年制大学では多くの学校が4年生に上がった4月には卒業見込みが確定し、6月頃には卒業見込み証明書の発行が可能になります。 しかし、単位の取得状況によっては卒業見込みがもらえない場合もあります。「卒業見込みがもらえないなら就職できない」と就職活動を止めてしまう学生の方もいますが、諦める前にもう一度履修状況を確認してみましょう。 4年生の前期で単位を取得すれば、前期が終了した時点で卒業見込みとなる可能性もあります。採用選考で卒業見込み証明書の書類が提出できなかったとしても、諦めず企業の採用担当者に相談してみましょう。単位取得のめどが立っていることが前提ですが、きちんと卒業できることを約束して理解をいただければ内定をいただける可能性も十分にあります。

「卒業見込み」が留年になると内定は取り消される?

履歴書での卒業見込みの書き方・計算方法・なしの人はどうなるか

「卒業見込みと書いて内定をもらえたのに留年になってしまった」「せっかくもらえた内定はどうなるの?」このように企業から内定をいただいているのに留年が決定してしまった場合、いただいた内定はどうなるのでしょうか。

留年してしまった場合

多くの企業は、履歴書の学歴欄に記載された年月に卒業することを見込んで内定を出しています。卒業見込みが3月であれば4月から一緒に働けることを想定しており、通常留年することなどは視野に入れていません。単位が足りずに卒業できなかったとなれば、内定を取り消されても仕方ありません。自分のミスによって引き起こされた問題なので、通常は自ら内定辞退をします。

場合によっては卒業まで待ってくれる企業も

「せっかく第一希望の内定が取れたのに」「また最初からやり直しだ」と落ち込んでいるあなた。実は企業によっては内定を取り消すことなく、単位取得まで待ってもらえるところも存在します。 例えば、足りなかった単位が前期で取得できると分かっている場合に入社を半年ほど待ってもらえたケースや、一度内定を取り消されたが翌年また改めて内定をいただけたケースなどもあります。内定を辞退する前に失礼を承知で企業の採用担当者に相談してみましょう。

履歴書には正しく「卒業見込み」と書こう!

履歴書での卒業見込みの書き方・計算方法・なしの人はどうなるか

いかがでしたか。今回は、履歴書の学歴欄に書く「卒業見込み」の書き方についてご紹介しました。「普段意識していなかったけれど、ちゃんと書き方があるんだな」と思われた方もいたでしょう。履歴書は正式な書類ですので、表記の仕方や言葉の一つ一つに書き方が存在します。表記を誤ると採用担当者の印象が変わってしまう場合もあるので注意が必要です。 今回ご紹介した「卒業見込み」の書き方だけでなく、履歴書に記載する言葉は一つ一つに注意を払いながら丁寧に書くようにしましょう。

アクセスランキング