IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「ご明察」の意味と使い方・類語・敬語・「ご名答」との違い

更新日:2022年06月13日

敬語

目上の相手の発言に対する受け答えの言葉である「ご明察」という言葉の意味や用法を説明します。「ご明察」が、どのような言い換えが可能か、「ご名答」との違いは何か、メールで使用する際の注意点など、「ご明察」の理解を深めるトピックを紹介します。

「明察」の類語

「明察」の類義語として一般的な言葉として「推察」・「賢察」・「見識」・「洞察」 などが挙げられます。どの言葉も、複雑な状況をしっかりと理解しているという意味です。

「ご明察」と言い替えが可能な類語は?

明察の類語はいくつもありますが、「ご明察」のように、目上の相手に対して尊敬語をつけて使っても違和感のない言葉は限られてきます。意味の違いの問題というよりも慣習的に使われているかどうかという違いです。 ご明察の類語の中でも「ご推察」「ご賢察」などは、言い替えとして使っても問題のない類語です。ご明察を繰り返し使ってしまっていることに気が付いたら、これらの言葉で言い換えてみましょう。

「ご明察」と「ご名答」の違い

「ご明察」と「ご名答」は、どちらも目上の相手の言葉に対して同意するために使われますが、その意味や使い方は全くちがいます。両方の意味の違いを確認して、間違って使わないよう注意しましょう。

「ご名答」の意味

「ご名答」は「名答」に尊敬を意味する「ご」を付けた言葉です。ご明察と同じように、その核となる「名答」という言葉の意味を調べてみましょう。 国語辞書で調べた「名答」の意味は以下の通りです。

すぐれた答え。みごとな答え。「御名答、そのとおりです」

「ご名答」と「ご明察」のちがい

「名答」はすぐれた「答え」を意味します。そのため、「明察」のように状況や考えに対する「理解」という意味では使うことはできません。相手が自分や他の人の問いかけに対してすばらしい答えを返した場合には「ご名答」を使い、問いかけではない物事の説明や意見を正確に理解している場合には「ご明察」を使うことになります。 「ご名答」の言い換えとして「ご明察」を使うことは大抵の場合できますが、「ご明察」を「ご名答」で言い換える際には注意が必要です。

漢字の間違いに注意

ご明察とご名答の意味の違いは上記の通りです。ただし、一点注意する必要があるのは、二つの言葉の「めい」の漢字のちがいです。ご名察、ご明答でも意味としては通じそうですが間違いになってしまいます。パソコンの変換では間違いようがありませんが、手書きの際には注意が必要です。

「ご明察」の敬語の使い方

相手の反応から自分の意見が伝わったことを確認する際、「その通りです」と言いたくなりますが、目上の人に対する敬語表現としては不適切です。「その通りです」と言いたい場合に「ご明察通りです」や「おっしゃる通りです」と言い替えることで、非常に丁寧な言い方になります。

メールでの「ご明察」の使い方

メールで「ご明察」を使う上での注意点は、同じ文章の中で何度も繰り返し使わないことです。そのために、類語としてあげた「ご賢察」「ご推察」、同じ意味の「おっしゃる通り」などを適宜使い分けることができると良いでしょう。

次のページ:「ご明察」の読み方
初回公開日:2018年04月08日

記載されている内容は2018年04月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング