IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「お大事になさってください」の意味と使い方・メールの書き方

メール

普段、私たちが使う日本語を正しく使えていますか。と聞かれたときに、はい、と自信をもって答える人は少ないかもしれません。「お大事になさってください」という言葉は、相手を気遣う素敵な言葉です。正しく使い、相手に自分の気遣いが伝わるようにしましょう。

更新日時:

「お大事になさってください」の意味と使い方

「お大事になさってください」の意味と使い方

私たちは普段の生活でお大事になさってください。という言葉をしょっちゅう口にします。メールの最後を締めくくる言葉として使う人もいますし、口語でも良く使われる言葉です。 しかし、お大事になさってください。という本来の意味を皆さん知っていますか。間違った使い方をしていないでしょうか。 まずは、お大事になさってください。の意味を見てみましょう。

「お大事になさってください」の意味

「お大事になさってください」は「お大事に」という言葉と「なさってください」の二つの文節に区切ることができます。この「お大事に」という言葉の意味は、今自分が話している相手、メールの文章の相手などが体調を崩したりしているときに相手を気遣う意味をあらわす言葉です。 つまり、相手が体調不良である場合など、相手を気遣うという気持ちを相手に対して知らせる場合であればどんな状況でも使うことができます。 また、「なさってください」という言葉は敬語表現として「お大事に」の後に続いています。「お大事になさってください」とは、あなたの体調を気遣っています、という意味になり、早く良くなってくださいという意味が含まれていると考えてよいでしょう。

病気の時の使い方

病気の時の使い方

お大事になさってくださいという言葉が一番使われる場面は、相手が病気の時ではないでしょうか。自分が病気になったときも、お大事になさってくださいと声をかけてくれる人が多いことでしょう。 相手の体調がすぐれない時など、相手に対してお大事になさってくださいと言うことがあります。そのお大事になさってください下さいの一文には、これ以上体調が悪くならないように、早く良くなってくださいという意味も含まれていると一般的に言われています。 そのため、病気の人に、どうぞ、お大事になさってくださいと声をかけてあげるのは、相手を気遣い、相手のことを思った一文です。

お大事になさってくださいませなど

お大事になさってくださいませなど

お大事になさってくださいに「ませ」を付けて、お大事になさってくださいませという人がいます。このお大事になさってくださいませとは、ただ単にお大事になさってくださいという表現だけだと、なんとなくそっけないような印象を相手に与えてしまう場合などに、「ませ」を付けてより丁寧な言い方にして使うことができます。 ビジネスなどで、相手により丁寧な印象を与えたい場合や、お大事になさってくださいだけだとそっけないと感じさせてしまう可能性がある場合には、お大事になさってくださいませと言うことで、より柔らかい印象を相手に与えることができます。 しかし、メールや手紙などで既にませを使った文章を書いている場合には、さらにお大事になさってくださいませということで、くどい印象を与える可能性もあります。あまり使いすぎないようにすることが大切です。

「お大事になさってください」の敬語の使い方

お大事になさってくださいという言葉はこれだけで丁寧な言葉です。 お大事にの一番丁寧な敬語は、お大事になさってくださいという言葉で、さまざまなシチュエーションで使うことができる言葉です。お大事にしてくださいという言葉でも問題はありませんが、年上の人に使う場合やビジネス上で使用する場合には、より丁寧なお大事になさってくださいという言葉を使うと良いでしょう。 お大事になさってくださいという言い方の他にも、ご自愛ください、ご自愛なさってくださいという言葉も同意味として使われることができますので、場所や相手、シチュエーションに合った言葉を選ぶようにしましょう。

「お大事になさってください」のメールの書き方や例文

お大事になさってくださいという言葉はいろいろな場面で使われます。 では、ビジネスとプライベートに分けてどういう使い方が良いのか見ていきましょう。正しく使うことで、きちんと相手に自分の言いたいことが伝わりますので、間違った使い方をしないように注意してください。

ビジネスでは?

ビジネスでは?

あなたの知り合いや友人が体調を崩して会社をお休みしているときに、メールで相手の体調を心配することを想定してみましょう。どういう文章が一番相手に響くでしょうか。 まず、体調を崩していると誰それから聞きました。というように、誰からあなたの体調不良を聞いたことを伝え、そのうえで、相手の近況を交えると良いでしょう。例えば、母から体調を崩しているとお聞きしました。最近は仕事が忙しく残業続きで、大変だったことでしょう。というような始まりがお勧めです。 そして、十分に休養を取って、体調を万全にしてくださいなどと、相手の体調が早く治ることを祈る文章を書いたうえで、最後にお大事になさってくださいと締めくくると、相手を思いやった素敵なメールになります。 あなたの友人が体調を崩しているのであれば、相手を気遣う素敵なメールを送ってみてください。

プライベートでは?

プライベートでは?

プライベートでもお大事になさってくださいという言葉を使うことはありますが、仲の良いお友達であれば、お大事なさってくださいだと堅苦しい印象になってしまいます。そのため、お大事にだけでも十分です。 病院に入院している友達にお見舞いに行った時にお大事にと声をかけたり、会社で風邪をひいている同僚が帰るときに、お大事にと一言声をかけるなど、気軽な感じで使うことができます。 お疲れ様ですと声をかけるよりも、お大事にと声をかけることで相手を思う気持ちがより伝わりますので、ぜひ使ってみてください。

人別「お大事になさってください」の使い方

お大事になさってくださいと声をかける相手によって、使い方も変わってきます。ここでは使う相手別に、お大事になさってくださいの使い方を上司に使う場合や、家族に対して使う場合など例を挙げてみていきましょう。

上司への使い方

上司への使い方

あなたの上司が風邪をひいています。あなたはなんと声をかけますか。 上司はどんなに仲良くても上司は上司です。また、プライベートではなくビジネス上のお付き合いです。そのため、最も丁寧な使い方をしなければなりません。 お大事になさってくださいだけでも十分ではありますが、より丁寧なお大事になさってくださいませ、また、どうぞ、お大事になさってくださいませなどというように心がけましょう。お大事にだけだと、カジュアルになり過ぎてしまい、相手の人も良く思わない場合もありますので、注意してください。

家族での使い方

家族での使い方

家族が体調不良で家で寝込んでいるとき、お大事になさってくださいといいますか。 確かにテレビや映画などでは、由緒正しい家柄のお嬢様が父親に向かって、「お父様、どうぞお大事になさってくださいませ」などと声をかけているシーンがありますが、多くの家庭ではそのような丁寧な言葉で家族の体調の心配をするのではなく、お大事にね、などとカジュアルな感じで声をかけているのではないでしょうか。 あまりにもかしこまった言い方をしてしまうと、相手も構えてしまいますし、なんとなく遠い存在を演出してしまう可能性もあります。家族の中ではお大事にだけで済ませても良いでしょう。

子供には?

子供には?

子供が病気になったら心配です。子供に対しても、家族内で使うように、お大事にねというカジュアルな言い方で十分でしょう。 ただ、お大事にだけでは、寂しい感じがしますので、早く良くなって。早く風邪治そう。などと一言付け加えてあげるようにすれば、子供も早く治そうという気持ちになるはずです。栄養たっぷりの料理を作ってあげて、早く子供が元気になることを祈ってあげましょう。

相手の家族など

あなたの知り合いの家族などが病に倒れたりした場合には、なんて声をかけてあげるのがよいのでしょうか。 会ったことがある人であっても、今まで一度も会ったことがない人であっても、最も丁寧な言い方をする方が良いでしょう。お大事にしてください。と声をかけてあげてください。 あなたとあなたの知り合いがとても仲が良くても、相手の家族はあなたの友達ではありません。ビジネスで使う時と同じように、相手の立場を上と考えて常に丁寧な言葉で気遣いの言葉をかけてあげましょう。

「お大事になさってください」の言い換え表現

お大事になさってくださいとは、体調を崩している人に対して使うことが一般的です。早く体調がよくなりますように。これ以上体調を拗らせませんように。といった意味がお大事になさってくださいの裏には隠れています。 これらの意味を持つ言葉は他にもあります。ご自愛くださいという言葉です。ご自愛くださいとは、自分を大切にしてくださいという意味があり、お大事になさってくださいとほぼ同じ意味です。 お大事になさってくださいと言う代わりに、ご自愛くださいを使うことができますので、お大事になさってくださいを使いすぎたと感じたら、ご自愛くださいを使ってみてはいかがでしょうか。

お大事になさってくださいは健康な人には使えない?

お大事になさってくださいという言葉は健康な人には使うことはできません。既に病気になっている人に対して使う言葉ですので、お大事になさってくださいと健康な人に言ってしまうと、悪い印象を与えてしまうこともありますので、注意が必要です。 インフルエンザが流行っているから、かからないようにお大事になさってくださいと言いたい気持ちもわかりますが、健康な人に向かって言う場合には、かからないようにしてくださいという言い方が正しい使い方です。 普段使っている言葉でも、一歩間違えれば、相手に悪い印象を与えてしまう可能性もありますので、話す前に良く考えて言葉にするようにしましょう。 せっかく相手を気遣って使った言葉が、逆に相手に悪い印象を与えてしまうのはもったいないですので、きちんとした言葉で話しましょう。

正しくお大事になさってくださいを使おう

日本語は素敵な言葉です。お大事になさってくださいの一文には、これ以上体調が悪くなりませんように、早く体調がよくなりますように。という意味が含まれています。実際に言葉として表現しなくても、そういった意味が含まれているのを、日本人の多くは知っています。 海外の人からみれば、きちんと言葉にしてくれないとわからないという感覚もわかりますが、含まれている意味を言葉に表さなくても感じ取ることができる日本語は素敵な言葉だと思いませんか。 みなさんも、素敵な日本語を正しく使って、相手を気遣うようにしましょう。

関連タグ

アクセスランキング