IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「ご迷惑をおかけします」の意味と使い方・類語・敬語・漢字

更新日:2023年08月11日

敬語表現

ご迷惑おかけしますという言葉あなたは正しく使えているでしょうか。間違って使っていると相手を怒らせてしまう可能性もあります。そこで今回は「ご迷惑をおかけします」の意味と使い方や活用場面や実際に使う際の例文などを紹介していきます。

①何かを手伝ってもらう時

ご迷惑をおかけしますの活用場面は1つ目は「何かを手伝ってもらう時」です。ご迷惑をおかけしますは迷惑を掛けることを前提で使用するため、相手にとって迷惑を掛けると想定できる場合に使用します。 何かを手伝ってもらう時に主に使う事が多いでしょう。人によっては良い顔をされない事もあります。そこで事前に謝罪の言葉として「ご迷惑をおかけします」を使用する事で相手も「仕方ない」と渋々承諾してくれるでしょう。何かを手伝ってもらう時やお願いする時は「ご迷惑をおかけします」は使用する機会は多いので覚えておくと便利です。

②相手に理解を求める時

ご迷惑をおかけしますの活用場面2つ目は「相手に理解を求める時」です。良く使用されるのが急なメンテナンスや工事を行う際に「サイト内で不具合が発生したため、〇時から〇時までサイト内メンテナンスを行います。ご迷惑をおかけしますが何卒ご了承ください。」のような使い方をします。 文章を見ている相手に「理由があるので理解をしてほしい」「しばらく待っててほしい」と伝えたい時に「ご迷惑をおかけします」を使用する事もあるので覚えておきましょう。

ご迷惑をおかけしますに続くフレーズの正しい使い方

「ご迷惑をおかけします」は他の言葉と合わせて使用する場合はどのように使用すれば良いのでしょうか。「ご迷惑をおかけします」という言葉にはさまざまな言葉をフレーズとして続けて使用する事ができます。 ただ間違った使い方をしてしまうと。相手を不愉快な気分にしてしまう可能性もあるので、正しい言葉選びをする必要があります。ここではそんな「ご迷惑をおかけします」に続くフレーズの正しい使い方について説明していきます。

ご迷惑をおかけしますがご了承ください

ご迷惑をおかけしますに続くフレーズで良く見かけるのが「ご了承ください」というフレーズです。ご了承は了承を丁寧に表現した言葉で、了承の意味は「相手の申し出や事情などを納得して承知すること」を意味しています。つまり事情を説明した上でなんとか理解してもらう時に使う言葉です。 しかし言葉のニュアンスから見ても一方的に理解してほしい文章として伝わりやすいため、相手を選んで使用する必要があります。目上の方に直接この言葉で謝罪する時にはあまり適した言葉ではないでしょう。

「ご迷惑をおかけしますがご了承ください」の適した場面

ではどのような場面に適している言葉なのでしょうか。例えばサイトメンテナンスの事情を理解してもらうためのメールなどで事前にお知らせする事があります。こうした時に相手に事情があるので理解してほしいと伝えたい時に使います。 メールのお知らせ以外に会社や病院などの長期的な休暇や休診日をお知らせする場合に「ご迷惑をおかけしますがご了承ください」が使用される事が多く見かけます。こうした場面で使用する事で相手にスムーズに納得や理解をしてもらうために「ご迷惑をおかけしますがご了承ください」を使用します。 事前に謝罪しておく事で相手にも事情を説明しやすいですし、説明をしっかりしておけばトラブルになる事もないでしょう。何かどうしても利用者やお客様などにお知らせで知らせをしておきたい場合は「ご迷惑をおかけしますがご了承ください」をメールや書類などの文章上で使いましょう。

ご迷惑をおかけしますことをお詫び申し上げます

ご迷惑をおかけしますに続くフレーズで見かける言葉で「ご迷惑をおかけすることをお詫び申し上げます」があります。まずは「お詫び申し上げます」の意味ですが、「お詫び」とは「詫びる」の敬語表現の言葉、「申し上げる」は「言う」の敬語表現の言葉です。 お詫び申し上げますは「お詫びする」二重敬語ではないのかと疑問に思われる方もいるでしょう。しかしこの場合の敬語の使い方としては問題ないので謝罪の言葉として使う事ができます。

「ご迷惑をおかけしますことをお詫び申し上げます」の適した場面

ではどういった場面で使うのに適しているのでしょか。これも「ご迷惑をおかけしますがご了承ください」と同じように会社の長期休暇のお知らせや、病院や店舗などが急な休診日をお知らせする場合などで使用します。 事情を事前に知らせておくことで説明もしやすく、トラブルを回避する事ができます。ご了承くださいよりも色々な場面で使用できるので覚えておくと便利です。

ご迷惑をおかけしますの類語表現

ご迷惑をおかけしますの類語の表現にはどのような言葉があるのでしょうか。類語表現を覚えておけば、その言葉の意味を別の側面から理解する事もできますし、言い換え表現として使用できるので便利です。ここではそんな「ご迷惑をおかけします」の類語表現を紹介していきます。

①ご面倒かと存じますが

ご迷惑をおかけしますの類語表現一つ目は「ご面倒かと存じますが」です。「存じます」は思うや考えるの意味のある「存ずる」に丁寧語の「ます」を付けた敬語です。ご迷惑かと存じますがは「煩わしいことだと思いますが」の意味があり、この言葉そのままで使用するよりは続けてフレーズを付け足して使用する事が多いでしょう。 例えば「ご面倒かと存じますが、何卒よろしくお願いします」のように何か面倒なことや煩わしいことをお願いする際に使用する言葉です。この言葉を使用する事で相手に気を遣いながらも仕事を教わったり手伝ってもらう事ができます。便利な言い換え表現なので覚えておきましょう。

次のページ:「ご迷惑をおかけします」の正しい敬語の使い方
初回公開日:2018年03月22日

記載されている内容は2018年03月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング