IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「ご明察」の意味と使い方・類語・敬語・「ご名答」との違い

更新日:2022年06月13日

敬語

目上の相手の発言に対する受け答えの言葉である「ご明察」という言葉の意味や用法を説明します。「ご明察」が、どのような言い換えが可能か、「ご名答」との違いは何か、メールで使用する際の注意点など、「ご明察」の理解を深めるトピックを紹介します。

「ご明察」が「御明察」か?

口頭では漢字を使っているかどうかは伝わりませんが、メールの場合は「ご明察」と書くか「御明察」と書くかで迷ってしまいます。これは「ご明察」に限らず、すべての敬語に言える問題ですので、漢字とひらがなの使い分けについて考えてみましょう。

公文書の場合は「御」

官公庁などの公文書では、「御」と「ご」の使い分けのルールがあります。それは、後に続く言葉がひらがなの場合は「ご」、後に続く言葉が漢字の場合は「御」と表記するというルールです。一例として、「案内」の場合は漢字なので「御案内」となり、「ゆっくり」の場合はひらがなので「ごゆっくり」となります。

基本的に決まりはない

上記のルールは公文書の場合で、それ以外では、漢字とひらがなの区別に特別なルールやマナーはありません。漢字が続くとどうしても堅苦しい印象になってしまうので、それを抑えるためにひらがなにする、相手からのメールが漢字の御を使っているのでそれに合わせて漢字を使うなど。自分の考え方や状況によって自由に使い分けることができます。

「ご明察」の読み方

メールで書いている分には正しく使えていても、口頭の会話で使おうとした時に読み方がわからない言葉というのはあるのではないでしょうか。たとえ正しい用法でも、読み方を間違っていては大変失礼ですし、相手からの信用も下がってしまいます。 「ご明察」の正しい読み方は「ごめいさつ」です。ちなみに敬語の「ご・お」の使い分けは後に続く言葉が訓読みの場合は「ご」(ご紹介、ご実家など)音読みの場合は「お」(お正月、お薬など)となります。なので、ごがついているということは訓読みの「みょう」ではなく音読みの「めい」であると判断できます。

「ご明察」をきちんと使うために

この記事では「ご明察」の意味や使い方、類語についてみてきました。「ご明察」に限らず、敬語を正しい用法で使えることで、目上の人との会話やメールでの対応の印象はより一層良くなります。意味や用法をしっかりと理解したうえで、言葉の引き出しをどんどん増やしていきましょう。

初回公開日:2018年04月08日

記載されている内容は2018年04月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング