IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「ご明察」の意味と使い方・類語・敬語・「ご名答」との違い

敬語

目上の相手の発言に対する受け答えの言葉である「ご明察」という言葉の意味や用法を説明します。「ご明察」が、どのような言い換えが可能か、「ご名答」との違いは何か、メールで使用する際の注意点など、「ご明察」の理解を深めるトピックを紹介します。

更新日時:

「ご明察」正しく使えますか?

「ご明察」正しく使えますか?

「ご明察の通りです」など、テレビドラマの中の会話などで耳にしたことはあっても、実際日常会話で使う機会はあまりないのではないでしょうか。しかし、「ご明察」は日常に家族や友人との会話ではあまり使うことがなくても、ビジネス上のやりとりでは頻繁に使われる言葉です。 「ご明察」という言葉、何となく意味は知っていても、会話やメールで使うとなると躊躇ってしまう人も多いのではないでしょうか。今回は「ご明察」の正確な意味と使いかたを覚えて、より丁寧で印象の良い受け答えを目指しましょう。

「ご明察」の意味と使い方

「ご明察」の意味と使い方

まずはじめに、「ご明察」という言葉の基本的な意味を確認してみましょう。

尊敬の「ご」

「ご明察」は「明察」に尊敬を表す「お・ご」の接頭辞をつけた言葉です。明察が音読みのため、「お」ではなく「ご」がついています。尊敬語は「先生のお鞄」「ご心配おかけしました」など、目上の相手やその持ち物、相手がしてくれた行動に対して使います。なので、「ご明察」も、目上の相手が行った「明察」を表す時に使う表現であるといえます。

「明察」そのものの意味

それでは、「ご明察」の核となる言葉である「明察」は一体どういう意味なのでしょうか。「明察」の意味を調べるために国語辞書で「明察」を引いてみると、以下のような意味がのっていました。

1 はっきりと真相や事態を見抜くこと。「実情を明察する」 2 相手を敬って、その推察をいう語。「御明察のとおりです」

「ご明察」の用例について

辞書の二つ目の意味として、相手を敬って使う「御(ご)明察」の用例が出ています。上記の説明の中では「推察」という言葉が使われています。推察ぼ意味は漢字から推測する、察するなどといったことを意味するだろうことは何となくわかります。推察も明察の類語ですが、どういった意味があるか正確に知るために、再度国語辞典を見てみましょう。

「推察」の意味

この国語辞典に書かれた説明から、「推察」には「相手の事情や心中を思いやる」という良い意味が含まれていることがわかります。そのため、「ご明察」という言葉の意味には、相手が自分の考えや状況、心情を思いやってくれたということに対する「感謝」や「敬意」が含まれていると言えるでしょう。 自分より目上の相手が自分の事情や心中を思いやってくれたことを、尊敬の意思を持って表現する言葉が「ご明察」であると言えます。

他人の事情や心中を思いやること。おしはかること。推量。「おおよその推察がつく」「複雑な事情と推察する」

ちなみに『天地明察』の意味は……

明察、という言葉から『天地明察』という作品を思い出す人も多いのではないでしょうか。この小説を原作として、2012年には岡田准一主演で映画が製作され、大きな話題を呼びました。この作品は、主人公の天体学者渋川春海が幕府の命で新たな暦をつくるために奮闘するというストーリーです。 つまり、主人公が天体の動き(天地)を正確に見抜き読み取る(明晰)ということを、このタイトルであらわしています。星の動きのように複雑な動きや状況を鋭く観察し理解することは、正に「明察」という言葉の意味することを指しています。

天地明察 読み方:てんちめいさつ 2009年に発表された冲方丁の歴史小説のタイトル。江戸時代の天文学者、渋川春海の生涯を描いた。2010年に冲方丁はこの作品で吉川英治文学新人賞を受賞している。

「ご明察」の具体的な用例とその意味

「ご明察」の具体的な用例とその意味

「ご明察」という言葉を日常生活の中で、家族や友達との会話の中で使う機会はあまりないでしょう。それよりもむしろ、仕事中に会社の上司や取引先などを相手にしたやり取りの中でで頻繁に使われる表現です。「ご明察」が実際にどのような使い方がなされているか、その具体的な用例と意味を確認してみましょう。

ご明察の通り

「ご明察の通り」は、「ご明察の通りです」など、相手の意見に対して同意を示す際に使われます。そもそも「~通り」という言い方は「予想通り」「これまで通り」などでも使われます。ここからわかるように「〜通り」とつけた場合には、その言葉と「同じ状態・方法であること」を表しています。 つまり、「ご明察の通り」と言った場合には「相手の推測が自分の意見や状況と完全に同じ状態である」ということになります。

ご明察です

「ご明察です」と「ご明察の通り」は、一見どちらも同じような意味に思えますが、実は微妙にニュアンスが違います。二つの言い方の違いについて考えてみましょう。 「ご明察の通り」という場合には、相手の意見が完全に正しいことをわかっている必要があるため、使えるのは自分自身のことを言われた場合に限られてきます。例えば、相手が自分以外の第三者に関して述べた意見などに対しては「ご明察通りです」よりも「ご明察です」がより正しい表現であると言えるでしょう。

「ご明察」の会話例

「ご明察」の会話例

では、「ご明察の通りです」「ご明察です」のちがいを分かりやすくするため、具体的な会話の例を考えてみます。

「ご明察の通りです」

「今回、A社との契約は延期したいと考えています」 「つまり、今は時期が悪いということだね」 「さすが部長、ご明察の通りです」 このように、自分の発言や意見に対して、その意図を理解してくれた場合には「ご明察の通り」と返答してよいでしょう。

「ご明察です」

「今朝の部長の発言について、どう思われますか」 「明言はしていなかったが、恐らく海外進出を考えているんだろう」 「さすが課長、ご明察です」 このように、自分自身の意見や状況に対する推測の場合は「ご明察の通りです」ですが、自分以外の第三者に対する意見や推測に対しては「ご明察です」がより自然な言い方です。

「ご明察」の類語

「ご明察」の類語

ご明察の意味は分かりましたが、同じ言葉を繰り返し使うと却って印象を悪くしてしまいます。特にメールの場合は文中での表現の重複は避けたほうがよいでしょう。 では、「ご明察」を言い替えたい場合に使える言葉は何があるでしょうか。「明察」の類語はいくつもありますが、その中でも「ご明察」と同じような尊敬表現で使えるものは限られています。

「明察」の類語

「明察」の類義語として一般的な言葉として「推察」・「賢察」・「見識」・「洞察」 などが挙げられます。どの言葉も、複雑な状況をしっかりと理解しているという意味です。

「ご明察」と言い替えが可能な類語は?

明察の類語はいくつもありますが、「ご明察」のように、目上の相手に対して尊敬語をつけて使っても違和感のない言葉は限られてきます。意味の違いの問題というよりも慣習的に使われているかどうかという違いです。 ご明察の類語の中でも「ご推察」「ご賢察」などは、言い替えとして使っても問題のない類語です。ご明察を繰り返し使ってしまっていることに気が付いたら、これらの言葉で言い換えてみましょう。

「ご明察」と「ご名答」の違い

「ご明察」と「ご名答」の違い

「ご明察」と「ご名答」は、どちらも目上の相手の言葉に対して同意するために使われますが、その意味や使い方は全くちがいます。両方の意味の違いを確認して、間違って使わないよう注意しましょう。

「ご名答」の意味

「ご名答」は「名答」に尊敬を意味する「ご」を付けた言葉です。ご明察と同じように、その核となる「名答」という言葉の意味を調べてみましょう。 国語辞書で調べた「名答」の意味は以下の通りです。

すぐれた答え。みごとな答え。「御名答、そのとおりです」

「ご名答」と「ご明察」のちがい

「名答」はすぐれた「答え」を意味します。そのため、「明察」のように状況や考えに対する「理解」という意味では使うことはできません。相手が自分や他の人の問いかけに対してすばらしい答えを返した場合には「ご名答」を使い、問いかけではない物事の説明や意見を正確に理解している場合には「ご明察」を使うことになります。 「ご名答」の言い換えとして「ご明察」を使うことは大抵の場合できますが、「ご明察」を「ご名答」で言い換える際には注意が必要です。

漢字の間違いに注意

ご明察とご名答の意味の違いは上記の通りです。ただし、一点注意する必要があるのは、二つの言葉の「めい」の漢字のちがいです。ご名察、ご明答でも意味としては通じそうですが間違いになってしまいます。パソコンの変換では間違いようがありませんが、手書きの際には注意が必要です。

「ご明察」の敬語の使い方

「ご明察」の敬語の使い方

相手の反応から自分の意見が伝わったことを確認する際、「その通りです」と言いたくなりますが、目上の人に対する敬語表現としては不適切です。「その通りです」と言いたい場合に「ご明察通りです」や「おっしゃる通りです」と言い替えることで、非常に丁寧な言い方になります。

メールでの「ご明察」の使い方

メールでの「ご明察」の使い方

メールで「ご明察」を使う上での注意点は、同じ文章の中で何度も繰り返し使わないことです。そのために、類語としてあげた「ご賢察」「ご推察」、同じ意味の「おっしゃる通り」などを適宜使い分けることができると良いでしょう。

「ご明察」が「御明察」か?

口頭では漢字を使っているかどうかは伝わりませんが、メールの場合は「ご明察」と書くか「御明察」と書くかで迷ってしまいます。これは「ご明察」に限らず、すべての敬語に言える問題ですので、漢字とひらがなの使い分けについて考えてみましょう。

公文書の場合は「御」

官公庁などの公文書では、「御」と「ご」の使い分けのルールがあります。それは、後に続く言葉がひらがなの場合は「ご」、後に続く言葉が漢字の場合は「御」と表記するというルールです。一例として、「案内」の場合は漢字なので「御案内」となり、「ゆっくり」の場合はひらがなので「ごゆっくり」となります。

基本的に決まりはない

上記のルールは公文書の場合で、それ以外では、漢字とひらがなの区別に特別なルールやマナーはありません。漢字が続くとどうしても堅苦しい印象になってしまうので、それを抑えるためにひらがなにする、相手からのメールが漢字の御を使っているのでそれに合わせて漢字を使うなど。自分の考え方や状況によって自由に使い分けることができます。

「ご明察」の読み方

メールで書いている分には正しく使えていても、口頭の会話で使おうとした時に読み方がわからない言葉というのはあるのではないでしょうか。たとえ正しい用法でも、読み方を間違っていては大変失礼ですし、相手からの信用も下がってしまいます。 「ご明察」の正しい読み方は「ごめいさつ」です。ちなみに敬語の「ご・お」の使い分けは後に続く言葉が訓読みの場合は「ご」(ご紹介、ご実家など)音読みの場合は「お」(お正月、お薬など)となります。なので、ごがついているということは訓読みの「みょう」ではなく音読みの「めい」であると判断できます。

「ご明察」をきちんと使うために

「ご明察」をきちんと使うために

この記事では「ご明察」の意味や使い方、類語についてみてきました。「ご明察」に限らず、敬語を正しい用法で使えることで、目上の人との会話やメールでの対応の印象はより一層良くなります。意味や用法をしっかりと理解したうえで、言葉の引き出しをどんどん増やしていきましょう。

関連タグ

アクセスランキング