IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「ご賞味」の意味と使い方・「ご笑納」との違い|敬語/飲み物

敬語

日常でもビジネスシーンでも、何か機会があるごとに贈り物を持って自宅や会社に伺う機会は以外と多いです。このような際に、気の利いた言葉を添えられたらいいですよね。今回は、そのような場合に使われる「ご賞味」の意味や使い方についてご説明いたします。

更新日時:

「ご賞味」の意味と使い方

「ご賞味」の意味と使い方

目上の人やビジネスシーンなどで、相手の方に贈り物をする際、どのような添え言葉をつけて渡せばいいか悩む人も多いのではないでしょうか。そのようなシーンでよく耳にする言葉として、「ご賞味ください」という言葉があります。 ここでは、この「ご賞味」という言葉について、どのような意味や使い方をすればいいのか、また使う場合の言い方や他の言い回しについてご説明します。

「ご賞味」の意味

「ご賞味」の意味

「ご賞味」は名詞の「賞味」の前に、接頭辞である「ご」をつけて丁寧語にした敬語表現です。意味は、「味わいながら食べること」となります。贈り物に付けて渡す添え書きなどに、「どうぞご賞味ください」と書いてあったり、会って手渡しする際に、そのように言って渡していたりしているのを目にしたり、耳にしたりします。 この「ご賞味」の「賞」の字は、ほめたたえるという意味を持っていますので、「ご賞味」の意味は、単に味わいながら食べることという意味だけではなく、ほめたたえながら食べることという意味になります。

「ご賞味」は、目上の人には避けるべき

「ご賞味」は、目上の人には避けるべき

「ご賞味」という言葉は、言葉の意味から褒めて味わって食べてくださいと促すニュアンスの言葉でした。そのため、目上の人に贈り物をする場合は、「ご賞味」を使うと失礼にあたります。例えば、目上の人の自宅にお邪魔した際に、手土産を渡す際に「どうぞご賞味ください」と言えば、自分が差し出したものを「どうぞほめたたえながら味わってください」という意味で渡したことになってしまいます。 こういうことから、目下の者から目上の者への贈り物の際に使う言葉としては、不適切な言葉です。

「ご賞味」お店でみかける言葉としては?

飲食店や食品を扱うお店では、メニューや壁などに掲示しているポップなどに、「季節限定ですのでぜひご賞味ください」や、「当店だけのオリジナルメニュー、ぜひご賞味を」などといった感じで書かれていたりします。 この場合、お客様に対して失礼かというと、そのようなわけではないです。お客様に対して、「しっかりと味わって召し上がってください」という意味があるため、間違った使い方ではありません。お店が自信を持って料理を顧客に提供している表れです。

「ご賞味」を使うためには

「ご賞味」という言葉は、飲食店や食品を扱うお店の立場でない場合は、使わない方が無難といえます。特に贈り物の際は、「お召し上がりください」などのほうがいいでしょう。 「ご賞味」は丁寧語ですので、接頭辞の「ご」を外し、「賞味しました」など、相手の方に対しての報告などで使うのは、「じっくり味わいました」という自分の行為についての報告であるため、使用することは可能です。

ご賞味させてください

これまで、「ご賞味」について意味や使い方を見てきましたが、いかがだったでしょうか。この「ご賞味」について、どのように使えばいいか見ていきます。 「ご賞味させてください」という表現の場合、丁寧語である「ご賞味」に自分が行う行為である「させてください」が付いているため、接頭辞である「ご」は不要と考えるべきです。例としては次のようになります。 ・この魚はりっぱですね、私に賞味させてください ・この試作品の和菓子はどれも美味しそうなので、賞味させてください

ご賞味させていただきます

「ご賞味させていただきます」の場合、お客様との会話の中で、贈り物を頂いた後に使うお礼の挨拶として使えます。 ・本日お送りいただきました札幌名物のお菓子は、社員一同ご賞味させていただきます。ありがとうございました。 ・この度は結構なものを頂きありがとうございました。家族で賞味させていただきます。

ご賞味したい

「ご賞味したい」は、お客様との会話の中で使えるフレーズです。こちらも「ご賞味させていただきます」同様に、贈り物を頂いた後のお礼に使えます。 ・この魚は結構食べごたえがありそうです、家族でご賞味したいと思います ・このスイカはとても大きいので、部署のメンバー全員でご賞味したいと思います

ご賞味しましたなど

「ご賞味しました」は、贈り物を頂いた後、後日にお礼を伝える場合などに使えるフレーズです。 ・先日送って頂きましたお土産ですが、家族でご賞味させていただきました。 ・この味見用の漬物をご賞味しましたが、とても美味しかったので商品を買ってかえります ・ここのお店のそばをご賞味しましたが、おススメですので部長もぜひお召し上がりください

「ご賞味」の敬語の使い方

「ご賞味」の敬語の使い方

「ご賞味」は冒頭でもご説明したとおり、名詞の「賞味」に接頭辞の「ご」を付けた丁寧語です。そのため、そのまま使っても敬語を使っているのですが、その後ろにいただくをつけるのは、敬語的には正しい使い方ではありません。そのため、敬語的に間違いの無いかたちに置き換えるのがいいでしょう。 この「いただく」はビジネスシーンなどでも良く使われる言葉ですので、使い方は覚えておくと便利に使えます。「ご賞味」の敬語表現とともにどのように使うか見てみましょう。

ご賞味いただきたい

贈り物を贈る際は、フォーマルな場合ばかりではありません。親しい付き合いの方もいる中で、食べ物を贈るような場合に使うことも可能です。 ・このお菓子はとても美味しいことで有名ですので、ぜひご賞味いただきたいと思い持参いたしました。 ・今日この料亭においで頂いたのは、ぜひご賞味いただきたい旬の魚が入ったからです。

ご賞味いただけましたら

「ご賞味いただけましたら」という言葉は、贈り物をする際に添える言葉として使うことができます。 ・このメロンは北海道の有名産地の物ですので、ぜひご賞味いただけましたら幸いです。 ・これは足の早い品種で乾燥に向いていませんので、ぜひ1週間以内にご賞味いただけましたらと思います。

ご賞味いただけますなど

「ご賞味いただけます」というフレーズは、贈り物をする側ではなく、生産や販売する側がよく使うフレーズになります。主に、賞味期限や消費期限などを伝えるのに使うフレーズになります。 ・この明太子は、保存料を使用していませんので、3日間は冷蔵庫での保管でもご賞味いただけます。 ・このチョコレートは普通のチョコレートよりも溶ける温度が低いため、常温での保存よりは冷蔵庫での保存が、より長い間ご賞味いただけます。 ・このお土産用の饅頭は製造より5日間、こちらの大福は3日間は常温でご賞味いただけます。

「ご賞味」は飲み物にも使えるのか

「ご賞味」は飲み物にも使えるのか

「ご賞味」は褒めて味わってくださいというニュアンスの言葉でしたので、食べるだけに使う言葉ではありません。飲み物にももちろん使うことが可能です。飲食店や販売店などでも使われてる言葉です。 ・このワインは、食前酒としても食後酒としてもどちらの用途でもご賞味いただけます。 ・このお茶は、80℃のお湯で入れてご賞味ください。 ・この樽出しのクラフトビールは、この地域では当店だけの取り扱いですので、ぜひご賞味ください。 ・この牛乳は、エサから乳牛のストレスまで管理して絞っているとても濃厚な牛乳ですので、この機会にぜひご賞味ください。

「ご賞味」と「ご笑納」の違い

「ご賞味」と「ご笑納」の違い

「ご賞味」と同じように、贈り物をする際に使われる言葉の一つに「ご笑納」という言葉があります。この「ご笑納」は、あまり身近な言葉でないため、あまり耳にしたことがないという方もいるのではないでしょうか。「ご賞味」との違いをご説明させていただく前に、この「ご笑納」という言葉についてご説明します。 読み方については、名詞である「笑納」を「しょうのう」と読みます。この名詞に「ご」をつけることにより、目上の人やビジネスシーンでも使えるような丁寧語になっている言葉です。

「ご笑納」の意味

「ご笑納」の意味

贈り物をする際に、何気に「つまらないものですが」という言葉をつけて渡したりしていないでしょうか。この「つまらないものですが」という意味の言葉が「ご笑納」という言葉です。「自分からのつまらない贈り物ですが、笑って納めてやってください」という相手に対してへりくだった形で使う謙譲語です。 この言葉は、主に目上の人やビジネスシーンで相手の方に贈り物をする際に使う言葉です。初対面の方などへの贈り物の際は適しておらず、冗談の言える間柄の人に対して謙遜する言葉として使うのが理想的な言葉です。

「ご賞味」と「ご笑納」の意味の違い

「ご賞味」と「ご笑納」の意味の違い

「ご笑納」の意味や言葉についてご説明してきましたので、「ご賞味」との言葉の違いは何となくわかっていただけたのではないでしょうか。 同じ丁寧語ですが、「ご賞味」は「褒め称えて味わってください」というニュアンスがありますので、冗談が言い合える間柄でもビジネスシーンや目上の人には使わないほうが無難な言葉でした。その点、「ご笑納」はカジュアルに利用することができるため、「ご賞味」よりは一般的には使いやすい言葉でしょう。

「ご笑納」を使った例文

フォーマルなシーンでは失礼にあたる「ご笑納」ですが、使える場面はたくさんあります。それは、「ご笑納」という言葉に対して、失礼ととる人がいれば、失礼ととらない人もいるためです。このことからも、ビジネスシーンでは、よほど親しい間柄の人で使うのがいいでしょう。

お中元やお歳暮を持参するような場合

・夏のご挨拶に、ささやかですがお中元を送らせて頂きましたので、ご笑納ください。 ・本年も1年間、大変お世話になりました。心ばかりのお歳暮の品を贈らせていただきました。ご笑納いただければ幸いです。

自社で作っている製品などを贈る場合

・こちらは弊社の自社農場で栽培している玉ねぎです。よろしければご笑納ください ・このお菓子は、先日弟子がコンクールに出品したものです。ご笑納ください。

仕事でお世話になっている人に感謝の贈り物をする場合

・先日お世話になりました感謝の気持ちです。つまらないものですが、ご笑納いただければ幸いです ・この度は定年を迎えさせていただくことができました。これまでの感謝の気持ちの品ですので、みなさんでご笑納ください

「ご賞味」を理解して使いこなしましょう

「ご賞味」を理解して使いこなしましょう

「ご賞味」について色々な視点からご説明してきましたがいかがだったでしょうか。使う人の立場や立ち位置によっては使ったら失礼にあたる場合がある、すこし使い方の難しい言葉でした。 しかしながら、贈り物の際には使い方によっては、一言添えることができる言葉でした。「ご賞味」や「ご笑納」、または言い換えて「お召し上がりください」などの別のフレーズなどと合わせて使い方を理解し、便利に使いこなしてみましょう。

関連タグ

アクセスランキング